5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【糞】とつげき東北著「科学する麻雀」 3【糞】

358 :焼き鳥名無しさん:2007/01/06(土) 02:40:38 ID:SiLtM08Z
凸の研究は数学のゲーム論のような位置づけで良いのではないでしょうか。
ゲーム論は『全員が正着正手』という前提で研究されていますが、実際にはそうならないことは誰もが承知しています。
凸の研究も、麻雀というゲーム上で同義だと思います。

134からは1を払うのが正着だというのが凸の理論。
ただ、134から4を切る人がいる以上それは実際に役立つものではない。
凸の言うことに従う人もいれば、その凸理論を利用する人もいます。
井出プロが言っているのはそういうことでしょう。

凸の研究しているのは効率面で見て麻雀の一つの理想形。
井出プロが言う、薄っぺらではない麻雀というのはそれに駆け引きを加えたもの。


ポーカーで言うと分かりやすいかもしれません。
凸的に言えば、22469(スーツはばらばら)からは469を全て払うのが理想。
ですが、井出プロならば9のみチェンジ、高そうな手のブラフをかますかもしれない。
実際に相手をそれで降ろすこともできるでしょう。
つまり凸理論では全く愚策が実戦では勝利し得るわけです。


私は凸の研究は全く正当なものだと思います。
そして、井出プロの発言は、麻雀というゲームを行う上で、これも全く正しい意見だとも思います。


長文失礼しました。

249 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)