5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本軍が世界相手に戦えたのは韓国人のおかげ。

1 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 16:27:38 ID:j8cMNDkC
日本軍は開戦当初は一流の装備を整えており、海軍は実力世界一の
時期があった。
しかしその陰には韓国人技師の支えがあった。
もちろん航空機の開発にも韓国人技師が支えていた。
戦艦大和、零戦、酸素魚雷、これらは全て韓国のコピー商品。
無能なチョッパリには一流軍隊は保有できない。

2 :名無しさん@3周年:2006/12/25(月) 18:47:55 ID:rKUPi1ez
根拠を示せ。聞いたこともない。まさか2000年も前の渡来人の技術だなんてことはないよな?

3 :pixie酒田市民 ◆nMSxJ8uKuU :2006/12/25(月) 19:52:13 ID:jJByHuV9
だったら靖国に文句言うな

4 :名無しさん@3周年:2006/12/29(金) 02:28:52 ID:9wbo3ZRC
大戦を通じて米重爆撃墜率が1%を上回ったのは、欧州戦と太平洋戦のみ。
中国人民解放軍やらヴェトコンやら、発展途上国の軍隊がこのような高い
撃墜率を記録することはまずない。「1機だけで攻撃されて1機撃墜」なら、
朝鮮戦争でもソ連義勇空軍のミグがそれを達成しているが、全体を通じて
みれば34/21000と、皇軍の十分の一以下でしかない。
しかも本土決戦や特攻のために全戦闘機の一部しか迎撃に向けていない。
それでもドイツと同等程度の撃墜率を誇る。しかも相手はB29。
なお、内訳は戦闘機による撃墜40%、特攻1%ってな感じだ。
その他は対空砲若しくは事故による喪失。
事故による喪失を含めるとB-29喪失は700機にも及ぶ。
これは全生産数の5分の1に相当する。
事故を含めず戦闘による喪失だけでも485機にも及ぶ。


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)