5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一歩後退】80年代ブンドを語れ19【二歩前進】

1 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 01:26:04
80年代の戦旗・共産同の思い出を語るスレパート19です。
思い出話だけでなく闊達な議論もどんどんしていきましょう!
現BUNDメンバーや他党派の現役さんや元活さんも大歓迎です。

荒らしは軽やかにスルーでよろしく!


前スレ
【ベンセレーモス】80年代ブントを語れ18【ビバBF】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1146533977/

2 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 01:26:48
荒氏ね

3 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 01:40:58
3だったらBUND再結集

4 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 06:29:25
>>2お前が氏ね!
早々とくだらんレスするな!

5 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/07(水) 06:30:56
クソスレの>>327さん。
>辞めた時は体調が最悪だった。自殺しようと考えた。今、恥ずかしくも生きている。誰に対してと言うわけではないが、活動を辞めたことにすまんと思っている。
仲間を裏切った事になったからだ。
今のブントにはモノを言う資格は無いと思っている。
最近は再び酒が増えた。飲まない日が珍しい。飲みながら負けを実感している

誰も裏切ることなく、負けたりすることもなく、
そんなふうに生きることができたら良いのでしょうが、
俺はそんなふうに生きている人間はいないと思います。
飲みすぎるなよ。

6 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 10:10:30
そんな自虐的に考える必要は全然ないと思う。
昨年の管制塔カンパの件で「俺は獄中にいたから関係ない」と呪縛から解放してくれたポルシェじじぃのお陰だから。

7 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 10:37:35
>>親友のLPG様、同じようなスレをいくつも立てるのは「市民の視点」に反すると愚息が申しております。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったとか。最近、愚息が
何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、
「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、"普通の人、普通の人"というけど、”共産主義者による建党協議会"のメンバーの高田健さん自体が、
"普通の人"でないじゃ〜ん」と少し批判的なことをいいつつも張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。
下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


8 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 11:02:30
>>6
「俺は獄中にいたから関係ない」
ここでいくら確認しても2ちゃんねるなわけだが、ホントに
「もう管制塔闘争なんか、過去のことだし、カンパする価値も見出せないし、
責任も取る気が無いから関係ない、元戦旗の戦士たちは自己責任で払え」
という文脈で語ったのか?
二〜三個前のスレで「そうではなく、実働はFちゃんやってくれ、最後は責任取るから」という意味でだ、とか、
そんな発言が表に出るわけ無いからデマだ、とか反論(?)もあったけど、
事実をちゃんとつかんでる人教えてくれよ。結果的には多額のカンパもしたことになったが、
その経過はなんだったわけ?取り繕ったってことなのか?
「3・26武徳」まで書いた人がそんな無責任なことをいくら歳食ったからって言うもんなのかねぇ・・・。
もし前者の文脈で間違いないならやはり今月中に解散すべきだ。

9 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 11:12:02
↑要は取り繕いで前者が本当の話。
「訴求主体として早見さんや渡辺さんが〜」云々は後から取って付け足した言い訳でウソ。
事実を確認したいのならば、真面目な問題意識を持ってJさんにメールを送るなりをすれば良い。

10 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 11:27:30
>>9が正しい。
いつでも理由は「後乗せ、サクサク」。

11 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 13:03:45
荒さん、酷い

12 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 17:59:31
>>1
なんでブンドってなってるんだ?

13 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/07(水) 18:51:22
ふう・・結局また荒さん罵倒スレ化するんだなあー。
オレは荒さんなんか「関係ない」
かつて党派論争とかすると、他党派の活動家の発した言葉尻をとらえて非難したり、
その逆に非難されて「ニセ左翼の動かぬ証拠」とか「脱落派の反革命的居直り」とか
言われて慌ててなんてよくありましたがね。
戦旗・共産同という組織に俺の不注意で恥かかせてはまずいという意味で慌てたよ。
でも今でも荒さんの「関係ない」にこだわってる諸君は、何のメリットがあるんだろう?
そんなに気になるならブントに直接問い合わせたらいいんじゃないか。
メールでも電話でも。荒さんが失言したからって、驚くようなことでもない。
そのとき罵倒すれば充分。なんで気がすまないの?



14 :革命的名無しさん:2006/06/07(水) 20:59:13
蔵田けいせいさんは、ブンドと書くくせがある気がする

15 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 00:04:23

    ,rn                       \从从从从从从从从从从/
   r「l l h.                      ≫
   | 、. !j         /           /  ≫
   ゝ .f  /      _             ≫  ハイル・ヒトラー !!!
   |  |       ,r'⌒  ⌒ヽ、.         ≫
   ,」  L_     f ,,r' ̄ ̄ヾ. ヽ.  / ./   ≫
  ヾー‐' |     ゞ‐=H:=‐fー)r、)  ./      /WWWWWWWWWW\
   |   じ、     ゙iー'・・ー' i.トソ
   \    \.     l、 r==i ,; |'
    \   ノリ^ー->==__,..-‐ヘ__.  /   /|  /
      \  ノ ハヽ  |_/oヽ__/   /\   /  |_  ゴゴゴゴ…
       \  /    /       /  \./  /  ヽ___
         \'    |o    O  ,|    \ ../   /   /
          y'   |        |\/  |   ./   /
          |     |o        |/| _ |  ./__/
          |    |       |  「  \:"::/
          ヾニコ[□]ニニニ  |   ⌒ リ川::/
          / \      /  \  ...::::/
         /    ゞ___     \/  /
           /     /    \.     \  /
        /  ゝ /       .::\ /    |
          |   /      ....:::::::::/\<    |    /
          | /      ...::::::::::/  |   |     /
       /      ....:::::::/    |     .|
      /      ...::::::::/     |   |
    /      .....::::::/       |___|   /
   /''' ....   ...:::::::::/         (   \__
   /     ...:::::::::/           ゙-'`ー---'

16 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 00:43:47
今日、「小さな中国のお針子」という中国映画をビデオで借りてきた。
文革時に「下放」政策で農村に矯正に生かされた学生の物語を描いたものの
ようだ。学生の父は歯科医で「人民の敵」として断罪され、学生は教育
を受けている。
「哀れなクリストフ。自由である恍惚感を知らないとは。そのためならどんな
労苦もいとわない。自由とは   周囲の全ての精神が  愚か者も含めて
自由と感じること  それこそが形容しがたい喜びだ  魂が果てしない空
を泳ぐよう  もはや魂はよそでは暮らせないだろう」
元父親の同僚である農村の医者とバルザックのモンテクリスト伯の一節をよみ
あげるシーンのセリフだ。
映画そのものは暗い調子でもなく、陰惨な雰囲気でもなしに、比較的明るく
美しい映像で描かれている。けっこう今風だね。なんせ、二人の下放学生と
農村の美しい少女との恋愛物でもあるから。
ほんとこういう映画はいまの日本では成立させようというのが無理だろうが、
面白かったよ。

17 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 06:18:21
皆様ひとりひとりのご協力お願い申し上げます。
消費者金融問題は深刻化しています。
国会では上限利率の引き下げとグレーゾーン(出資法)の廃止を検討中との事。
早急に施行されるようサラ金被害者の会や各団体に署名活動を皆さんでしてください。


18 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 11:13:03
>>16中国の映画ってハリウッドには作れない佳作が多いよね。
ただ、文革時代を扱った作品はどうしても暗くなりがちだけど。
『モーターサイクル ダイアリーズ』と『フィデル・カストロとチェ・ゲバラ』を少し前に観たけれど、ゲバラを故・笠置さんに、カストロを荒社長に重ねて観てしまう。

19 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 11:25:47
> カストロを荒社長に重ねて観てしまう。

プッ

20 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 12:16:06
映画ネタ

昨日「白バラの祈り」を観た。
ナチス時代のドイツでナチス批判のビラを撒き逮捕・投獄・処刑された反ナチグループの
女学生の物語。
毅然と処刑台へと向かうその凛とした態度。

80年代の生ぬるい日本で日和ったオレには正視できない映画だったよ。

21 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 17:20:51
荒さんに上納しようがしまいが、組織外部の俺からしたら勝手にどうぞって感じ。
なんでまたそんなのが闘いとやらになるのか?
SMプレイの間違いだろ?

22 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 20:17:08
ニャンケって名古屋の岡田雅宏さんのこと?
名古屋の「おっくん」のこと?

23 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 23:20:39
>>18
いや、そんなに暗くはない。どちらかといえば楽しく描かれている。
文盲の生産大隊長=融通の利かない村長がいたり、村の若者は外人の顔はみんなスターリンか
レーニンだという素朴な田舎もので、都会から来た二人に村の女を取られて
しまうことを恐れて集団で因縁をつけたりする。しかも、ちょっと悪餓鬼。
そんなかつての日本の田舎を彷彿とさせるような場所で、都会の知識や文化
を持ち込む二人が、次第に村に馴染み溶け込んでいく。
二人が好きになった少女は、中絶の後、読み聞かせられたバルザックの精神
に感化され、二人と育てのじいさんを置いて都会へ旅立ってしまう。
最後は、医者、音楽家として成功した二人が、ダムに沈むことになった村を
たずね、回顧し、急速な近代化のもとで変わってきた自分達の青春を振り返る
という。まあ、甘いといえば甘い、ノスタルジックな映画ではあるんだけどね。

荒氏=カストロ、ゲバラ=笠置氏というアナロジーはすごいねw
まあ、なんとなくその配置はわからないでもないけど。でも、すごすぎw

24 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 23:30:11
>>20
そうそう。その受け止め方リアルだなw
価値観の質とか、文化とか、そういう意味の面白さよりも、迫り来る反革命
の暴虐に対して、どれだけ立ち向かう用意があるのかという、思想の強度を
問うようなスタンス。人はどれだけ実存=肉体の痛みに耐えて思想をつらぬ
けるかみたいな。ある意味、リゴリズムを究極の目的とするような主体性の
渇望。バブル化の日本民衆から浮き上がったドンキホーテ的新左翼の貴重な一面では
あったよな。いや、揶揄してんじゃないよ。
ないよ。

25 :革命的名無しさん:2006/06/08(木) 23:54:29
しかし、2.1ストみたいなスレタイだね。

26 :革命的名無しさん:2006/06/09(金) 00:09:37
意味の薄い映評のカキコはワラビー?

27 :革命的名無しさん:2006/06/09(金) 07:51:41
↑妄想乙

28 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/09(金) 22:09:28
>>24さんの言うような「思想の強度を問うようなスタンス」って、
なんだか苦手でした。
ベトナム戦争の時の政治犯がアメリカの拷問に耐えぬく「不屈」って本。
全4冊あったんだけど、全部読んだようなフリをしてましたが、
途中で辛すぎて読むのを挫折してしまいました。
「長征」にしても、韓国政治犯の記録にしても、辛すぎる。
カストロとゲバラの本(何て題か忘れた。ゲバラ伝だったかな)
あれだけはすばらしく楽しい本でした。特にグランマ号で船出するところ。


29 :革命的名無しさん:2006/06/09(金) 22:50:04
>>28
不屈 は最後まで読んで感動さえしたが
後でフィクションであることを聞かされ、ガッカリした

・・・・・のは折れだけじゃないはず(紅岩モナー!)

30 :革命的名無しさん:2006/06/09(金) 23:37:27
>>29
え?不屈ってフィクションだったのぉ〜??知らなかった。尤もオレは読んでないけどww
あれってパクられたメンバーへの差し入れの定番じゃなかった?
「○○に不屈差し入れてきたよ。服と靴じゃなくて不屈だよ」とか寒いこと言ってるメンバーがいたなあ。

31 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 00:29:19
>>29
あんた不屈世代か!70年代末だよそれ。
ニャンケは不屈世代じゃないと思うが、きっと上司が不屈好きだったんだろw
戦旗は何回かのモデルチェンジをしてるが、不屈は基本的に「アダチ分派」
以後の血債・猛省路線のときの指定図書だよ。そうか、ノンフィクションか。
いわゆる79路線へいきついた倫理主義・坊主懺悔へつらなる可能性をもったときの。
確かに三好徹「ゲバラ伝」は面白かった。ニャンケの言うことはよくわかる。
思想の強度を問うってのは結局、スポコン的主体性にもつうじるし、ようするに
根性ってことだよな。これはあらゆるモデルチェンジに通じる戦旗=荒派
の魂だなw


32 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 00:30:04
俺はパクられた時には宇野の『経済政策論』と共に、何故だか漢和辞典が差し入れられてきた。
何でこんな物が差し入れられてきたのか意味不明だったので結局読まなかったけど。

33 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 00:33:46
グエン=ドック=トアンは70年代だよな。
それが80年代に入ると金芝河に代わる。

34 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 00:43:33
うーん、金芝河は「世界」の「韓国からの通信」をベースに民主化闘争の
シンボルとして闘争主体の間では普遍的だった。これも基本的には70年代
からじゃないかな。ただ、光州事件をきっかけに日韓闘争が80年代初頭に
課題化されたからね。79から3・8分裂まではレーニン主義的全人民
的政治闘争路線が比較的そのままに実現された幸福な時期だった。

35 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 00:54:39
>>32
宇野経済学。一体どのように評価されているのか・・・
いまこれをひきついでいるのはjimmyちゃんとある意味うちはだいこぐらいか

36 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 04:46:03
『マオ―誰も知らなかった毛沢東』を評す
http://www.21ccs.jp/china_watching/DirectorsWatching_YABUKI/Directors_watching_19.html
『マオ―誰も知らなかった毛沢東』続報 ― 『マオ』中国語版を葬った台湾の見識に見習うべし ―
http://www.21ccs.jp/china_watching/DirectorsWatching_YABUKI/Directors_watching_22.html
 ところが、このニュースに続いたのは、わが日本の「新史料発掘、白熱の激論7時間、あの戦争の仕掛人は誰だったのか」(『諸君』2006年6月号24-68ページ)である。これは、痴呆老人と痴呆老人予備軍たちの
「総力特集」とでも評するほかない世迷い言である。中西輝政(京都大学教授)、滝沢一郎(国際問題評論家)、桜井よしこ(ジャーナリスト)、北村稔(立命館大学教授)、伊藤隆(東京大学名誉教授)の5人が放談して
いる。興味をもたれた読者にお勧めしたい。台湾のまじめな研究者たちと、日本の一知半解、売れっ子論客たちの妄言と、どちらが歴史の検証に堪えうるか、比較対照されるよう希望したい。断っておくが、
許倬雲や陳永発は、むろん毛沢東主義者ではないし、マオイスト崩れでもありませんよ。





37 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 11:05:44
皆様ひとりひとりのご協力お願い申し上げます。
消費者金融問題は深刻化しています。
国会では上限利率の引き下げとグレーゾーン(出資法)の廃止を検討中との事。
早急に施行されるようサラ金被害者の会や各団体に署名活動を皆さんでしてください。
これ以上自殺者を増やさないでいただきたいです。


38 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 19:35:44
6月11日、新宿ロフトプラスワンに当該学生とOBが出演!

6・11第5回塩見塾
「共謀罪、弾圧、九条改憲阻止・60年安保・樺美智子さん追善・6・15国会デモ」
現局面を如何に捉えるか!

本イベント「2部 弾圧」に、当該学生と文学部哲学科OBが出演します。

<日時> 6月11日(日) Open 12:30 / Start 13:00 / End 17:00

<場所> 新宿ロフトプラスワン

<プログラム>
■1部 共謀罪
【Guest】雨宮処凛(作家)、海渡雄一(弁護士/交渉中)、井形和彦(社会運動家)、
     早見慶子(作家)、細木悟(社会運動家)
■2部 弾圧
【Guest】「自由と生存のメーデー」で不当逮捕され完全黙秘した渋谷〇〇号Yさん、
      友部博文(3・14被弾圧者)、中川文人(会社社長)、矢部さん(予定)、
      キム・カンジさん(元赤軍兵士)
■3部 九条改憲阻止、樺美智子さん追悼46周年6・15国会デモに向けて
【Guest】飛鳥浩二郎(関西ブント創設者・議長、第二次ブント政治局員/交渉中)、
      塩川喜信(革命理論家/交渉中)、
      望月彰(「タンポポ社」メンバー/予定)、
      三上治(味岡修)(元叛旗派指導者)、
      谷口末廣(「不戦兵士・市民の会」で」活躍85歳の戦場体験保持者)、
      黒田憲(詩人、文芸家、連合赤軍問題研究家)

http://www.minimal-global.net/united_ob/


39 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 20:59:54
↑早見慶子(作家)は元100のメンバーだよね?

40 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 22:48:26
>>36 はマオイストなのか?

41 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 23:15:05
>>40
志村!コピペコピペ!

42 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 23:24:01
朝日新聞が正義である事をみんなで確認しようじゃないか?

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50
朝日新聞が正義である事をみんなで確認しようじゃないか?

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1145366829/l50



43 :革命的名無しさん:2006/06/10(土) 23:52:29
>>41
もちろんわかっとるて。コピペの主体である >>36 自身がマオイストなのかってことよ。

44 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 00:22:44
>>43
>わかっとるて。

ってあんた名古屋人かね?ご近所さんかもしれんがね。
おそぎゃーおそぎゃー。

45 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 06:21:31
>>39早見慶子は元100地区のメンバーだよ。
90年代に消耗して辞めてから一水会とも付き合うようになり、「元戦旗派女性幹部」(実際は支部キャップしか経験してない)の肩書きで各方面に名前を売り出すようになった。
どちらかといえば小林ギヤ的な感性の持ち主で、俺は好きではない。
ギヤの文章にも自分と同じ「被害者」として度々登場する。

46 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 09:49:53
被害者面したドミニカ移民が国を訴えて敗訴したな。
自分の意志で行ったくせに。

47 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 10:01:03
ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg は名古屋の「おっくん」こと
岡田雅宏さんでしょう?
党派縮刷版かたてに、党派関係者だと思わせている方。
「トロツキー研究」に投稿したりと、なかなか広範囲に
活動している方です。正体は「謎」です。

48 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 11:01:28
ニャンケの正体?
残念ながら全く違うよ。
くだらない妄想はほどほどに!

49 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 16:41:05
>31
そうそう「不屈」は荒さんが東大と三里塚で下獄する前に、直々に薦めてましたよ。
本人も下獄に際して不安があったのかな?
地元の日共系本屋に買いにいくと、何でオメーガ買うんだ、見たいな目で見られて恥ずかしかった。
「世界革命運動資料」だったかなも何故かそこで定期購読してたな。

50 : :2006/06/11(日) 18:12:31
>>47
「にゃ」が名前についていると「化け猫」規定することで有名な、
うちはだいこの妄言だよ。マジレスするのもあほらしい存在。

51 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 20:22:44
若松孝二が連赤の映画撮るのに資金カンパ募集してるんだね↓
http://www.wakamatsukoji.org/top.html

連赤事件ってわざわざ映画に撮って問い直す必要がある題材なのかね?
左翼的にはマイナス面しか感じられないんだけど。

どうせならオレは3・26を映画化して欲しいね。
監督は長谷川和彦か阪本順治だな。



52 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 20:47:52
連赤に固執するというのは、いつまでも68革命の敗北感のカタルシスに酔いしれ浸っていたいという自己満足だろ。
あれは何だったろう?何だったろう?と、いつまでも「俺たち特有の悲劇体験」としてこだわり維持しているから、次の世代へ「体験が思想化」されていかない。
故に全く知らない世代にとっては白けたものと化してしまう。
そりゃ、壮絶な体験であったかも知れないけど、いつまでも悲劇に酔いしれていないで、二度と繰り返してはならない課題として運動体が乗り越え克服していくように論じられていけば良いと思う。


ニャンケは岡田某云々とかホザいてんのは、うちはだいこっていう中核派勝手応援団の極度な妄想癖の奴だろ?
奴と青い鳥は一回診て貰ったほうがいい。

53 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 21:11:26
『ブントの連赤問題総括』もイマイチな感じだからな。
その前に塩見さんがあまりにも無責任過ぎるだけなんだけど。

54 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 22:48:25
やっと、料理対決の本が届いたよー
30分程で読んじゃった。昔のメンバーの写真を見て「わーなつかしー」となったり
須藤の文章読んでしみじみしたり、G味のタキシード姿に笑ったり。
レシピは難しいと言っていたけど料理してるからそんなんでもなかった。
今は管制塔戦士のカンパ本を読んでる。こっちもすごいなあ。

55 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 23:07:58
俺も興味本位で読んでみたいけど、実践社に頼むのは抵抗なかった?
実践社に直接注文したら本名も知られているから色々とウザイ!
しかし、五味もタキシードまで着せられて…
90年代後半のブントって、何か完全にキモイ独り善がりな世界の人々になっちまったんだな…
94−5年のアルティメット、凧上げ、模型飛行機大会に綱引き大会辺りからついて行けなくなったよ。
また、それが実践と省察の対象になる。
そんなことをするために結集したわけではない。

56 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 23:29:45
>>52
それはどうかな。そういう側面もあるかもしれないが、やはり、「人民の解放」
!?という同じ目的をもって活動していた仲間同士が殺しあったという事実は
同世代ならそうとう重いことだったんじゃないか。はっきりとした目標にむか
っていきたいものにとって、過去の挫折体験に拘泥している姿はうっとうしい
かもしれないが、当事者にとってみれば、あらたな出発の根拠をつくるためにこそ、
その悪無限的考察が必要なのかもよ。もちろん、前に進める保障はないかもしれないが。


57 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 23:43:30
>>54

大丈夫ですよ。図書館だし、しかも他市から回ってきたやつだから。

58 :革命的名無しさん:2006/06/11(日) 23:54:13
>>56
連赤ではないけど、元ブント赤軍派の人と話していても堂々巡りで疲れちゃうんだよね。
人の話は聞かないで自分の事ばかりでさ!
そりゃあ、共に活動していた仲間が殺し合い、殺されるといった壮絶な体験をしたんだから鬱になるのは解る。
だけど、いったい何が本質的な問題であり、また総括的視点を問うた時に「一言では語れない…」と永遠に語らず終いで妙なカタルシスに酔いしれられても何も共有化され継承・発展されない。
そういう点が一番イヤなんだよ!

59 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 00:00:43
>>56
連赤から学ぶべきことがあるとすれば、「器じゃない奴をリーダーにしちゃいけない」
っていう程度ジャマイカ?
30年以上経った今、わざわざ人々から募金募って映画化して世に問うほどのテーマなんて無いだろ。
「光の雨」で充分だよ。


60 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 00:12:25
>>59
連赤、内ゲバ、大躍進、集団化、大粛清、ポルポトの恐怖政治、これらがなんで
あったのかに真に向き合った当事者がどれだけいるのかということにひっかか
っていることは確かなのだが。

61 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 00:40:56
うむ。
もう『光の雨』で充分だ。
もっとも当事者によれば遠山美枝子の描き方が実像と違うとかの不満はあるようだが、それは青砥や植垣らのインタビューを読めばわかることだ。

62 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 01:34:33
>>60
まあ確かに連赤の一連の事件を「マルクス・レーニン主義とは無関係」だけで
済ませたつもりになってい左翼陣営は無責任だと思う。

スターリン・ポルポト・森恒夫...彼等は間違いなくレーニン主義の生んだ突然変異種だろう。

レーニン主義を徹底して最悪の方向へと「拡大解釈」していくとポルポトになってしまう危険性を
左翼陣営は自覚するべきだと思う。
その陥穽に陥らないためには、結局はその組織、ひいてはその党首の作風にかかっているのだろう。

我々元戦旗派メンバーの幸いなところは、荒という人物がそういう「連赤的作風」というところからは
遠くにいたところなんじゃないかとも思う。
しかしまたそういうキャラはパラチェンに辿り着かざるを得なかったところもあるかも。

共産主義組織も結局は人間が造るもの。
最終的には個々人の人間的資質に左右されてしまうんだなあ。

63 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 06:32:47
↑まあ、パラチェンは良いとしても、現在の節操のない俗物的で金権体質に至った帰結は断固批判せざるを得ないが、連赤みたいに幼稚な禁欲的主体形成論と倫理主義に陥らなかった荒のキャラクターは救いだったと思う。
もっとも恒常的武装闘争路線の頃は過酷だったようだが、それは「アダチ分裂」という悲惨を結果を迎えて気付くことが出来た。
でも、これは私見だけど、所謂左翼活動家に成る奴らって結局真面目で頭が良い人々が多いから、そういうストイックで修験者的で内省的な傾向を多分に孕んでしまうと思う。
だって冷静に考えてみな!
我々だってアジト生活なんてよく励行していたと思うよ。
市民社会的な享楽とは無縁に生活実態そのものを思想的実践に組み込んでたわけなんだから、それなりに高度な目的意識性が無いと無理だと思う。

64 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 07:52:46
>共産主義組織も結局は人間が造るもの。
>最終的には個々人の人間的資質に左右されてしまうんだなあ。
ボリシェビズムは基本的にある個人による組織への独裁という形態へいきつくんじゃ



65 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 08:16:56
>連赤みたいに幼稚な禁欲的主体形成論と倫理主義
学生共産主義者が70年代の熱気のなかで武装闘争をやった結果だよ。
幼稚かもしれないが、その動的な仕組みは、ほぼ戦旗派も体験してるはず。
ちなみに幼稚さでいったら戦旗の実態も十分負けてなかったと思うけどね
     ↓
>だって冷静に考えてみな!
>我々だってアジト生活なんてよく励行していたと思うよ。


66 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 08:27:40
アジト生活は個々人が責任を有した独立した主体として組織に参加する機会を根こそぎ剥奪したよな。
少なくとも中核派からの内ゲバ宣言が死に絶えた90年初頭の段階で、地区党と本部は早急に解除すれば良かったと思う。
まあ、我々みたいに取り分けてアジト生活なんて幼稚な共同体に依拠していなくても、中核派なんかの組織生活実態だって酷くストイックな在り方を強制され共有化していたみたいだけど。

67 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 10:59:12
連合赤軍はブントが生み出したのか?という疑問もあるらしい。
あれは革左の結果だと。。。

68 :65:2006/06/12(月) 11:01:30
>>66
中核はアジトと個人宅の組み合わせだったのかな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連赤における共産主義化という思考と、「実践と省察」における反省を通した
組織的共同主観性の獲得という方法論は、そんなに差がないのでは。
実践と省察が限りなく開かれていくんじゃなく、現に最も優れている「党的内容」
を主体化する契機として省察が設定される限りは、結局、上級が要求する恣意的な
「主体性」を獲得することが目標だし、そのために組織討論が共同体的サンクション
として利用されることになる。そこに暴力がないだけ。
ちなみに、中国共産党が自己批判を大衆集会として組織した手法と同じだと
思う。

69 :65:2006/06/12(月) 11:20:04
ある共同体的な価値が示され、それから逸脱した個人がさらされる。
さらされた個人を批判し、そうすることによってこそ、その価値が共同体に根付いたことが示される。
したがって、成員はできるだけはっきりと、断固として批判し、自分がその価値を受け入れていることを明らかにしなければならず、
矢面にたった個人は、その批判がどのように自分に不利であろうと受け入れないわけにはいかない。
まさに、スターリンの粛清を革命に殉ずるからこそ受け入れた古参ボリシェビキ達の逆説。
これらは基本的にボリシェビズムの席捲した20世紀マルクス主義運動の基本的な特徴だった
だったのでは。


70 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 11:29:03
>>1さん、愚息は保存していたBUNDの機関紙を全部棄てました。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。最近、愚息が
何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない
市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店が
ないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、最近、”小泉暴走に反撃を!"なんていってるけど、今まで、鳴り物、光り物で”平和を表現
しましょう”といっていたくせに、今更、語気を強めたって駄目
じゃ〜ん、”小泉暴走にSTOP! 6.1集会、発言、高田 健、富山洋子”の時の、路上集会並みの”驚異的参加者数”にそれが示されてんじゃ〜ん、つまり〜ぃ、"イラク戦争反対で集まった人たち”を”自分個人の支持者”と勘違いしていた
だけじゃ〜ん、”6月17日(土)AM11:00〜 虎ノ門JTビル前集合 呼びかけ/WPN”が一番、あってんじゃ〜ん」と少し批判的なことをいいつつも張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、
大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。
今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


71 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 11:42:19
>>68
中核派も革マル派も青解もメンバーはしてないよ。
中核派の場合、籠もって共同生活してるのは前進社や三里塚闘争会館のスタッフだけ。
そのメンバーだって自分の部屋は維持している。
第一、共同生活していたら目立ち過ぎて権力や対立党派から生活拠点を把握されやすく、潰される時は一挙に多人数が潰されてしまう。
内ゲバの経験が格段に蓄積されている彼等にとってみれば、我々は凄まじく合法的にみえたらしい。
因みに元中核派の人から訊いたけど、我々の地区党の公然アジトは殆ど把握していたそうだ。
我々は基本は支部ごとにアジト生活していたから、もしも革命軍に襲撃されていたら一支部丸々壊滅。
革命軍にとってはあまりにも合理的で容易な仕事だったろう。

72 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 11:56:12
それに我々は生活もそうだが、地区党組織局なら活動実態も年間スケジュールを通して情宣や闘争、集会、オールに合宿とそれに伴う原稿執筆等で休みが全く無い状態で集中していた。
まるで受験生かワーカホリックの人間だ。
そのような組織生活と組織活動に重なり、更に「実践と省察」を要求されるのだ。
息苦しいことこの上なかった。
そもそもプライバシーの保護といった基本的人権が擁護されていない空間に在るのだ。
「人間的自由」などというお題目には程遠い。

73 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 12:08:10
組織活動と組織生活に熱心で挺身している姿こそ正しい在り方だと謂うのであれば、それは不断にファナティックな姿勢が佳いとされてしまわないか?
みんな、その辺はギリギリの正常な精神と主体性を保持していたのだろう。
消耗した者、辞めた者を連赤みたいに凄惨なリンチにかけることはなかった。
ただ俺の時もそうだったが、消耗している者を更に非難し袋小路に追い詰めるというのは明らかに世間知らずなやり方で誤りである。
その者が徹底的に傷付くだけだ。
もっとも俺が居た地区だけだったのかも知れないが…。

74 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 12:09:38
>そもそもプライバシーの保護といった基本的人権が擁護されていない空間に在るのだ。
>「人間的自由」などというお題目には程遠い。

革命だゲリラだとか言っていたくせになに眠たいことほざいてるんだ?
プライバシーがどうのというくらいならやらなきゃいいだろ?

75 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 12:48:43
>>73
そんなことはないよ。
共同体的統制の相乗的なやりすぎはどこの部局、組織でも起こりえた。
世間知らずだけなのではなく、組織の仕組みと価値観の問題だよ。

76 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 13:41:41
↑↑あん?やかましいんじゃ、ボケッ!

77 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 13:56:19
>>72
>そもそもプライバシーの保護といった基本的人権が擁護されていない空間に在るのだ。
>「人間的自由」などというお題目には程遠い。
問題は >>74 のような決意性に還元されることではなく、そのような空間と情況が
組織関係を狭矮な世界に固定化し、成員の多様性が組織の豊富化につながるような
回路を失ったことだろ。理念としてどうあれ、戦旗は結局金太郎飴状態を脱することは
できなかった。
唯一、全ての成員が相対化され独立した主体として現れることを保障したのが党大会
という制度だった。しかし、それも否定されたらしいが。

78 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:00:22
ただ、それでも戦旗派は青やチュンやマルのような“凄惨”な状況にはならなかった
よね? 少なくとも、青や連赤のようにはならなかった。

79 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:16:30
>>78
そう。それは確かに荒氏のキャラクターと思想のせいではあると思う。
荒氏はいってみれば俗っぽさを残したミーハーであり、それが救いだった。
いきつくところまでいきつくことが素晴らしいと思うようなタイプでなかったことは確か。
カクマルとの党派闘争から距離があり、内ゲバを否定することを出発点にスターリン
主義を批判しようとしたこともよい影響をもたらした。

だが、そういう指導者の徳やキャラに依存し、
大きく規定されるだけでは、「スターリン主義」を否定したことにはならないと思う。
名君を求める心性ではだめだと思う。

80 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:31:10
荒岱介という人物だけではなく、集っていた人間も極端な方向性を有した者が居なかった点も救いだったと思う。

81 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:35:26
名君と独裁はメダルの裏表

82 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:40:08
観察する分には青の方が素敵。

83 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:40:36
「実践と省察」だって本来は「かくあるべし姿像」とかの従来の左翼運動が孕んでいた在り方からの自由を求めてはじめたんだけどね。
それが思考の一元化みたいな不自由さを逆に産出してしまったと思う。
そしてそれが組織生活と組織活動による不自由さと重なって二重の不自由さになった気がする。
その上でマッハ再評価によるレーニン主義党批判に更に政策的には凧上げや模型飛行機大会だのと何がなんだか、もう…

84 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 15:47:27
>>82
じゃあ、青解のところへ逝けよ!

85 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 18:25:02
>>84
まだ往きたくありません。

86 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 18:30:14

まあまあ、中坊はほっといて。
まず、戦旗が90年代以後展開したレーニン主義批判とかスターリン主義批判と
かはとにかく観念的で、リアルな現実を説明するものでも、反省の対象にした
ものでもないってことはいえるね。
マッハ主義の再評価とレーニン哲学の批判=ようするに広松哲学に依拠した
スターリン哲学批判で左翼運動の政治や思想や行動の
分析に代替しようなんてまったく観念的で軽薄すぎる。せっかく内ゲバ主義を批判する
というところから出発したスターリン主義批判の端緒の見識が全く生かされていない。
政治と組織の分析を哲学の批判で置き換えるという原理主義的な観念性。



87 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 18:31:16
86は >>84 へ

88 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:09:54
だから広末とはいえ、別な意味での宇野経済学方法論的な思惟の形式でもあったんじゃないの?
レーニン主義批判も本質論にまで下向はしたんだけど、上向して現状分析にまで至らなかったという。
何かブルジョアアトミズム論の時もそうだったけど、本質を言い当てたからオッケーみたいな…
どのように現実に適用するかが問題であって、原論をいくら研究し唱えても意味がなくなる。
即ち抽象的なものから具体的なものへ。

89 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:10:55
訂正
広末→広松

90 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:22:23
まあアレだ。連赤事件を見て思うのは
「どんな世界でも声のデカイ奴の勝ち」ってことかね。
共産主義化という名のもとに僻み根性に正当性を持たせてしまった上
人一倍捻じ曲がった香具師がまた人一倍声もデカかったという最悪のシナリオ。

91 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:26:04
森恒夫も永田洋子も取り分けて権力欲が強かったわけではないらしいよ。
完全に下から押し上げられてといった感じだったらしい。

92 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:27:48
サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
サヨクこそが本当は平和主義者なんだよ。 分かるだろ!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

93 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:37:01
何号か前の『理戦』に青砥幹夫と荒岱介の対談が掲載されていたけど、「ああ…やっぱりこんなもんだったのか!」といった感じだったな。
統一党という組織実態と思想性以前に、極めて生々しい人間関係的な問題が大きく在った。
遠山美枝子みたいな献身的なメンバーが何故に総括されたのか理解できなかったという荒の質問に対して「永田は単純に遠山が嫌いだったのだと思う」と青砥が答えている。
それが「幹部夫人気取り」だの「婚約指輪をして未だにブルジョア的価値観を残してる」等といった難癖にこじつけられただけだ。

94 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:42:35
>>93
叩かれるの覚悟でぶっちゃけて言うと
「ブスの僻み」以上でも以下でもないだろ。

95 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 19:59:09
そういう矮小な感情が全ての個人にあるとして、なぜそれが集団虐殺として
結果したのか。どうして皆そんなレベルの低い感情で動いている人間に唯々諾々
としたがって殺し殺されたのか。そういう現象の成立機序を明らかにするのが
総括であり体験の思想化じゃねえの?!
そんなレベルじゃブント以下だろ。

96 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 20:03:06
社会的には破綻していた小心の小男が、ドイツ第三帝国をでっちあげ、ドイツ
人民を悲惨に巻き込んでいったのはなぜか?なぜ、この小男を聡明なドイツエリート
や反体制勢力はつぶすことができず、総統としてあがめることになったのか。
それを明らかにするのが社会科学の任務とちがうんかい?

97 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 20:23:50
>>95
だからな。そういう矮小な感情をさも意味ありげに見せてしまうのが
「共産主義化」のマジックだろ?
子供の頃から鬱々と抱えていたコンプレックスを正当化する「理論」を与えられ
一般社会でのヒエラルヒーが全く逆転しまった状況なわけじゃないか。
そりゃサディスティックにもなるだろうよ。

リアル赤軍経験者(周辺も含めて)が雁首揃えて頭を項垂れながら「一体アレは何だったのか?」
などと鬱になってるようで実のところ悦に入ってるのを見ると「アフォか」と思うよ。

98 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 20:30:50
余談だけど、ヒトラーはウィーンに居た時には自分の描いた絵画が画商に高く取り引きされていたし、しかも母親死後の遺産もあったから生活破綻なんか全然してないよ。
ウィーン時代には浮浪者だったというのは俗説。
寧ろ偏執的に倹約生活をしていたから、そのように見えただけだと晩年にヒトラーの親友だった何とかっていう奴が回顧録の中で語っていた。

99 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 20:36:47
俺も>>97の意見と同じなのだが、極めて俗物的且つ矮小で幼稚な動機だったんだと思う。
実際に青砥や植垣の告白を見聞していると、実に単純な問題だったように感じるね。

100 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 20:49:35
例えば我々だって恒常的武装闘争路線の頃に「アルコールを毎日呑むな」「恋愛感情を持つな」「外食するのは勿体ない!弁当のおかずは一品でいい」とか「野菜なんか八百屋の周りに落ちてるからそれを拾え」
などといった、不必要に禁欲主義的主体形成を積めば強靭な革命家に成長できると思ってたんだろう?
でも、現実には人間の本能に根ざした部分まで否定したら結局はぶっ壊れたということだ。
それは外在的に観たら当たり前のことだけど、当人等は真剣そのもので感覚が麻痺している。
何故に麻痺してしまったのかといえば、自分が責められたくないからだ。
そんなことはよくある光景だと思う。

101 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 21:52:52
>>97
その「共産主義化のマジック」とは何かってことに答えられなければ、何を
いったことにもならんよ。
俗物的で幼稚な動機から逃れられる人間がいない以上、それが組織や社会に
悪影響を及ぼすことを排除する仕組みが政治思想として新左翼には決定的に
かけてるということの証左でしかない。
俗物的な感情によりそって精神分析をやることにとどまっているのなら、
週間大衆でも読んでればいいことだ。
>>96
ヒトラーが倹約化だろうが、破綻者だろうが同じことでしょ。なぜ、ドイツは
ヒトラーを頂いて侵略し、自らも破滅したのか。ファシズムとは一体なんだったのか。
それを明らかにできずに、ヒトラー個人の人格を評しても、せいぜい「知ってるつもり」
レベルなんじゃね。


だいたい赤軍が銃をもった殲滅戦を戦ったという事実以下の存在で、彼らを
自分とは違うレベルの低い存在とみなすということが理解できない。
コケヒューと戦旗派はそんなにレベルが高かったか?

102 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 22:00:21
>>97
つまり共産主義ってのはルサンチマンでこりかたまった椰子が権力を獲得し、
独裁するのに都合のよいシステムってことか!

103 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 22:06:03
>>102
それだとレーニンの説明がつかんがなw

104 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 22:12:57
大体、おれはあの「光る雨」なんて全く評価できない。それこそレトリックな
演出だけが全面にでて、すごく軽薄な感じを受けた。
それから、少しきつい言い方になって悪いが、戦旗派の赤軍総括なんて全然、深みを感じない。
ありゃ、たんに総括の方法論を確認してるだけさ。ようするに広松哲学を知ってる
おれらはすごいって、それだけ。

105 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 22:21:07
----------------
ワールドカップを見ているヤツは、まちがいなくB層低IQの馬鹿ウヨ大衆。
ワールドカップを推進しているのは、自民党・神社本庁。
やつらが、愛国心を高揚させるために、サッカーを利用していることに気づけよ!
----------------

頼む! ↑これをコピペして、あちこちに貼ってくれ!
おれ一人でやってみたんだが、多勢に無勢で話にならない!

106 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 22:21:42
>>105
マルチしね

個人的には一行目は削除すべきだ

107 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 22:23:26
>>106
まちがいなくB層低IQの馬鹿ウヨ大衆。

108 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 23:14:18
>>88
ようするにレーニン主義の政治や組織についてはなんら内容的な検証は行わずに、
その認識論の批判をもって終わらせたということだよな。しかも、全てをのりこ
えたかのように。つまり、認識の形式だけをとりだして、なんら実質ある認識
そのものは行えなかったってことだ。
革命的認識方法とはこれだ!だから闘おう!ってなもんだ。
その認識方法を現実に適用して、政治や組織を分析し、歴史を叙述することこそ
問われているというのにな。

109 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 23:25:14
実践と省察というのは一つの方法論と結論を前提しているのであって、
「われわれの共同主観」というフレームの中ですべて「党」の方針を
あくまでなぞる解答しかでてこないのが事実。
レーニン主義云々というのは、今ある党が前提となる運動の統一の体
系。スタ克といいつつもこの組織形態は変わらない。そしてレーニン
を捨てても現実の運動組織は何も変わっていない。

110 :革命的名無しさん:2006/06/12(月) 23:39:27
>実践と省察というのは一つの方法論と結論を前提しているのであって、
>「われわれの共同主観」というフレームの中ですべて「党」の方針を
>あくまでなぞる解答しかでてこないのが事実。

同意

111 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:03:50
>>101
むしろそういう俗物的で幼稚な動機「でしかない」ことにさも意味ありげな「理論」的
バックボーンを与えてしまうのが共産主義化のマジックなんでないかい?

だからそういう陥穽を排除する仕組みなんて考えたって答えは出ないよ。

逆に延々30年以上喧々諤々やってる議論の対象は「幼稚で俗物的なことに全て起因している」
ということをさっさと認めるべきだ。特に赤軍関係者は。
気がついているくせに認めないようにしかオレには見えない。

112 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:19:29
サッカー負けた・・・ カキコして寝よう。

113 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:21:02
>>111
そうだよな。新左翼ってのは結局、指導者と根性と決意だもんな。
民主主義だとか制度だとか法だとか組織だとかについての人間社会の英知を適用して
よりよい政治や社会をつくるなんて発想0だもんな。
そういえば、高率カンパにも「革命のために」なんて理論化したり、
気に入らないメンバーがいれば、アトミズムとか客観主義なんて理論づけて
いじめたり、追い出したりしてたもんな。
うーん、戦旗関係者も「幼稚で俗物的なことが動機だった」と早く過去を
精算すべきということだよな。

114 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:28:01
人間若い頃は誰しもコンプレックスや過剰な競争意識から中々自由にはなれない。
思い返せば活動家時代は同期の活動家には過剰なまでにライバル意識を持ったよ。
そうしてそういう若いメンバー同士のライバル意識を組織が利用したのも確か。



115 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:31:13
そりゃわかる。やっぱ、共産主義運動は若いうちはやっちゃいかん。
まず仏教徒として解脱してから組織に参加すべきだ。

116 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:36:56
共産主義化のマジック=対象変革ー自己変革のマジック=実践と省察のマジック
ということか。

117 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:39:53
組織に入らず孤独にマルクス主義を研究すればいい

118 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:52:50

政治や経済や制度によって人間の愚かさをカバーするというアプローチが
ないならマルクス主義研究なんかする必要ありまへんがな
若かろうが年食っていようが人間がおろかなのは同じだからねぇ。

119 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:53:22
マルクス主義云々より「人間性」ってことか

120 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 00:58:41
だからさ、大体政治や社会に発言すること自体が意味がないってことだろ。
大体愚かな椰子ばっかりなんだから。法律の是非とか政策の是非とか、そういう
問題じゃないってことでしょ。共同謀議に関する法律も憲法9条もなんの意味も
ないということで。
やっぱここらで細木先生にでも登場してもらうか!


121 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 04:10:50
ブルジョアアトミズムはだめだよねーといいつつ、方向転換したと思っ
たが荒の嗜好(←あえてこういう)はいまだコミュニタリズムでしかな
いため、結局は荒のわがままに従わざるをえなかった90年代後半からを
見ていると、思想の転換もクソもなく荒の私党だったのだなあと思う。

122 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 04:12:38
>>100
そうやって他党派に比べて高額な同盟費、カンパがポルシェの1部になったかと思うとくやしくてくやしくて。

123 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 04:16:35
革命ではなく、荒の支配に非常に都合のよかった地区党主義と共同生活。
相互監視と脱落予備軍に対する強者の威嚇・恫喝。

124 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 04:22:20
>>62
>我々元戦旗派メンバーの幸いなところは、荒という人物がそういう
>「連赤的作風」というところからは
> 遠くにいたところなんじゃないかとも思う。

軍事主義は連赤的作風を生み出すものである。共同生活の中の人間関係
しかり、三里塚しかり。山に籠もったら現実的に同志殺しが起きてもお
かしくはなかったとも思うね。戦旗が一番遠かったわけじゃない。
中核や解放派(最近の事態は理解できず)よりずっと危険な倫理主義っ
てあったよ。人にうるさいヤツはいたし。でもそのうるさいヤツって
荒なんだよ。機関紙や組織運営にみる荒そのもの。

125 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 04:24:28
>>58
元赤軍はマシだよ。おおらかだし。連赤とか革左とかになるとまた別なんだろうけど、あいにく知り合いにいない。

126 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 04:27:59
他党派にひとに「荒が出所して組織がすっごく変わったな」といわれた
ことがある。「ずうずうしくなった」「偉そうなものいいするように
なった」「我が派こそ真実意識をおおやけに出すようになった」と。

127 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 05:34:51
>>126
なるほどな!w
だから組織が伸長したともいえるな?
でも、偉そうさでは革共同に比したら可愛いもんだと思うけどな。

128 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 05:37:45
そういう「我が党こそ真理」みたいな在り方の元祖は代々木か?

129 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 07:34:01
>>121->>126
早朝からこんなこと書き込むあんたは不憫だな。
頭の中は四六時中荒への恨みなのかい?


130 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 10:46:29
>>129
職場から家に帰れないの。
単価低くなってるから徹夜が増えたこの10年。
でも今の仕事は時間外手当なんて出ない。
荒のやつにカンパ返してもらおうかな。
相当納めたぞ。

131 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 11:19:47
>>130
組織からも会社からも「搾り取られる」自分の人生を恨め。
また数年後、今の職場から「時間外手当を正当に支払え」と
言い出しても不可能なのと同じ。
#自己選択の結果#、今の自分があることを理解しろ。
そんなことで荒からも会社からも金は取り返せないと思われ。

132 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 12:23:15
まあ、悔しい気持ちは痛いぐらい理解できるけどな。
でも、それは飽くまでも自己選択による結果なんだよ。
俺は戦旗・共産同→ブントに結集していたことは後悔していない。
是非はともかくも、普通に暮らしていたならば経験できない経験もできたし、辞めてからでも草加さんをはじめとする元活や様々な元党派やNRの素晴らしい友人もできた。
ポルシェや7千万円や35万円の年金寄越せは確かにムカつくけど、反面教師として自分がそんなさもしい人間にならなければ良いことだ。

133 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 12:26:00
↑御免。
7千万円邸宅な。
いずれにしても経験は金では買えないよ。

134 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 13:22:39
>>115
> そりゃわかる。やっぱ、共産主義運動は若いうちはやっちゃいかん。
逆でしょ。若いからこそ、熱病にうかされるように共産主義運動にはまるわけだ。
いい年こいて、共産主義を相対化できない方がおかしい。


135 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 13:56:59
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったとか。最近、愚息が
何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、
「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、"普通の人、普通の人"というけど、”共産主義者による建党協議会"のメンバーの高田健さん自体が、
"普通の人"でないじゃ〜ん」と少し批判的なことをいいつつも張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。
下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


136 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 14:10:05
>>131
>また数年後、今の職場から「時間外手当を正当に支払え」と
>言い出しても不可能なのと同じ。

タイムカードがあれば取り返すのは可能。裁判でも認められないことは
ありえない。ホントSENKIって現場の労働運動と関係がないとわかる発
言だな。荒派根性植えつけられたまま社会に出るとこうなるという見本。

#自己選択の結果# だろうと、法人形態と「契約」関係がまるで違う。
それを同一に語ってしまうのは何?

小泉 #自己責任# 政権並みに問題をわざわざ&あえて混同してしまう
思想性の欠如には笑うしかない。これがまさに戦旗・共産同の結果なのだ。

137 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 14:36:07
小泉の“自己責任”とは、それとこれとは話が別だろ。
何でもリンケージして語るなよ。
戦旗だって色んな奴がいるんだよ。
そんな基本的な問題も理解せずに粘着してる↑お前もどうかと思うけどな。

138 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 15:06:21
でもね、>>129みたいに、荒への批判を「恨み節」「不憫」「ルサンチマン」というように、
すべてなで切るのはどうかと思うよ。
荒への批判は現役の間でも高まっているようだし、個人への批判も正当な批判ならおおいに
ありえるだろ。個人と言っても“終身党首”みたいな存在だし。
それを「ルサンチマンだ」式に揶揄するのは、荒のgiya批判みたいで嫌だな。


139 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 15:24:10
関東連OB VS 自称右翼でリアルG

アウ板の人気者『OG』が今宵も一暴れ。
また携帯バレちゃいましたw
さらにアウ板の嫌われコテ女と…www

ギャングの特技は通報です♪
運営にケンカを売ってアク禁されました♪
引退宣言は数知れず♪

【最強】BIGBOSS-JAIL-OG【中年ケツ穴発酵中】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/4649/1150113024/

140 :131:2006/06/13(火) 19:03:12
>>136
戦旗とは過去も現在もなんも関係ないんだがなw。
(早合点の典型的誤爆野郎だな)

それにタイムカードが無くて長時間労働しいられている民間労働者の
実態をおまえ知らないんだろ?
契約??プッ
「自己選択」という単語から「小泉自己責任」までに持っていくおまえに拍手なwww

141 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/13(火) 21:21:36
>>131はやっぱり元戦旗じゃなかったんか。
ヘンなこと言うヤツだな、とは思った。
だけど民間労働者の実態ってのは、この人の言うことの方がリアルだよ。

>>130さん。徹夜仕事、たいへんですね。
しわ寄せはいつも現場にまわってくる。
怒りを溜め込むと病んでしまいますから、
仕事にも何か楽しみを探すなりでっち上げるなりして、
がんばりましょう。
逆境と試練に強い我らの力の見せ所。

142 :革命的名無しさん:2006/06/13(火) 22:39:22
>>134
おいおいネタにマジレスで「常識」説教しちゃいかんよw

143 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 13:55:57
>>100で示されている傾向は若い左翼にはよくみられる傾向だよね。
別に恒武闘争路線の第一期建設の頃の戦旗派だけではなく、アッテンボロー氏のサイトを観ると80年代の中核派なんかも同様な禁欲生活を強いていた。

144 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 14:12:19
禁欲したいんなら坊さんにでもなればいいのに

145 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 16:08:54
↑それは云えるな。

因みに山寺の修行僧の生活は午前4時に起床。
掃除をして読経して朝食後は午後3時まで座禅を組んだり禅問答したりの修行。
午後3時に蕎麦などの軽食を食した後に午前中と同様な修行や街へ托鉢に出掛ける。
午後7時に夕食で夕食後は就寝0時まで修行の毎日だ。
食膳は全て一汁一菜だ。
ニャンケ氏には絶対ムリだな!w

146 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 16:14:59
それから山寺は檀家のカンパもあるが、基本的に米、野菜、麺類、醤油や味噌などの調味料も自給自足だから畑仕事も修行のうちだ。
援農とかで慣れているから、その辺はあまり苦痛ではないが…

147 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/14(水) 19:07:43
>>145さん。よくわかったなあー。
まさに、文字通り、言葉の真の意味で、
禁欲はムリでーす。
現役だった頃からそういうのが大っ嫌い。
やりたくないことは断固としてやらない。
だからこうなったんだ。えっへん。

148 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 19:14:00
>>146
いやー。でも修行僧は大体寺の息子だからなあ。
長くても2〜3年修行すれば、寺も檀家もそのまま世襲で受け継げるわけだ。
そうすりゃ同世代の大学出よりも遥かに高収入が保障されてる。

結構厳しい修行でも、ゴールがあってその後にそれなりの保障があれば耐えられるでしょ?

149 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 20:25:02
なんだ修行僧って、そんなもんなのかよ?
それなら耐えられる…と思う。
もっとも親鸞みたいにやりたい放題みたいな僧侶もいるわけだからな。
そういや親鸞は実存主義者と規定してなかった?

150 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 20:40:12
例えばさいたま市の荒さん邸に住み込みで毎朝午前4時に起床。
荒さん邸の清掃とポルシェの洗車と犬の散歩で、朝食後は荒さんと共にエピステーメへ出勤。
『SENKI』や『理戦』の編集作業などで午後9時まで仕事。
先に帰宅していた荒さんにスリコギにかけられて精神的にもヘトヘトになり、その後は学習で午前1時に漸く就寝。
年間通して休暇は4日間で月給は10万円で社会保険とボーナスは無し。
それが一生続くとしたら?

151 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 20:58:11
上のほうの書き込みで、中核からすれば集団アジト生活はすさまじく合法的に
見えたというのがあったが、たしかに彼らがそう思うのは感覚的にはわかる
のだが、他党派のテロに防衛的に対処するときに、あのアジト生活はまあまあ
合理的だったのではないかと思うんだけど。

そもそも全員が地下にもぐるわけにはいかなくて、日常業務をしながら
テロに予防的に対処するというシチュエーションで、一人よりは二人で住む
方が襲撃する側からすれば困難で、それは人数が増えるにつれてやはり襲撃
はそれだけ困難になっていくように思う。一人で歩いているときに襲われる
危険は、どちらにしろ変わらない。
部屋ごと放火するとか、銃器を使うのなら別だが、鉄パイプ等での襲撃で
あれば、防衛側の人数は大きなファクターでは?

あとは、そういうときには集団でいた方が、精神的にもよいだろう。アジト生活
はこりごりだが、合理的だったかどうかが気になる。
中核は、数千人の単位で対テロのどういう対処をしていたのだろう?? とくに
住居について。

152 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 23:18:28

そう。俺も実際に中核に聞いたことなかったから、それは気になるねぇ。
あなたがいうような「合理性」を当時の戦旗は感じてたんだよな。まさか中核が
対マルのようにやろうとするのではなく、対インターのように、
政治的打撃を与えるべく物理的打撃を与えに来ると。組織殲滅戦ではないと。
そうであれば、ある程度、襲撃にコストがかかるような構えを見せることに
よって実際の襲撃を抑止しようという発想だったと思う。マルとやってる最中に
めんどくさい揉め事を増やすのは辞めようぐらいに考えるのではないかという
ことで。実際、いろんな防衛上の方策ととっていたしな。上スレで合法アジトは
把握していたとあったが、戦争宣言の直後、監視していたらあやしいスーツの若者
をつかまえて、詰問したら、自分は車のセールスで車種を調べていたというのが
いた。あれは今でも不思議におもってるんだが、レポだったのかしらん。
ちなみに、当時インターはむしろ個に回帰して組織的反撃の体制はほとんど、
なかったと思う。これは断言できる。各個撃破されたかたち。

153 :革命的名無しさん:2006/06/14(水) 23:28:22
[sage]

154 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 16:15:15
だから、アッテンボロー氏のサイトに書いてあるけど、中核派は公然集会の後に徹底的に権力や革マル派からの追尾を振り切るんだよ。
解散戦争の時にヘルメットを被った全学連と専従メンバーで構成された防衛隊が最後尾にピケットを張って公安デカにボコボコに殴られ蹴られながらも本隊を防衛する。
そして本隊は各々分散しながら追尾を巻き切って各自の個人宅に帰る。
その際も自宅から最寄り駅は絶対に使わないとかの方法を駆使したりするそうだ。

155 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 16:19:34
それにアジト生活しなかったら個に回帰するという訳ではないだろう?
現に革共同両派や狭間派だってアジト生活してた訳じゃないんだから。

156 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 16:25:02
>>154
公然集会の時の解散戦争ね。
普段の生活ではどう?
だいぶ前だけど、中核派の某県のキャップを駅前で偶然発見して、しばらく尾行した
ことがあったよ。一応敵対的な関係だったからさ(笑)。
最寄り駅だけ特定して途中でやめたけど、全然気付いていなかったよ。

157 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 17:26:37
>>155
狭間はどの程度かわからんがアジト生活だったらしいぞ。天皇決戦くら
いはそうだろう。
わが戦旗ほどじゃないだろうがね。我らのは孫子へのカネのためだった
のだなあ。

>>156
暇人だな。

158 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 17:43:54
俺が知ってる狭間派の公然もさらぎ派もアダチもアジト生活はしてなかったよ。
狭間派は人民革命軍だけはアジト生活していたらしいけどな。
あと60年代末から70年代初頭にかけての赤軍派。
もっとも60年代の学生は別に左翼でなくとも誰かの部屋に転がり込んで、いつの間にか居候するというのが当たり前の風習だったらしいけどな。

159 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 17:47:24
中核派メンバーは通勤も含めて普段の生活でも最寄り駅は利用しないよ。
そこからバイクか自転車かタクシーで巻いて帰宅する。

160 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 17:58:12
俺は公安デカに尾行されてたけど「おいっ、○○クン!」と話し掛けられるまで全然気付かなかったぞ!
やはり奴らはプロのストーカーだな。

161 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 18:01:40
>>160
公安も切り上げたくて声かけたんだろうな。

162 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 23:13:13

意味がわからんなぁ。どういう意味?

163 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 23:21:17
>>154
そうそう。初めて参加した中核だけの全国集会で、解散が集会場からいきなりバラけた
のでびっくりしたよ。シンパに誰がつくわけでもなく、野放しw
そこから急速に三々五々、しかも、もよりではない駅やタクシーをつかって
解散した。戦旗みたいにユニットで解散みたいなことはしなかったな。
ある意味大人だったのかもな。今から思うと。

164 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 23:31:37
>>160
気付いて欲しかったから声をかけただけ。

165 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 23:38:25
逆にオレは初めて三里塚に行った時にタクシーを使ったマジックにビックリした。
「そこまでするものなのか!?」と。まだ高校生だったしね。

その時のタクシー代はオレのオルグ担当者が払ってくれたので、
「こういうものは組織が出してくれるんだ」と思ったけど、結集したらしっかりワリ勘になったww

166 :革命的名無しさん:2006/06/15(木) 23:43:38
しかしいくら解散戦争をしたとて、限界があると思う。テロのためには
全員の居場所を知る必要はなくて、何人かでいいだろう。つまり完全な
防衛はどうやっても無理で(集団生活でも)、防衛的に対処できなくなり
全面的なテロ合戦になってしまったときは、繰り返すが防衛は限界があ
るから、攻勢的対処つまり殺された分だけ殺し返すという攻撃を含んだ
死の均衡を作りだす以外なくなってしまうのだろうか・・・!?

167 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 00:06:39
>>162
調査の尾行といやがらせ(ストーカー的)尾行があるというだろ。
いやがらせしてんのに気づかれなかった公安がさみしくて「じゃあ存在
だけ気づかせて帰るべか」と思ったんじゃね? ということ。

168 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 00:52:32
>>160
漏れは尾行してくる公安を摘発して、「写るんです」で写真を撮ってやった。
そうしたら、報復的にいろいろと嫌がらせをされた。
アジトを張られたり、職場に来られたり。。。

169 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 07:55:03
>>166そういうことだと思う。
如何なる手段を駆使しても絶対防衛、完全完璧な防衛など有り得ない。
それこそ神戸の山口組総本部みたいな「要塞」に住むしかないだろう。


↑こちらがあんまり挑発すると公安も面子があるからムキになって嫌がらせ弾圧をしてくる習性が奴らにはある。
何といっても奴らは公費を湯水のように遣うことのできるプロフェッショナルなストーカーなのだ。
ニャンケ氏がエッチビデオを借りようとして公安デカに肩を叩かれてギクッとなり、エッチビデオのレンタルを断念したとレスしていたが根性のない奴だ。
俺だったら躊躇せずに10本ぐらい堂々と借りて来て、例え女性同志から大顰蹙を買い阻止されても、例え山のような原稿量の「実践と省察」を書くことになっても、アジトの中で大音量で視聴してやる!

170 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 08:12:16
宮崎学が『突破者』の中で「自分の部屋に友達の友達の友達の友達みたいな全然知らない奴がいつの間にか住み着いている」「だから、今流行りのオタクや引きこもりになんか成りようがない」と語っていたが、まさにそうだよな。
60年代末のヒッピー文化華やかなりし頃の若者たちにとっては、コミューンを形成することが当たり前であり理想であったのだろうか?
まあ、海外なんかは若い頃に気のあった者同士で共同生活するのは今でも当たり前だけど、一人一部屋とプライバシーは確実に保証されている。
日本では住宅事情もさることながら、我々の場合は経済的な事情もあり、一人一部屋という形式にはいかなかった。
最高10人で一つのアジトに住んでいたことがあった!

171 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 09:46:55
>>170
ルームシェアは今の日本でも普通にあるし。
若いうちは、多少不便に感じても共同生活というのはいいもんだと思うよ。
オレもアジト生活でかなり鍛えられた。「他人」という存在について無関心では
いられない態度というものが備わった気がする。
掃除・洗濯・炊事もイチから教わったし。
ある程度の歳になったら卒業しないと、ヘンな大人になっちゃうけどね(笑)。

172 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 10:36:43
22−3歳までかなぁ…?
所謂学生時代のみ。
30歳までしていたお陰でヘンな大人になっちゃったよ!w
まっ、俺よりも長く共同生活をしていて、俺よりも年長者は更にヘンな大人だったけどね…

173 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 18:08:48
24-25歳の頃。6畳一間、玄関・トイレ共同のアパートにカギもかけず住んでいた時、
家業を継ぎたくない一人息子の友人が居候しにきた。
そこに旅人みたいな年上のオネーサマも居ついた。
会社帰りに全く別の友人と呑んでいると、そいつが「親と大喧嘩した。
しばらくお前のとこにおいてくれ」という。
で、飲み終わりそいつと俺に部屋に行くと、
すでに居候している友人とオネーサマがカレーを作って食べていた。
俺「こいつも、しばらくおいてくれ」
・・・・・6畳一間で4人生活かよ!

やがて、そんな居候たちもそれぞれ出ていき、マターリ一人生活。
ある日、仕事を終えて夜遅く帰ってくると、いつもカギをかけていないのにカギがかかっている。
ドンドン、ドアを叩くと
まったく別の友人の彼女が中からカギを開け、「おかえり」。
パジャマ姿で、俺の布団をひいて寝ていた。

当時、考えてみたら、俺も引きこもれるわけねーな(笑)。



174 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 18:46:21
>>173
お姉さん美人だった?

175 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 18:55:37
>>173
何で、そんな凄まじい事態に陥ったんだ?
決して快適ではない住居なのに。
人が良いとしか言いようがない。

176 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 20:14:50
オレは>>173じゃないけど、若い頃ってそんなもんじゃないのか?
今の若い香具師らは知らんが。
オレも活動から抜けて一人で安アパートに住んでいた時は入れ替わり立ち代り
友人が出入りしていたな。
友人の友人とかそのまた彼女とか全然知らないヤツが夜中に来て泊まってて、
「オレ大学行ってくるわ」って言うと布団の中から「行ってらっしゃ〜い」。

大学から帰ってくると友人の友人とその彼女がコタツに入っていて「お帰り〜」。

「お前ら絶対セックスしたよな?オレの布団でセックスしたよな??」と思ったけど
まあそういう生活に特に疑問を感じなかったのはあのアジト生活があったからか。

177 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 20:45:17
アジト生活でセックスできたの?

178 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 20:48:24
学生の間だけだったら、ましてや活動家でなければ遊び感覚で気にならないとは思うけど、労働者になってからだと日々の疎外労働に打ちひしがれて帰っても、更にそこに煩わしい政治生活があると思うと嫌になったよ。

179 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 20:52:01
>>177
ラブホに行ってた者同士が多数。
やはり政治・思想的な空間では、なかなかそんな気分にはなれない。
もっとも沢田体制の1000では、そんなこともあったらしいが。

180 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 20:58:14
>>179
>もっとも沢田体制の1000では、そんなこともあったらしいが。

うん。あったらしいねww

181 :革命的名無しさん:2006/06/16(金) 21:05:14
ゲンジはそういう点ではキャパが広いからな。
当時の俺だったらアジトで行為中のカップルを発見したら怒鳴りつけていたかも知れない。

182 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/16(金) 22:01:27
わーい。シモネタ歓迎。
>>169よ、てめえ、やれるもんならやってみー。
公安に肩叩かれたあとに○○○が立つか?
山のような実践と省察を書けって言われりゃ書くけどよ、
○○○、女性同志に糾弾されながら、カケるかー?
・・・ふっ、まあ、若かったからな、俺たちも。

183 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 01:17:39
>>182

ニャンケさん、工 口 親 父・・・

こっちはそんな事一切無し!
でもテレクラでブルジョア女引っ掛けて食べてますた。

184 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 01:19:52
>>177

蕨の近辺のラブホって西川口かい?

185 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 03:23:46
>>182ヘタレニャンケと違って俺はAV50本ぐらい借りて視てやるよ!
女性同志にボコボコにされながらもアジトの中でエロビデオぐらい堂々と視られなくてゲリラ・パルチザン戦闘が出来るか!
それが戦旗派魂だ!

186 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/17(土) 06:31:20
>>185の戦旗派魂には負けた。(んな戦旗派魂あるかい)
エッチ・ビデオ50本もボコられながら見たら
きっと二度とたたかえなくなりそうだもん。
・・ふっ、まあ、エロオヤジになっちまったな、俺たちも。
さて早朝から快調だ。仕事仕事。いってきまーす。

187 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 07:21:01
戦旗魂を言うならそんな女性差別的なビデオなんて見るな!
インターみたいになってしまうぞ!

188 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 07:46:37
フッ……↑そんな堅苦しいことを言っているようでは、まだまだだのう。

精進せい。

189 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 07:50:09
エロライター小林ギヤなんかよりも、俺のほうがエロの真髄を理解してるぞ!

190 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 08:05:55
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったとか。最近、愚息が
何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、
「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、そうすれば大きな世論ができて、やがては政治を変えることができるんだよ、高田健さんが”フリーター・
メーデーに参加していた人びとの一部からは、この間、WPNへの不当な非難を受けて、腹に据えかねる思いがある”といっていたけど、おいらも同感だ〜い」といって張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、
タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係では
ありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


191 :元コケチュン:2006/06/17(土) 10:16:35
みなさん元気そうで何よりです。


荒さんに任せず、みなさんが新しい組織を立ち上げてはいかがですか?



192 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 11:05:11
>>191
組織を再結成するとか、そういう発想は全然ないですねぇ……。
ブントの場合はコケてからも何かしらの行動をする奴は、草加氏や土岐氏みたいに飽くまでも個人で勝手連的に行う人達が多かったりしますから。
っていうか、荒岱介という存在の有無に関係なく、みんな「もう党はこりごり!」みたいな感じだと思います。

193 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 11:10:33
それから荒岱介引退後のブントの方向性については現役の連中にお任せです。
きっと若い彼等がブントを健全な反戦・反体制運動へと導いてくれることでしょう。

194 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 11:10:48
>>185
ただ見るだけ? パンツおろさないの?

195 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 11:15:41
女性同志の前で、下半身丸出しでエロビデオ見るのか。
M男クンなら、たまらないシチュエーションかもね。

女性同志に耳元で「女性差別野郎」といじめてもらえば、
新しいエロの境地に目覚めること間違いなしだぜ!

196 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 12:03:09
↑キミ大丈夫か?ww

197 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 12:10:47
でも、50本も視るのは苦痛だぞ!
基本的に映ってるものは同じでストーリーなんて有って無いようなもんだからな。
やはりエッチビデオ鑑賞会の開催はニャンケ氏に全面的に委任しよう!

198 :195:2006/06/17(土) 12:17:08
おれはやらんよww
このアイデア、SODあたりが買ってくれないかあ。

199 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 15:19:24
↑もう、そんなアイデアは市場に出尽くしてるよ。今さら通用せん!

電車男ネトウヨバージョンは?
連日連夜、2ちゃんや左派系サイトへのヘイトコピペとヘイトレスに明け暮れるニートのネトウヨヲタク青年が秋葉のメイドカフェに寄った帰りのある日……
萌え〜!(*´∀`)=зハァハァ

とかいうやつは?

200 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 15:27:47
「過激派」を前面に出すんだよ。
ノスタル爺に回春効果が出てくるかもしれんぞ。

201 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 15:46:19
>萌え〜!(*´∀`)=зハァハァ

萌えキャラはどんな感じ?もう少し具体的に頼むよw
例えば…。

緑の党街頭募金たん?
アールビバン(orアールブリアン)の絵画販売勧誘女たん?
駅構内に貼ってあるポスターの二次元キャラたん?
石○電気で握手会やってるアイドルたん?
早○田塾秋葉原校受講生のセーラー服たん?

どれがいいかいのう。

202 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 15:49:28
とらの○なで買ったエロ同人誌のヒロインたん。

203 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 15:55:19
AKB48の皆たん。

204 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 15:57:36
>2ちゃんや左派系サイトへのヘイトコピペとヘイトレスに
>明け暮れるニートのネトウヨヲタク青年

別にウヨでなくてもいいだろ。イマジネーションが広がらん。

205 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:00:56
そういや、ウヨじゃないけど、サヨヲタが秋葉をデモした記憶が…。

206 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:01:36
う〜ん…やっぱりストリートアイドルだな!
テレビでやってたけど、秋葉原電気街の路上でカラオケ装置を持ち込んで歌ってるヲタク狙いのアイドル予備軍の娘。

その秋葉系ニートのネトウヨ青年は、トンデモヘイト漫画本『嫌韓流』『嫌韓流2』を啓蒙も兼ねて無理やりストリートアイドルの娘にプレゼントしようとする。

207 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:05:41
いきなり本をプレゼントか?
まずはカメ子からスタートしなきゃ。

208 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:07:56
うーん…やっぱりネトウヨ青年だとイマジネーションがいまいち拡大しないかなぁ?
ヲタクとネトウヨっていうのがどうしても結合してしまうから…
じゃ、普通のヲタク青年か若しくは葉寺覚明みたいなサヨ文献収集趣味者を主人公に?

209 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:10:24
そして何故かいきなりニャンケ氏が登場する!

210 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:18:49
じゃ、脚本を全面的に書き換え!

主人公は葉寺覚明みたいな共産趣味者で萌え〜!の対象はストリートアイドルの娘。
他に登場人物は二人の恋路を妨害する役としてニャンケ氏&警視庁公安デカ。
これで決まり!

211 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:20:33
>葉寺覚明みたいなサヨ文献収集趣味者を主人公に?

それ、もっと難しいよ(苦笑)。風説では彼女いるらしいけどね。
彼の場合、あまり秋葉原のイメージっぽくないし。
図書館司書たんとか、同郷らしい台湾人たんなら、まあ想像つくかも。
それとも、いずみちゃんとくっつける?

212 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:22:10
ある日、趣味者青年は神田の古本屋街からの帰路、ついでに立ち寄ってみた秋葉原電気街の路上で歌うストリートアイドルの娘に一目惚れしてしまう。

213 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:23:09
ニャンケ氏もアイドル追っかけ?
それなりに年いってるのに元気なスケベという感じ?

そりゃおもろいかもね。

214 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:26:38
アイドル出すなら、忘れちゃならない方がおられる。
その名も、竹田誠東京大学経済学博士DA!

215 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:28:53
そう!
ニャンケ氏は青春を取り戻そうと、偶然見つけたストリートアイドルに一目惚れしてしまう。
だけど厄年のオッサンだから女を口説く手練手管には長けている。
ストリートアイドルを口説いている最中、ニャンケ氏は公安デカに肩を叩かれる。

216 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:32:18
アイドルヲタと云えば、いずみちゃんだな?
いずみちゃんも出演させよう!
ついでに荒さんも出演させよう!

217 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:35:27
アイドルヲタといえば、モーヲタのさとさともいるじゃないか!

218 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:39:37
ちょっと待てよ!みんな聞けよ!

やっぱりさ。
普段キャンパスで対立してる党派の女性メンバー相手が一番萌えるだろ?

毎日のように「脱落派!」とか「日向カクマル!」とかキンキン絡んでくる姉ちゃんがだぞ、
セクースに持ち込んだ途端に..
(*´Д`)ハァハァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \ア / \ ア / \ ア

オレってつくづく女性差別主義者だったと思い知った。


219 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:41:48
ニャンケ氏も荒さんもヲタクとは対局的な存在だから、ヲタクの敵役としてはピッタリなキャラかも知れん。

220 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 16:43:36
おれ、まだ政治もセクトも知らない、初々しい新入生たんのほうがいい。

221 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 17:26:50
>>220
それだったら別にこのスレで語らなくてもいいじゃないかwww

222 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 18:01:17
そんなことないぞ。先輩として、マンツーマンのオルグだぞ。
昼は一緒に機関紙で学習は当然だが、重要なのは、夜のオルグだ。
夜、初々しい新入生たんと同志的な愛をはぐくむのだ。まいったか。

223 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 18:17:44
http://www.yin.or.jp/user/houousan/gallary/yam1.htm

ヤマネ近影

224 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 18:26:06
(  ゚∋゚)暇人が多いな。

225 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 18:57:25
↑お前に言われたかないぞ。

226 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 22:14:59
ってことは
アジトがガサに遭ったときに皆が隠し持っていたAVやエロ本や同人誌が見つかったんだ。

長田が「俺たちは禁欲主義者じゃない」と言っていたのが思い出される。

227 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 22:20:51
>>226
まだ荒にしがみついてる長田か。。。

228 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 22:35:33
感性の解放なのだ。これでいいのだ。

229 :革命的名無しさん:2006/06/17(土) 23:30:04
結局、趣味者青年の恋路はどうなるんだ!
そして恋敵ニャンケ氏はどう動く?

続き書いてクレークレークレー。

230 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 00:02:23
趣味者青年が萌え〜っ!とか言ってストリートアイドルの娘に迫っているところをニャンケが出っ腹で体当たりをして妨害するんだ!
それで二人はストリートバトルを展開する。
そしてストリートアイドルの娘は偶然通り掛かった荒岱介に仲裁を求める。

231 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 00:11:46
だが荒さんは「俺は獄中にいたから関係ない」と立ち去ってしまう。

232 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 01:37:28
そう言い残してポルシェに乗って颯爽と去ろうとする荒たんだったが、
駐車違反で摘発されてしまったのだった。

233 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 03:52:30
その光景に出くわし、大喜びする小林ギヤ、さとさと、いずみちゃんの三人。

一方、ニャンケと趣味者青年のバトルはニャンケの圧勝に終わった。
意気揚々とストリートアイドルをラブホへ連れ込もうとするニャンケ。
しかし、公安デカがニャンケの肩を叩く。
肩を叩かれギクッとするニャンケ。

234 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 09:25:48
実を言うと、ストリートアイドルは、まだ未成年なのであった。
児童買春法違反でタイホされてしまったニャンケ。

235 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 09:36:38
この事態を知った山本夜羽音は…。

236 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 10:01:23
ニャンケは「サーゴクイリイミオーイ」とだけ呟いて後は黙秘。

アイドルは一応、今は亡き桃井優をイメージ

237 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 10:11:59
完全黙秘非転向を貫徹するニャンケが女公安に卑猥な拷問をされる。
女王様役は『ギャルサー』出演中の鈴木えみ若しくは新垣由衣。

238 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 10:19:15
もとい。
ニャンケは二人の女王様に卑猥且つ残酷な拷問をされる。

えみちぃ女王様:「この腹だけ出た醜い雄豚がぁーっ!」
ガッキー女王様:「禁酒禁煙に挫折した暴飲暴食オッサンがぁーっ!」

239 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 10:27:09
訂正
新垣由衣×→結衣〇

一方、ニャンケが検挙されたことにより恋敵がいなくなった趣味者青年は、ストリートアイドルに再度迫る。
そこに、よねざわいずみちゃんとさとさと&小林ギヤが妨害に現れ……!
さとさとは手にしたトラメガで何かワケのわからぬことを大声でアジりはじめる。

240 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 10:48:08
>>230
本人知ってるけど、趣味者青年がアイドルに萌え〜はかなりヘンだw

>>236
桃井優ってだれ? どこかに画像ない?

241 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 10:50:26
彼らがもみあっている最中、さとさとのトラメガのコードが切れてしまった。

242 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 11:38:43
そのとき法大市谷校舎の人並みの中に

243 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 12:26:44
さとさとはトラメガのコードが切れたことをもって、女公安の指示に従って趣味者青年を器物破損の容疑で告訴した。
趣味者青年は逮捕され、ニャンケと同様に拷問地獄へゴーッ!

一方、恋敵がいなくなった小林ギヤとさとさとは、ここぞとばかりにストリートアイドルの娘を口説きはじめた。
いずみちゃんはそんな二人にヤキモチを焼く。

244 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 12:36:32
>>242
自称「創価学会の青年」が、中核派のえらいひとたちに異常なまでに媚びへつらっているではないか。

245 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 12:43:15
そこに偶然通り掛かった荒社長は三人の争いを目撃し、『破天荒伝』『大逆のゲリラ』『廣松渉理解』に次ぐ出版計画のネタにしようと取材するが巻き込まれてしまう。

246 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 12:46:29
エロライターの小林ギヤが荒に向かって叫ぶ。
「『廣松渉理解』じゃなくて、『広末涼子理解』でいいじゃないか!」

247 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 12:49:22
しかし、現場にいたいずみちゃん、さとさと、ギヤはなぜ告訴されなかったのだろうか。

248 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 13:25:56
なにがなんだかさっぱりわからんぞww

249 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 13:37:35
いずみちゃんとギヤは、さとさとの味方だからさ♪

250 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 13:46:13
荒、いずみちゃん、小林ギヤ、さとさとが争っている最中、冥界の廣松渉先生から四人へ御達しが下る。


「アリゾナのデスバレーへ行って修行を積みなさい」

251 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 14:37:33
アリゾナの草原のネイティヴ・アメリカンのテントに到着した四人にジェローニモが諭す。
「よく来たな。これから四人とも砂漠へ行って修行する。ネイティヴ嘘吐かない。ニッポン人すぐ嘘吐く」

252 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 14:55:25
そして伝説超人ジェロニモは「ウララ〜」と叫び、「アパッチのおたけび」で彼らを威圧したのだった。

253 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 15:08:57
>>236
桃井望?

254 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 18:05:32
伝説超人ジェローニモの雄叫びと同時に四人はデスバレーへと瞬間移動した。
なんと四人の周りにはガラガラ蛇がウジャウジャいるではないか!

255 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 18:36:16
http://www.youtube.com/watch?v=hecR6peEzsw

256 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 19:56:20
窮地に陥った小林ギヤ、いずみちゃん、さとさと、荒岱介の4人!

一方、相変わらず日本ではニャンケがえみちぃ女王様に、趣味者青年がガッキー女王様に拷問を受けていた。
それでも完黙非転向をしぶとく貫徹するニャンケ!

257 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 21:18:52
一方で、趣味者青年は株と同人誌を売って保釈金を捻出し、
とっととシャバに出てしまったのであった。

シャバに出た趣味者青年がまず第一に足を運んだ場所は…。

258 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 21:22:11
当然メイドカフェだ!
実はお目当てのストリートアイドルの娘はメイドカフェでバイトをしていたのだ。

259 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 21:28:49
しかしあいにく、その日はストリートアイドルたんがお休みだった…。

260 :革命的名無しさん:2006/06/18(日) 21:40:44
お目当てのストリートアイドルの娘がバ休みだったから趣味者青年は仕方ないので、秋葉原の駅頭でニャンケ救援のための署名と保釈金を募る情宣をはじめた。

261 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 01:04:40
彼が募金をしているそばでは、なんと趣味者青年の重要な観察対象である
日本ボランティア会=緑の党が、「三宅島救援」の募金活動をしていた。

262 :236:2006/06/19(月) 10:21:17
>>253

そそ、桃井望。ロリっぽいほうがいいかと思って。
で、趣味者は誰をイメージする?伊藤敦士?
できれば眼鏡男子キボン

263 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 11:11:10
↑「淳士」じゃなかったか?
やっぱりその線だな。

264 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 11:15:55
緑の党の娘は時東あみのようなメガネっ子だった。
何となく気になる趣味者青年。

一方、ニャンケは未だに鈴木えみちぃ女王様とガッキー女王様による激しい責めを受け続けていた。

265 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 13:08:18
ニャンケ氏も何かコメントするんだ?

266 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 16:57:26
で、タイトルは何とする?

267 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 16:58:39
>>254
ガラガラヘビの後ろには、ジェロニモのほかにも、伝説超人テリーマン、
ジェシー・メイビア、そしてスペシャルマンがいた。

テリーが言う。「ここはヘラクレスファクトリーデスバレーグラウンド。
新入生諸君、君たちもキン肉万太郎のように、悪行超人と戦うんだ!」

268 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 20:37:58
なあ?いつまで続くんだ?正直ワケわかんないんだけど?
多分ここ2〜3日語ってるの二人くらいな気がするんだが..

269 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 22:03:30
>>268
いつのまにか「一行小説」状態になってるだけと思われ。
それに、二人どころか、もう少しいると思われ。
でも、確かに本スレとはスレ違いだろうが、おもしろいはおもしろい。

これにはちょっと、ニャンケ同志のスケベパワーが必要だ。

270 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 22:19:52
今日本屋にいって「破天荒な人々」とかいうインタビュー本を立ち読みした。
前文のところに、連赤も内ゲバも人間のもつ権力欲の表現であり、そのような
権力をめぐる欲望や闘争へ逆立ちした理念の言葉によって突き進むのが左翼
だというような文章があった。それ「あんた自身じゃん」というつっこみは
別にして、結局そんな程度の達観で終わらせるだけなのかと思った。
経済原則と経済法則じゃないが、人間が社会的動物であり、上下、水平、さま
ざまな角度から自らの位置を確認する存在である以上、自己実現をあるシチュエーション
のなかで常に追求しようとするのは当然のこと。だからこそ、民主主義やら
議会制度やら社会保障やらの英知を積み上げてきた。そういう人類的到達点から
して共産主義運動がなんだったかを明らかにできないで、何を語ったことに
なるのか。人間は権力が欲しいもの。欠落したものは過剰を求めるとかの言説が
虚構を暴露しえたのはずっと昔の話ではないだろうか。

271 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 22:24:16
>>270
俺も読んだけど、「荒ってほんと浅いな。お前、60年何見て生きてきたんだよ」
と思うばかり。

272 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 23:22:44
ちょっと方向修正したようです。

「ゲド戦記」ならぬ「下衆せんき」はこれにて終了か

273 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 23:27:24
美人公安による度重なる拷問は、ひそかにすけべなニャンケの中に眠る、
マゾっ気をついに覚醒させ、革命的に呼び覚ましたのであった…。

274 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 23:54:12
ニャンケって名古屋の「おっくん」こと名古屋の岡田雅宏です。

275 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 23:55:56
公安に美人なんていねえよ。
もちろんブ男とブスの集まりじゃねえか?公務員なんて
ブスばっか。

276 :革命的名無しさん:2006/06/19(月) 23:58:09
なんと、二ャンケは真性マゾとなってしまった。
これはギャクラターの仕業にちがいない。

科学忍者隊ガッチャマン出動だ!!

277 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 00:19:06
しかし、ニャンケは科学忍者隊をやめ、田舎に里帰りしていたのであった。

278 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 01:18:53
名古屋の岡田雅宏はいろいろな党派を偽装しますね。

279 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 02:07:21
うちはだいこの妄想野郎はうぜぇーな!
だから違うよ!
何も知らん癖に自分の勝手な妄想を何度も書くな!
マジ、いちど診てもらえ!

280 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 03:07:36
「おっくん」ことナゴヤの岡田雅宏は、四十なかばの政治ごろ。
党派縮刷版を片手に、さまざまな党派を偽装してます。

281 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 07:39:50
>>277
それはなぜだろうか。時代の流れはあまりにも残酷すぎた…。

南部博士や健たちはすでに引退し、新しい指揮者は竹田誠東京大学経済学博士に、
ガッチャマンは大鷲の健ではなく、青い鳥のカズヒコになってたのだ。

田舎のさびれたキャバレーでヤケ酒を飲むニャンケを誰が責められよう。

282 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 11:33:38
ニャンケはいつものように飲んだくれていた。
ある夜、ふと立ち寄った田舎町の場末の小料理屋の女将さんに恋をしてしまう。
まるで演歌の世界だ!

きたぁ〜のぉ〜さかばどぉ〜りぃにわぁ〜♪
by細川たかし

ロリコンから熟女好きに嗜好が変わったニャンケ氏。

283 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 14:24:05
一方、アリゾナのデスバレーでは相変わらず、小林ギヤ いずみちゃん さとさと 荒岱介が悪行超人たちと死闘を繰り広げていた。
息つく暇もなく耐えず襲来する悪行超人たちを倒し魔の十三階段塔を一段ごとに登り切って頂上を制覇しなければ修行は完了しないのだ!

魔の十三階段塔の頂上に立つジェローニモが宣告する。
「荒よ!この塔を登り切ることで、少しは管制塔戦士たちの心情を理解するのだ!」

284 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 16:36:49
ラスボスは、なんと江頭2:50(大川興業総裁)だ!
江頭2:50は塔の頂上で『エガラップ』を踊っている。

285 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 17:58:21
「バカヤロ!何で俺があんな気持ちわりぃ芸人と決闘しなきゃなんねぇーんだ?」
荒はジェローニモに激しく抗議する。
だが、荒はテレビを滅多に視ないので、エガちゃんによる「江頭アタック」の威力と破壊力の凄まじさを知らなかった…

286 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/20(火) 18:21:32
あんまりにもつまんないんですが、なにか。
ずっとやってんの?

287 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 20:57:50
ニャンケ氏なら、その辺のノリを理解してくれると思ったのにぃ〜!

288 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/20(火) 21:52:03
おもしろければ理解したんですが、ごめんなさい。
エロのセンスが違いすぎたようです。
文学的メタファーだとしても、傾向が違いすぎます。
シモネタや本音トークは嫌いじゃないけど、
残念ですね。のれません。

289 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/20(火) 21:57:47
>>270さんのご意見に一票。

>経済原則と経済法則じゃないが、人間が社会的動物であり、上下、水平、さま
ざまな角度から自らの位置を確認する存在である以上、自己実現をあるシチュエーション
のなかで常に追求しようとするのは当然のこと。だからこそ、民主主義やら
議会制度やら社会保障やらの英知を積み上げてきた。そういう人類的到達点から
して共産主義運動がなんだったかを明らかにできないで、何を語ったことに
なるのか。

まさにこういうご意見こそ、究極に美味なるエロスではないでしょうか。
僕が思うに、荒さんはローティーを勉強しはじめたあたりから、
そういう問題意識を放棄したのではないかと思います。
少なくとも、「行動するエチカ」あたりまではそういう問いと向き合っていた。

290 :革命的名無しさん:2006/06/20(火) 22:59:06
>>287
ゴメン。実はオレも何が面白いのかサッパリ分からないんだ。


291 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 00:44:07
ここはひとつ、ニャンケ師のエロ道、スケベ行為のエチカをご教授頂けねば…。

292 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 01:32:23
つーか、ちっともエロ小説になってなかったしぃ〜!
ただの冒険小説だったしぃ〜!
(`ε´)

293 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 01:43:40
しょうもない。つまらん。
この板であえて書くことか。
誰も見てないということの証左だな。
SENKIの没落とともに板も腐っているな。
風呂のたき付けにもならんな。

294 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/06/21(水) 01:56:32
ごめん、私も面白くないです。
久しぶりに来て、o(・_・= ・_・)o、なんだこれは。どうすりゃいいの状態になりました。

つーかまあ、リレー小説つーのは、参加している人だけが面白いわけで、参加してない人が面白くないのは当たり前なのですが。

295 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/06/21(水) 02:02:17
あ、でも、>>230-232あたりはワロタよ!

296 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/21(水) 06:15:39
私個人的には、>>281->>282あたりワロタよ。
ニャンケをオトナに描いてくれてありがとう。
出っ腹で体当たりキャラに固定化される危機でした。

297 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 06:44:22
ちっともエロくはなかったけど、ギヤの駄文よりは全然面白かった。

298 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 07:11:30
>>289
ローティを読んだ辺りからとか、そのような観念的というか高尚なことではないと思われ。
『大逆のゲリラ』中で述べられているような身辺で起こった事態による消耗感だろう。
もっとも荒の心中を察したところで何にもならないが…

299 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 16:13:27
岡田雅宏が党派縮刷版片手に書き込んでいる

300 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 18:40:42
↑だから違うって言ってんだろ!
うちはだいこは何も知らん癖に、いい加減に妄想しつけぇーよ!
お前と青い鳥は一回マジで診察してもらえ!

301 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/21(水) 20:22:20
>>299さん。うちわだいこって人なんですか?
かわいそうなので、正直に言いますが、
ニャンケこと私は、岡田某なる人物ではございません。
人違いです。ニャンケ本人が言うんだから安心してね。
党派縮刷版とか一冊も持ってませんから。
本当にしつこい妄想に苦しんでるようなので。

302 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/21(水) 20:29:18
>>298さん。
確かに荒さんの心中なんてものを察してどうなるってもんじゃござんせん。
あなたのおっしゃるように、89年から90年代初めにおこったさまざまな出来事、
制度疲労とでもいえるような内部矛盾や人間として必然的な葛藤が、
パラダイム・チェンジのヒキガネになってるのは間違いないと思うし、
当事者としても共感できる部分が含まれていました。
しかし明白に荒さんがノーメンクラトゥーラ的精神世界にはまりこみ、
ブントの政治主張が極右とまるで区別のできないような反米愛国化した契機を
きちんと捉え返さなければ、彼らの目指す「第三の道」も具体的なものにさえ
ならないのではないかと危惧して、そう言ったまででございます。
反論をお待ちしております。

303 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 20:42:17
>ニャンケ氏
“うちはだいこ”という人物像については『反戦・反ファシズム日本国憲法擁護連合について語る』というスレに詳しく書かれているよ。
反戦・反ファシズム日本国憲法擁護連合というのは、中核派勝手応援団うちはだいこが管理人のブログ。
うちはだいこという輩は、どうやら極度の妄想癖を有しているようで、猫のハンネを名乗る者は全て生長の家信者の謀略云々と騒ぐ、一言でいえばデンパ系のイッちゃってるヤツ。
また彼は、アッテンボロー氏をはじめとする色々な左派系サイトの管理人を根拠なき誹謗 中傷をしてまわっている悪質なネットストーカーでもある。(アッテンボロー氏は絶縁宣告済)
本当は基本的にビョーキの人だから相手にしないほうが良いんだけどね。
いずれにせよ、彼については上記したスレッドとアッテンボロー氏のブログに詳しく書かれているよ。

304 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 21:30:25
>>302ニャンケ氏
了解です。それはその通りだと思われます。
だけど僕は「思想の体系」というよりは、もっと身近な出来事。
ニャンケ氏もご存知なように95−6年頃に荒氏が手塩に懸けて育成したQB T、Hの離脱とか、或いはその前年に腹心であったSの離脱とかが大きく起因しているように感じています。
このスレの上レスで連合赤軍の総括リンチ処刑を巡って色々と討論されてますが、問題の底流に在るのは極めて卑近な出来事だったりしてるとは思われますね。
荒氏の場合は、そうした具体的な出来事に対する総括をおしなべて観念的というか、イデオロギー的な粉飾を装って語ることによって本質論を言い当てたような傾向に陥っているような気がします。
そういう点でいえば荒氏に問われ必要なのは、真摯に具体的に自分を「実践と省察」することだと思われます。
それから通底している問題の要は、意外に簡単な事柄のように思います。
そのものズバリ荒氏は消耗したんですが自分がコケるわけにはいかない。だから組織そのものを無難な闘わない生活安定保障が可能なものへと転換させただけですよ。
僕はそれが結果として良い方向へ行けば必ずしも否定はしません。
しかしながらローティを持ち出したりとか「第三の道」とか、或いはNPO法人取得の可能性を現在模索しているのも、所詮今の在り方では、唯一者の党の唯一者である荒氏の政治生命と体裁を取り繕うものにしかならないとは思いますね。
ブントが健全な反戦・反体制・環境団体として真に再生するには、一刻も早く荒氏を引退させてその呪縛から解放されて自由になることです。

305 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/21(水) 21:30:36
>>303さん、ありがとうございます。
ぜんぜん知りませんでした。
うといよな、まったく。
今後気をつけます。


306 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 21:45:13
それからニャンケ氏、ブントの反米愛国は「極右」というよりは、新右翼一水会に似たり寄ったりというか、寧ろ代々木共産党と何の違いがあんの?みたいなもののように思いますね。
彼等は「第三の道」の学習会をした合宿の後で「アブナイ方向へ行きそうだった…」とか感想を述べていますが、その“アブナイ方向”だって荒氏が提示していたものです。
その点については誰も何の追求もしないというのは果たして健全な組織の在り方と有り様といえるのでしょうか?

307 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/21(水) 21:55:06
>>304さん。
確かに、理念ではなく、
卑近な出来事こそが契機となり底流にあるというのは、
そのとおりだと思います。
愛憎好悪、喜怒哀楽のような感情ほど強い動機はありません。
しかし荒さんを過大視しすぎてはいませんか?
もはやブントはかつてない苦境にあるように思えてなりません。
組織を支えつづけてきた良質な活動家を絶望させ、失い、
運動の現場を担っている現役のアクティビストにすら失望しか与えない荒さんは、
かつてのような権力的存在でありつづけることすら困難でしょう。
でもいちばん苦しいのは末端で活動している若者たちではないかと思います。
何もしてやれないネコの分際ですが、
僕は最後の一人になっても、そういう若者たちのシンパでありたい。
我々の知らぬ若者たちが、必ず、ブントを蘇生させると信じています。
ゆえに、第三の道が「良い方向」へ行くため、考え続けようと思います。
荒さんが引退したあとの内容こそが問われるからです。


308 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/21(水) 22:07:20
>>306さん。そうか、極右じゃなくて、日共に似てるのか。
なるほど。そうかもしれませんね。

私見を述べさせていただくと、公然と荒さんの責任を追及できないから健全な組織じゃないと、
それは違うような気がします。確かに、愛国路線の発信源は荒さんです。
誰が見てもわかることは現役の人たちにだってわかってるはずです。
しかし、感情的に受け付けない老人相手に何を言ってもムダだという対応は、
ブントにかぎらず、長老をかかえる組織なら、どこにでもありうる対処でしょう。
問題は、アブナイ方向の根源をきちんと見出して、そこまでの論理的遡行、
つまりアンインストールがこの組織には必要なのではないかと思われます。
やはり「左翼思想のパラダイムチェンジ」と「行動するエチカ」を起点に
思想的結集軸たる「党的価値」を再構築すべきだと提起したいのです。
第三の道はローティー(仲正氏)をリセットした地点にしかありえない。
ローティーは、基本的に、現状肯定イデオロギーでしかないでしょう。


309 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 22:27:54
まっ、ニャンケ氏の場合は“見守る”で、僕の場合は敢えて“見放す”。
この違いはあるでしょね。

310 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 23:45:43
ニャンケさんは元々どこのメンバー?


311 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 23:50:37
>>310

ニャンケは元ブントだって自称している詐欺師。


312 :革命的名無しさん:2006/06/21(水) 23:54:58
↑質問の意味不明。
ニャンケ氏は元々戦旗のメンバーだよ。
ニャンケ氏は元戦旗派のメンバー以上以下でもない。
それ以上のことは知ってるけど個人を特定してしまうので答えられない。
ヘンな妄想に耽るのはいい加減やめたら?

313 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 00:01:32
ニャンケ氏は元々戦旗のメンバーだという確たるモノをしめさないとね。
自分でいっているだけでは信用できない。ニャンケの発言は、ほとんど
スレスレでしかないからね。


314 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 00:01:42
>しかし、感情的に受け付けない老人相手に何を言ってもムダだという対応は、
>ブントにかぎらず、長老をかかえる組織なら、どこにでもありうる対処でしょう。
>問題は、アブナイ方向の根源をきちんと見出して、そこまでの論理的遡行、
>つまりアンインストールがこの組織には必要なのではないかと思われます。
横レスですが。
私には、こういうふうに頑固な長老と道連れの子供達という捉え方に全てを
還元することは現在のブントを理解することにはならないと思いますね。
@荒氏が権力を握り続けるには、それなりの理由があります。権力を握って
いるからできることと、権力を握れる理由は後者が前者を前提しているのであって、
その逆ではない。少なくとも相互作用です。
A明らかに、パラチェンという方針は、ある現実に対する根拠のある対応であって、
(それを元活が認めるかどうかは全く別ですが)
全く意味のないことにブントの成員が「引きづられている」わけではない。それは、
指導部の「主体的総括」を経たものではないかもしれないが「路線転換」であることはまちがい
ありません。

ちなみに、路線提唱の責任の所在が問われないというのは、この組織の決定的に私党的な
側面をあらわしているとは思いますが。

315 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 00:38:38
どこ=ブロック


316 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 00:43:21
>>314

同意します。
さらに、

> しかし、感情的に受け付けない老人相手に何を言ってもムダだという対応は、
> ブントにかぎらず、長老をかかえる組織なら、どこにでもありうる対処でしょう。

という対応は、何も問題を解決しないことを知るべきでしょう。
あの日本共産党でさえ、長老・宮憲を引退に追い込んだのですから。
(そのかわり不破が新たなボスとして君臨したが。)
ブントがもはや老害以外の何者でもない荒を排除できないなら、未来はない。
たとえ、パラチェンが妥当なものであっても。

317 :232=281:2006/06/22(木) 01:05:56
いやはや、不評を買ってしまったことは自己批判せねば…。
また、「おもしろい」と書いて戴いた方々には感謝。

もうひとつ。実はさるコテハソなのだが、たいしたことでも
なかろうと思い、「名無し」で書いてしまったのであった。

反省反省。ぺこり。

318 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 04:30:29
>>313お前については最早アホっ!としか言いようがない。

319 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/22(木) 21:13:20
>>314さん。すばらしくエロチックな書き込みに発情してます。

>権力を握っているからできることと、権力を握れる理由は後者が前者を前提しているのであって、
その逆ではない。少なくとも相互作用です。

まったくそのとおりだと僕も思います。
ゆえに、前の書き込みで誰かが言っていたような、
荒さんを公然とヒラ場で批判できず「あぶなかった」とか言ってる現役諸君が
不健全だとかって、そういうのは違うんだと言いたかったのです。
少し想像力を働かせて、実際自分達自身がまだ活動してた頃に、
自分たちの党や指導部が今のブントのようだったらどうなのか?
考えてみれば、彼らの苦悩の深さには涙が出ます。
確かに老害長老と道連れ子供の図で全てを言えたつもりにはなってませんが、
何よりも運動の現場で奮闘している若者たちが救われなくてはならない。
彼らのように若き日に腐敗した指導部を突破して東大でたたかい傷つき、
ベトナムで北で生まれて南で死んだ無名兵士たちのように生きたいと願った人が、
自分だけはノーメンクラトゥーラでいいんだ、
自分ひとりが著名人有名人で、あとはみんな「ただの庶民」だと、
そんなふうに考え方がたとえ今変わっているとしても、
思想的体系を整理しなおして、ブントを蘇生させようとしている人々の労苦が
「第三の道」の全人民的運動としてやがて報われる日が来たならば、
そう思いきれない何かが蘇生され、必ず、何かを思い出してくれると願ってます。


320 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 22:02:49
「自分ひとりが著名人・有名人で、お前らは全員ただの庶民だ!」
「何故ならば、俺が一番長く闘ってきて傷ついているからだ!」
付け加えたけど、まさにニャンケ氏が言い得て妙な心情なのだろうな…荒氏の独り善がりなエリート意識…

前にも現役のメンバーが「駄目な指導者一人のためにブントを見捨てる気にはなれない」「何故ならば、自分はブントに人生を賭けてきたからだ」と書き込んでいたけど、辞めた者としては尚もしがみついている現役メンバーを信じて頑張れよ!としか言えないな。

321 :革命的名無しさん:2006/06/22(木) 22:59:49
連赤問題についてですが、植垣氏の本を読むとはっきりわかりますが、私は
まず@路線の問題を避けることはできないと思います。あれだけ、組織に非合理なストレスが
生じたのは、明らかに「ゲリラ戦争路線」「前段階武装蜂起」「銃による
殲滅戦」とかさまざまに形容される、つまりは、赤軍という小グループが
五月雨的に行う武装闘争の末に人民大衆の武装蜂起が喚起されるはずだという
きわめて観念的で夢想的な方針、いや、かの時代の雰囲気とでもいえる運動
こそ行き詰まりの政治的側面でしょう。ここに手を触れないで連赤問題を
語ることは絶対できないはずです。高度経済成長下の労働者大衆が当時なんの
ために自らの生活を捨てて武装闘争に立ち上がる必要があるのか。そんな当然の
観察が日本共産党を「左」から批判した学生行動左翼には全く意味をなさなかった。
その一点からして、連赤が「必然化」したことを、新左翼はしっかりと見据える
べきでした。

322 :革命的名無しさん:2006/06/23(金) 09:12:02
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。最近、愚息が
何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない
市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店が
ないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、"普通の人、普通の人"というけど、”共産主義者による建党協議会"のメンバーの高田健さん自体が、"普通の人"でないじゃ〜ん、このスレでも見られるように
共産板の全スレに一分間隔で24時間落書きをしている親友のLPGだって、自分のことを"普通の人"と思ってんじゃ〜ん、LPGの自慢をするわけじゃないけど、一日に一スレに落書きをした最高は562回だぜ、一回一分にしても
これだけでも10時間だぜ、それだけじゃないぜ、一日に落書きをしたスレの最高は、164スレだぜ(一スレへの落書き回数は考慮せず)、おいらの友だちのすごさが、わかろ〜つ〜もんだ!」と友だちをほめたたえることも忘れることなく
張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違い
ないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


323 :革命的名無しさん:2006/06/23(金) 14:20:41
自給1500円でももう情宣はやりたくない

324 :革命的名無しさん:2006/06/23(金) 14:36:18
岡田が得意げにしゃべっている。

325 :革命的名無しさん:2006/06/23(金) 14:52:10
>>324うちはだいこは取り敢えず病気を治せ!


>>323
情宣とは文字通り情報宣伝活動の意。
何かの緊急事態の際に大衆に真意を訴えるのが本来の在り方。
我々が年柄年中行っていたのは情報宣伝活動ではなく、その闘争・集会へ向けてコジツケた政治課題を掲げたキャッチセールスと同じ。
ああしたカタチの情宣は二度としたくはないけど、俺自身は何か有事の時はやっても良いと思っている。

326 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/23(金) 21:00:44
>>325さんに同意。
おもしろいとか楽しいとかって思ったことはなかった。
だってオルグがヘタすぎて、ぜんぜん実りがなかったからなあ。
今の私の書き込みを見てる諸君はよく理解できるだろうね。
スレスレですから、えー、そうですよー、どうせ。
でも何かやむにやまれぬ事態があれば、>>325さんの手伝いはしましょう。
現行隊仕込みのアジはもうできませんが・・(やるなって?)。

327 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 09:55:10
>>326いや、ニャンケ氏のアジはお断りします。
ハッキリ言ってニャンケ氏のアジはスタイルのみで、内容は何を言っているのかサッパリわからん。
当時、編集局や総務もその点は相当批判していたよ。
まっ、二十年経た今更そんなことを書いても仕方がないのだけど…w


当時、我々がノンセクトや市民運動家等から「赤い原理」と嘲笑・揶揄されていたのは、この異常な回数の情宣とアジト生活の励行故。
何しろ首都圏どこのターミナルへ降りても必ず戦旗派各地区の情宣隊か統一協会の「生活意識調査アンケート」が居り、両者とも戦旗はアジト、原理は「ホーム」という共同生活の場へ帰っていたからだ。
原理はともかくも、特に戦旗の場合は80年−84、5年をピークに、88年に荒から所謂「動員機能主義」の総括提起が為されるまでは情宣とそれに伴うオルグの数が凄まじく、倍々ゲームで各地区の動員数を意図的に競い合わせていた。
100地区の動員力を参考に悪名高き「オルグマニュアル」が100地区が中心になって作成されて『組織実践ノート』に所収されたぐらいだ。
本当に本部、現闘、軍以外の各地区と学生戦線の組織活動は、大半が情報宣伝活動という名の街頭やキャンパスでのキャッチオルグに消費されたと言っても決して過言ではない。

俺は正直この情宣が大嫌いだった!
もっとも情宣を通じて街頭等でキャッチオルグをすること以外に方法を知らず、それ自体は否定していなかったから、正確にいえばその回数の異常さと強引なスケジュールの組み込みが嫌いだったのだろう。
いい加減疲弊したよ!そもそもマンネリ化して成果も出せない。
もしも当時こんなことを表明したら右派的だのと批判されたから言わなかったけど、これってちっとも思想的な脆弱性の顕れとかに還元されることではない。
だってネットワークビジネスとか能力開発セミナーとかで行う「物事をマイナスに考えず前向きに!」といったチームワークを通じての共同主観に基づいた自己暗示に他ならないから。

328 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 10:27:22
>>327
そうそう。だから、軍はともかく現地などとくらべて地区とどちらがいいかと
問われれば、面白さは断然戦線のほうがあったよ。
地区ってのは通常の生活からいえば非日常ではあっても、非常に地味な展開が
労働力再生産ぎりぎりの労働強度で延々と続く感じで、次第に摩滅していく
ことが避けられない。普通に出勤し情宣し会議をしオルグをし共同生活をし上納
する。三里塚から帰ってくると地区になかなか適応できなかったもんな。
残ったのがビルと▲×〇●・・・


329 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 10:54:35
>>327
確かにね。日常活動の95%は情宣だったね。
会議だってオルグの進行状況の確認が主だから情宣の延長みたいなもんだった。

しかし80年代の閉塞状況を突破するために党勢拡大は必須課題で、そのためには日々の清涼的な情宣以外に
方法は無いと信じていた。
実際そのお陰で>>327氏の言うように党勢は目に見えて伸張していたのは確かだ。
三里塚に行くと、毎回落ちていくインターの動員と成長していく我々の隊列を比較して
「やっぱりオレたちは間違っていない」という確信を持った。

こういうところが「組織伸長を自己目的化している」という批判を生むんだろうけど
革命党派として組織の伸長を目指すことの何が悪いんだ??という気持ちがあった。
世の中の矛盾を人々に訴え、一人でも賛同してもらえる人を獲得し、共に闘う仲間を増やしていく..。
そのことに疑いは持っていなかったよ。

ただしこれも>>327氏の指摘通り、本当に肉体的にも精神的にも疲弊した。
情宣中こっそり時計ばかり見ているような時もあった。
会議で一週間全く休み無しの情宣スケジュールが組まれると正直心の中では長々とため息をついた。


330 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 10:56:15
>>329
自己レス訂正

清涼的な情宣(誤)→精力的な情宣(正)

清涼的な情宣ならよかったのだがww

331 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 10:59:23
それに機能主義がどうこうと各地区が批判されたりしたが、ようするに戦旗派
全体の問題であって、煎じ詰めれば中央が要求したことにすぎなかった。
「生産性の向上」に向けてどのような質を指導者や組織がもつべきか?これが
第二主体性論文の基本だと思う。観念的な議論よりも何が「できるか」これが
通常の中央=とりわけ荒氏が部下に求めた資質だった。こういう「生産性の
向上」から逆規定するような思考は、当時の組織に普遍的なエートスだったと
思う。それ自体は、普通に企業に存在する思考だけどね。それが集権的指令
システムのもとでおこなわれるところが違う。

ちなみに、「スタハーノフ運動」にみられるように、集権的な指令システムの
もとでの生産性向上運動は、カルト的な動員システムに結果しやすいのではないか。

332 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 11:00:54
>>330
ワロタ

333 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 11:05:03
>>328
そうだね。当時の活動家にとって三里塚現地は本当に瑞々しい気持ちになれた。
まあ現行隊だって日常活動の90%は援農なわけだけど、何よりも「最前線」っていう緊張感や使命感があった。
日常生活の疲弊感とは無縁でいられた。
援農でクタクタに疲れても、地区で日々の情宣で疲弊するのとは全く違っていた。

それに他地区の若い学生との交流は刺激にもなったし、何よりも楽しかったなぁ。
オサダ君もカツヤ君もみんなみんな本当に若かった。
そして三里塚ではメシ代の心配が無いのも魅力だったねww
大体顔色よくなって帰ったからね〜ww

334 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 11:58:18
いつからだったかな。情宣が段々苦痛になっていったのは。
もうあんな屈辱的なことはしたくない。

335 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 12:00:16
所謂『主体性論文』の中で、
「自分は理系の出身だから論文が書けない」
「これは一見自己否定しているようだが、実は違う」
「自分は理系の出身だから論文が書けない」
「だから書けるように努力する」
「これが自己批判的主体性」云々
といったようなくだりがあったと思うけど、これは要するに何のことはない。
マルチビジネスや能力開発セミナーとかで盛んに推奨されている「マイナスは言わない」「プラス志向」とかの類と同じである。
現在、荒は年齢の為かこれらとは対局的な「所詮人間なんてこんなものさ!」路線で開き直っているけど、ちょっとその度合いが極端なんだよな!w

当時は地区の場合は春夏秋冬、会議がある日も平日の夕方から毎日街頭情宣をしていた。
そして情宣でキャッチされた人がマニュアルに沿ってオルグされて、やがてその人も情宣をしてキャッチして……と、まるでネズミ講そのものだった。
無論、当時はそんなことは考えてみたことも無かったけど、今冷静に振り返って思えばそうだ。
そういう点ではカルトチックな在り方と罵られても仕方あるまい。
ところで今のブントは当時みたいに過密なスケジュールではなく、せいぜいグランワークショップの時ぐらいしか街頭情宣による動員戦はしていないらしいね?

336 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 12:10:51
>>331
なんだかなー。それだけ聞くとアクの強い社長とモーレツ社員の集まりみたいで
悲しくなってきたww

337 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 12:16:34
>>334情報宣伝活動自体は決して屈辱的な行為ではないよ。
本当に訴えるべきものがあるのならば署名も集めるしビラも撒く。
我々がやっていたのはそれを口実とした街頭等でのキャッチオルグだったからと、過密な情宣とオルグだらけのスケジュールと、それに対して不満を述べられない自分自身と組織だったから屈辱的で苦痛に感じていたのだろう。

338 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 12:18:41
>>335
>ところで今のブントは当時みたいに過密なスケジュールではなく、
>せいぜいグランワークショップの時ぐらいしか街頭情宣による動員戦はしていないらしいね?

へーそうなんだ。
ここをもし若い現役さんが読んでいたら聞いてくれ。
オレ達は本当〜〜〜〜っに毎日毎日毎日情宣に明け暮れた。
学生なんて昼間大学行脚して、夜は地区の情宣に合流だ。多分新左翼ではダントツの情宣回数だっただろうな。

誰かがこのスレで「戦旗に結集すると大学から姿を消す」と言っていたけど
なんのことはない、どっかの駅前に行けばそのメンバーは簡単に見つかったはずだよ。


339 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 12:20:11
まさに情宣に賭けた青春だったわけだ。
我ながら嫌すぎるwww

340 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 13:10:37
その我々の情宣の度合いに関しては他党派、ノンセクト、市民運動家、果ては一般市民からも笑われていたよな。w
まさに「赤い原理研」とは言い得て妙だ!
悔しいけど当たっている。
だけど本家本元の原理はマジで凄かったぞ!
終電が着く頃の夜中の一時とかでも駅前にて例の「生活意識調査アンケート」を行っていた……

341 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 13:33:07
渋谷で原理の隣でやってたら全然違和感が無かった。
右翼やお水のスカウトに絡まれるたこともあった。
前にいた学校時代の知人がこっちを見てヒソヒソしていたことあった。
後、なぜか一人だけゼッケンを付けさせられて警官に注意されても他のメンバーは皆シカトだった。
外そうとしたら怒られた。今も情宣をやっていた場所に行くと軽いトラウマが起きる。

342 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 13:44:22
正直イライラして機嫌が悪い時には暴れたくて右翼の街宣車がやって来てゲバルトになることを待ち望んでいた。
公然と人を殴れるのはそんな機会しかなかったから。

343 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 13:47:39
そういえば鉄製のゴミ箱で右翼の頭をガンガン殴って相手に頭蓋骨陥没の重症を負わせたメンバーがいる。誰とは言えないが…
よく告訴されなかったと思うよ!

344 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 14:44:03
>>343
そんな凶暴な人は「あの人」しかいないだろww?

345 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 14:45:02
>>341
>後、なぜか一人だけゼッケンを付けさせられて警官に注意されても他のメンバーは皆シカトだった。
>外そうとしたら怒られた。

なんでだ?罰ゲームかなんかだったのか??

346 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 15:01:54
>>341
そうだ、そうだ!
それはあまりにも理不尽過ぎる。
いじめか或いは罰ゲームかよ?

347 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 15:25:14

オレたちの時代はなんであんなに駅頭でがんばらなければならなかったのだ?
オレにはもうわからん。誰か教えてくれ!

348 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 15:32:04
動員と組織拡大が至上命題だったから

349 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 16:01:15
ブレチンはどうしたんだよう!
投稿したいんだよう!

350 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 16:28:56
あーっ!もう、>>347じゃないけど本当にわからん!
昔みたいに右翼でも殴りに行くか?
でも、ソ連が崩壊してから右翼の街宣車も街頭から消えてしまった!
いったい何のために毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日、春夏秋冬、年柄年中、2ヶ月に一回の闘争・集会スケジュールに合わせて情宣ばかりしてたんだ?
冬場は寒くて身体が凍えた。
今みたいな夏場は暑さで熱中症になりかけた。
いったい俺たちは何に駆り立てられてアホみたいに街頭に立っていたのだ?
ルサンチマンとか罵られても構わない!
俺たちは絶対に可哀想だ!
ポルシェを乗り回して遊んでないで責任を取れ、クソ荒!

351 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 17:01:06
実はピースボートに興味を持ったので資料を取り寄せて説明会に赴き専従スタッフに色々と問い合わせた。
彼等はポスター貼りのことを情報宣伝活動というのだが、ボランティアスタッフに登録し、商店に頼んでポスターを貼らせて貰えたら三枚で\1000。
ポスター貼りの準備作業などの内勤業務は一時間\1000の時給換算で船賃の割引制度にしているそうだ。
勿論、上限\2000までだが交通費も支給される。
ピースボートは暇のある大学生などが殆どなのだが、彼・彼女たちは情宣活動や内勤業務に奮闘して船賃総額\147万を半額ないしは全額割引にしてしまう!
何故、そのような有給ボランティア制度にしたのかというと、ずっと初期の頃に情宣をやり過ぎてバイトする時間を喪失してしまい、結局ピースボートに乗船できなかったという者が続出し、その問題を総括してからの策らしい。
それはそれで良いのではないかと思うよ。
しかしながら、ピースボートの事務所でゲバラのTシャツを身に付けたサヨかぶれの若僧どもが楽しそうに可愛い女の子と雑談しながら作業に準じている姿を見ると、嬉しくもあり妙に悔しいなぁ…(苦笑)
俺だって若い頃は過激派だったんだぞ!赤ヘル被ってゲバ竿振るって機動隊と闘ってたんだぞ!って。

352 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 17:30:17
>ポルシェを乗り回して遊んでないで責任を取れ、クソ荒!

「オレは関係ない」
by 荒岱介

バタン!ギュルルルッ!ヴゥオーン!(ポルシェの排気音と共に立ち去る)

353 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 17:58:46
>>350
自分で自分が「可愛そう」か? 

354 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:00:22
>俺たちは絶対に可哀想だ!

俺達は絶対バカだ!    の間違いじゃねえの


355 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:01:18
とりあえず、「俺達」のなかから俺をはずしといてくれ

356 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:23:38
いや、↑お前も「可哀想」だ。

357 : :2006/06/24(土) 18:30:29
岡田いい加減偽装はやめろ

358 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:36:45
>>356
そうか。デモで機動隊なぐったり、ゲリラで〇■▲だったり、駅で偉そうに
あジッタりしたこんな俺を、誰か「可愛そう」って思う椰子がいるのかね。
「自業自得だろ」って罵声がきそうだがなwちなみに、俺は自分が「可愛そう」なんておもわんね。バカだとは思うが。

359 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:38:42
あのよ、うちはだいこよ!
違うものは違うんだよ!
お前は隔離スレへ逝けや!

360 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:44:20
>>358
まあ、どう想うかは各自の好き好きだろうがな…

361 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:46:32
荒岱介が一番「可哀想」で「バカ」だろう。

362 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 18:50:35
>>361
うちはだいこよりも?

363 : :2006/06/24(土) 20:02:11
アラタイヘンを評価するのは少なからずいるが、電波だいこは…

364 : :2006/06/24(土) 20:12:48

>>363

共産党板に常駐するネットウヨ


365 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 22:02:13
しつこい!隔離スレへ逝け!>うちはだいこ


あ〜あっ、『ギャルサー』終わっちゃったよ…
このドラマ結構気に入ってたのに!
てか、元同志はみんなオサーンだから『ギャルサー』なんか興味ないんだろうな…

366 :ニャンケ:2006/06/24(土) 22:19:00
とりあえず偉大なる荒同志を罵倒する奴は氏ねニャンケ!

367 :革命的名無しさん:2006/06/24(土) 22:28:57
取り敢えず偽ネコしっしっ!

368 :ケケ博士:2006/06/24(土) 22:38:29
こちらケケ田。科学忍者隊ニャンケ応答せよ!
君は青い鳥のカズヒコ、極楽鳥のいずみちゃんと一緒に、
ワークショップに参加し、山根氏を警護して欲しい。

369 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 00:09:12


宗教板に荒戦旗教のスレがたってるぞ!
荒に教えを受けると霊験あらたかだそうだ。

【ブント】人権と環境をテーマに行動する【BUND】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151147435/


370 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 00:20:59
↑バカというか暇な奴も居たもんだ・・・

371 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 00:25:27
お前、バカだな!
山根克也はとっくにブントを離脱してるよ。

372 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 00:42:36
>>363

2ちゃんに常駐している有名な2ちゃんウヨのハンドルネーム
でしょう。

373 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 02:20:52
>>346 >>345

ゼッケン持ってこいと言ったのにどうやら他のメンバーが持ってこなかったから
でも、あの後抗議して一人ゼッケンは無くなった。
ティッシュ配りの後でビラをまくと結構取ってくれたけど返されたこともしばしば
ティッシュを付けて撒いたほうがいいかなと思ったこともあった。

374 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 02:44:32
大昔から渋谷駅前はねぇ〜、日頃から左右問わず色んな政治勢力の街頭情宣をはじめ、様々なストリートパフォーマンスが行われている場所だから反応が悪いんだよ。
ひとつの渋谷の風景として通行人が慣れてしまっているというか。
あんな場所で何をしても効率が悪いに決まっている。
やるなら高円寺とか荻窪とかの中央線沿線の駅だな。

375 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 05:39:10
さあ、みんな!
今日は日曜だからキャッチに行くぞ!
○○駅前に12時集合で夕方5時迄ブッ通しで貫徹するぞ!
終了後もしっかりマジックしてアジトへ帰ってから、各支部ごとにちゃんと集約するんだぞ!
労働力の再生産する時間なんか皆無と思え!
平日も仕事が定時に終わったら残業なんかしないで、真っ直ぐアジトに帰って来いよ!
残業した後で同僚と付き合いでどっかに呑みに立ち寄るなんてもってのほかだ!剰余労働でブルジョアジーに奉仕する必要なんかない!

376 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 10:18:40
第二カクマルって言われていたのが良く解りました。


カルト化路線になったり、荒教祖を産み出したのは、同盟員だった方々の責任では無いのでしょうか?同盟員だった方々の思いはいかがですか?

悪いのは荒教祖だけに責任を押し付けて、脱退した人達には責任の自覚が無いのでしょうか?



377 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 10:36:47
>>376
あなたが問いている“同盟員”とは、所謂十年以上の活動歴を経て同盟大会に出席できる権利を有した同盟員の意味?
もしも、あなたが元ブントの活動家なら組織的位置や活動歴の長短に関係なく、あなたも組織構成員だったという意味では含まれるよ。

378 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 12:53:22
最初から職を持った労働者活動家ならともかく学生崩れのルンプロの勤める会社って
今考えれば相当なDQN企業だったよなあ。

ある学対メンバーがようやく職を見つけ、いきなり「来週初出張なんだ」と張り切っていたら
出張の用件は社長の実家のTVアンテナをベランダに設置することだったらしい。

まだ学生だったオレは「世の中の中小企業ってそんなもんか..」と唖然としたが
今の感覚ではそれは中小企業としても相当酷い。


379 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 16:13:10
↑いいや、最初から労働者の奴らも、どうしようもなくつまらん会社に勤務していたアホも多かったよ。
そもそも何で「活動を優先する」という理由で、わざわざ三流企業のしかも現場職に就業せにゃならんのだ?
色々やってきたその結果としてならともかくも、最初から将来は倉庫番やトラック運転手に成りたくて大学へ行くバカがどの世界にいる?
実際、組織を離脱した後に職種を変えている奴らが殆どだろう。
最初から勤めるつもりもなかった三流企業に骨を埋める義理など毛頭ない。
俺は三流中小企業に7年間勤めていたけど途中でアホらしいことに気付き、折しも会社が希望退職を募っていたから退職金をふんだくってさっさと辞めたよ。
ただ、その退職金も融通の利かないバカQBの強要によって無理やりクソ地区に全額徴収されてしまったがな…
現在は収入は決して高くはないけど、自分が納得している仕事に就いている。
しかしながら、二十代の貴重な時期を活動に潰してしまったがために他の人よりも出遅れたスタートとなり苦労も多い。
上レスでバカか哀れかというどうでもよい論争をしているが、我ながら今想うにバカであり哀れでもあったようだ。

380 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 16:51:12
「残業はするな」とか「付き合いは避ける」といったバカバカしい暗黙の“掟”もあったな。
余程理不尽なサービス残業を強いる会社ならともかくも、しっかりと残業代の保障されている会社の業務で、もしも毎日残業や付き合いなどを拒否していたら職場の人間関係などまともに形成できるはずもなく信頼関係を築くことも出来ない。
そういう点では労働者といえど、地に足が着いていない世間知らずな活動家が多かったように思う。
軍はともかくも、本部や現闘のように隔離された世界ならまだしも、市民社会に直接触れる地区ではそれは無理なのだ。
他の奴らは知らんが、俺はそんな子供じみた理念的な“掟”など嫌いだったから堂々と破戒していた。
嘗て荒が300のメンバーに「なんだ!残業をしないのか?そんなので上手く会社で渡っていけるのか?」と問いていたけど、荒は地区労働者活動家の活動実態をあまり把握していなかったことの証左であると思う。

381 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/25(日) 16:56:25
>>379さんのくやしさはわかる。
バカで哀れはみんな多かれ少なかれ、ありますよ。
僕も職場を転転したあげくやっと落ち着いた職場が去年なくなった。
三流の小さな会社だったけど、居心地はとてもよかったし、
もう自分の人生に高給取りの勝ち組は期待してなかったから、
安月給でもあまり苦にはならなかったんだよね。
仕事は楽しかったし、仲間たちは大好きだったし、
この不景気で会社をやめるしかないと経営者から聞いた時は、
正直、どこで人生をまちがえたのかとか鬱に入って考え込んで、
やはり贅沢の限りを尽くしてる荒さんに怒りが燃えたりしたけど、
でも今は結局、誰を恨んでもテメエの人生は誰も返してはくれない、
バカはバカなりにバカっぽくしたたかに生きるのもたたかいよ、とか
開き直っていろいろチャレンジしまくってる。
まあ、みんな、楽しくやろうぜ。

382 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 17:08:43
だから何を隠そう結局、一番他人を怨んで被害妄想に陥ってんのはバカ荒なんだけどね。w
だから「人生を返せ!」「年金35万円寄越せ!」とか叫んでいる。
みっともないったらありゃしないよ。


>ニャンケ氏
そんなバカ荒の老いぼれなんか放っておいて、俺達は自分の努力で人生を謳歌しようぜ!
なんだかんだいってもまだ若いんだから。

383 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 17:28:05
話は変わるけど、『ALWAYS〜三丁目の夕日』豪華版DVDを購入した。
今は時間がある時に鮭の缶詰めでサントリー角瓶の水割りをやりながら、それを鑑賞するのを楽しみにしている。
ポルシェも七千万円の豪邸も地位も名も持ってないけど、組織を辞めたお陰で、そうしたささやかな娯楽も発見できるのだ。
もっとも組織にいた時にそんなことをしていたら、「学習しろ!」とガタガタ言われたけど、今は自由気ままに自分の問題意識に沿いながら本も読むし、テレビを視たい時に視るし酒も煙草もやりたい時にやる。
そもそも苦労して原稿書いても『理戦』や『闘労』がタダになるくらいならやる気になりましぇーん♪w

384 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/25(日) 18:00:50
wwwいいノリですねー。みなさん。
ほんと、自分の人生は謳歌するにかぎりますよねえー。

385 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 21:36:17
>>378
戦旗社の専従になって最初の仕事が



荒様の邸宅のアンテナの取り替えおよび、
BSとCSアンテナの設置であった!

とかだったら面白いのにぃ。つーかそういうたぐいの話ってたくさん
あるのだろうな。

386 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 21:36:29
>>378
戦旗社の専従になって最初の仕事が


荒様の邸宅のアンテナの取り替えおよび、
BSとCSアンテナの設置であった!



とかだったら面白いのにぃ。つーかそういうたぐいの話ってたくさん
あるのだろうな。

387 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 21:36:51
スマン。だぶった。

388 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 21:54:49
地区って、肉体労働を奨励してたよね? あれ、何でだろ?
最初はそれに従っていたけど、途中でホワイトカラーに転職して、仕事が楽
で楽で、びっくりした。こっちのほうが(活動にとっても)いいじゃん、と
オモタよ。多少残業はあるけどさ、給料の良いし。

389 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 21:56:50
給料の良いし。  ×

給料も良いし。  ○

390 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 23:03:17
俺、一般人なんだけど、ここ見るたびに疑問がわく。
「どんなきっかけでここの人たちは活動にのめりこんでいったのか?」だ。
俺自体は、大学入学が90年代だったので、そういう活動はかなり下火になっていた。
ここの人達はそれよりもかなり年上だろうと思うが、環境にかなり変化があったのかな?
それともなんか他に、親とか友達とかと、なんかあったのかな?
かなり、気になる。

391 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 23:24:18
例え御用労組でも、労組のある会社ならば経営者の私用に従業員を使ったら大問題になり、団交の議題の遡上にのぼり経営者は労組執行部から糾弾される。
職場の慣習によって例えば自宅の引っ越しに同僚や後輩、部下や親戚に手伝いを依頼する事が世間一般では頻繁に行われているが、それは許容範囲だし必ず酒食を振る舞って御礼をしたりする。
ところが経営者という立場にある以上、そうしたことも出来ないのが通例であり、それ故に経営者の孤独でもあるのだ。
荒さんは自宅屋上の芝生化や飼い犬の糞の世話や愛車の洗車を社長権限で嫌がる実践社の社員に無償で行わせた事実があるが、これは社会的に観たらとんでもなく大罪であることを自覚すべきだ。

392 :革命的名無しさん:2006/06/25(日) 23:28:01
>>390
オレはアンタが何でこんな過疎板のマイナー組織のスレに興味を抱いたのか興味あるよ!w

393 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 01:45:11
>>392
俺は>>390氏じゃないが、同世代かな。
地域で反戦運動に多少関わってデモに参加していると、やはり、SENKIと民青は異様なのよ。
他の参加者とは決して話さず、自分たちだけで隊列を作り、ちょっと込み入った話をしようものならすぐに確認に行く。
他の参加者と比べて、なんだ?こいつらは。。。的な部分だな。挙げ句に、全体の集約の後に独自で集約をするのはSENKIと民青。
で、「あったあった、これがあのSENKIのスレか。どうせ。。。」と思って開くと皆マジレス。単細胞で暑苦しい(イメージの)中核の方がスレとしては、煽りと釣りばかりで面白くない。

そりゃ、興味を持つよ。色々あったんだろうなと。
内輪ネタにはついていけないからレスしないだけという一般人の香具師も多いんじゃないかな。

394 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 02:16:50
うん、確かに戦旗の単独主義は周囲からみると異様だった。
個人がない。他派と交流しない、つーかさせない。かかわるのは担当者だけ。

395 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 02:35:02
個人がない。他派と交流しない、つーかさせない。かかわるのは担当者だけ。

別にそりゃ戦旗だけのことじゃないだろ?セクトならドコもそんなもんだったぞ。
だいたい集会場で初対面のそれも他党派と何の話するんだ?名刺交換か?w
例えば、三里塚とかで一緒に仕事する他党派とは世間話や冗談も言いっていたけどな。

396 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 06:01:41
確かに…
別に集会場やデモ中に他党派や市民団体と積極的に話をする必要はないな。
何でそんなことをしなけりゃならんのだ?
そりゃ、話かけられたら答えるが。
党派とかいうものに過剰な偏見を抱いてるんじゃないの?

397 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 07:05:07
一般人?
2ちゃんの共産党板に一般人なんかいるのかよw
いるのは、ネットウヨと元活ばっかりだぞ。

398 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 07:27:45

393

闘っているから意味があるの。また闘いがあるから支持はあるの。
中核はもっともそんなポジションで闘っているわけ。
階級闘争はおままごとではないの。
闘わないやつらは日向のように脱落していくのみさ。


399 :ニャンケ:2006/06/26(月) 09:01:19
自分らの能力の無さを棚にあげて、荒同志を叩くコケセンは、さっさと須藤の後を追うニャンケ!

400 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 09:39:39
>>397-398
代々木に媚へつらい、差別に専念する、お払い箱うちはだいこがこんなことを言うとは。
あなたの闘いは、ニャンケさんをニセセンキだって粘着することと、不破を崇拝すること。
日共支持と三里塚が両立するとはね。

401 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 09:40:44
>>399
にせぬこしっし

みんなー水に溶けるメモ帳まだ持ってますかーーー?


402 :390:2006/06/26(月) 10:31:07
>>392
2chで共産主義を信じる人と、まあ討論?話し?するような機会があって、
興味もって、2chには共産党板があるから覗いてみようかなと・・・。
それで、勢いがあるスレから見ていってこのスレを見たという感じ。
なんか、一般人には窺え知れない過去あるいは内部のことが
書かれていたので、ここで質問すれば答えてくれるんじゃないかと。

403 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 11:23:25
>>390
マジレスしますよ。

80年代だって左翼なんて瀕死の状態だった。今から比較すればまだ党派が実体を伴っていたかもしれないし
大学の自治会も「一応」党派が仕切っていたりもした。しかし一般学生に比べて左翼学生なんて希少種だったことに変わりはないよ。
キャンパスの中で党派活動家を見るより、山で雷鳥を見る確立の方がはるかに高かっただろう。

しかしだからと言って世の中に疑問を持ったり、世の中から「こぼれ落ちている」若者の数が皆無だったわけじゃない。
世の中はバブル前夜で浮かれており、それにうまく乗れない連中は当然存在していた。
戦旗派は「キャッチセールス」とか揶揄されるけど、とにかく情宣量はハンパじゃなかったから
世の中に散在していた「現状否定」派の若者の受け皿になりやすかった面はあるだろう。

じゃあ戦旗に結集したメンバーは原理やマル青同に結集する可能性もあったのか?と言われればちょっと違うかなあ?
宗教を信じるほど無垢ではなく、民青に入るほど大人しくもない、血の気はそれなりに多いナマイキな若い香具師に戦旗派の
空気は結構合ったんじゃないのか?

高校生の頃からクラスでは浮いていて、世の中のことには疑問だらけで、でも宗教団体や民青に入るなんて
「すごくカッコワルイ」と思っていたオレは戦旗派に入った。
ちなみに直接的なキッカケは三里塚ね。まあ他のメンバーのことはよく分らない。


404 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 11:34:17
>>393
今のことはよく分らないけど、80年代の戦旗と民青のメンバーのキャラは対極にあったよ。

大体集会後の独自集約なんてどこの党派でもやってるだろ?中核だってまだやってるよ。

>>393さんの感じる違和感は戦旗派独特なものに対するっていうよりも、市民活動家が左翼党派に持つ
ごく一般的な違和感なんでないかい?
担当者以外が闘争現場で他党派のメンバーと談笑するなんて普通はあり得ないだろ?


405 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 13:44:24
まあ、だいたい>>403氏が言っているようなもんだな。
とにかく無理矢理カルトに当てはめて理解しようとしても全く理解できないだろうな。

それから全体集会の前後に独自集会(前段・総括集会)なんて、どこの党派や労組でも30分ぐらいはやってるよ。
そんなに変なことか?
それからサッパリわかんねぇーのが、こちらからわざわざ自分たち以外の団体の奴らに集会場で用もないのに話し掛けないと“異様”なわけ?
もうアホかと…バカかと…w

406 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 13:49:39
あっ、それから>>397-398の粘着うちはだいこは例の隔離スレへ逝け!
引きこもりニートの貴様が“闘う”とか“堕落”という言辞を駆使しても説得力が皆無だよ。w

407 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:10:50
二十四時間監視の方は何なのでしょう。
ネットウヨ氏ね。

408 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:11:44
ネットウヨ定義として、2ちゃんに関与しているニートは
ネットウヨが多いといわれていますよ。
あんた自分のこといってんじゃないのw

409 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:13:01
二十四時間監視できるのは普通じゃないでしょうw

410 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:14:52
だってネットウヨって引きこもりでしょw
ネットウヨの大半はニートらしいぞ。


411 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:16:30
差別主義者という言葉を吐きながら、ニートを連発するウヨw
いくら暇人だからってたって、自己紹介してんじゃないよウヨ。
二十四時間監視は普通ではなく異常。

412 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:18:04
ブントは総転向総屈服した党派なんだよな。

413 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:29:46
>>407-412
どうでも構わないから、うちはだいこは隔離スレへ逝きなさい!
次に来ても完全スルーだからな!

414 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 14:41:59
>>405
同意。
反対にさ、満面の笑顔で、フレンドリーに他の団体にいきなり話しかけている光景が
あったら、それはそれで、カルトチックでキモイってならないか?
>>393 >>394は自分たちにはない部隊の数に「圧倒されている」だけか、話しかけても相手にしてもらえない
公安かw (冗談だよ)

415 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 18:08:03
>>414
まあそこまで言うとアレだけどww
大体集会中って自分の党派の仲間とだってそんなに話さないじゃん。
ハンスト支援とかならともかく。

416 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 20:21:37
>>401
水溶紙は小さいほうなら今でも持ってるよ。
今では決して使うことはないけどな。
機関車、誌以外では唯一の記念品かも知れない。

辞める時にメットと紺ゼッケンをガメてくりゃ良かったな。
ビニール製の手書き紙を入れるゼッケンなら何故か持って来てしまったから手元に有る。
恐らくアジトから引き上げる時に荷物に混ざってしまったのだろう。
これは何かの集会・デモに行く時に使えるから便利だ!

417 :393 ◆2LEFd5iAoc :2006/06/26(月) 22:57:46
>>404>>414
つ、釣られないぞ!!
と、いいつつ、釣られて楽しむのが2CHというものW

ま、当たりですよ。担当者になった時の話です。はい。話し込んでと言うのも、デモ後の打ち上げの話。
でも、酒飲みだから、自分が直接の担当者じゃなくても打ち上げ参加する方だけれどね。
で、中核も独自で総括しているのは知っていますよ。だからって、集会の直後に同じ場所で、続けてやるのは民青とSENKI。
なんだろう?他党派の垢にまみれたから綺麗になって出ていくような印象を受けるのね。
そりゃ、自分たちの総括と全体の総括は違う罠。でも、露骨なんだよね。
でも、その場で立て続けにしなくても、というのはあるんだよね。被害妄想?ってそうなんだろうけれどね。否定はしないよ。
で、それが左翼党派に対する違和感であるというのはFAでよし。行動ではなくイデオロギーで結びついているんだなぁ、と感じる瞬間でもある。
地域の共闘の場合、全くの個人でも打ち上げに参加しているし、常連ともなれば普通に話するのにね。

しかしだ、俺が万一、デモ中、集会中に見ず知らずの人に声をかけても、その下心を逆手にとってオルグしてこいと小一時間w
下心丸出しでナンパしたとしてもいいジャマイカ!!俺は他の人の手前出来ないけれどさwでも、したいときはある。。。
と、思い切り居直ってみるレス。
いや、俺自身、仲良くなって連絡先聞いたら、次の時にも声かけたりするし。あ、最近はそこまでマメじゃないかもw

418 :革命的名無しさん:2006/06/26(月) 23:55:28
>>417 (393さん)
戦旗をはじめセクトの集団行動に違和感やキショイものを感じるというのは
理解できる。しかし、それ以上にあんたのセンスというか、キャラに日本語の
乱れとは別の「何か」を感じるのは俺だけか?
(これは「釣り」のつもりで書いてるのではないんだが)

419 :393 ◆2LEFd5iAoc :2006/06/27(火) 00:33:04
>>418
なんだい?別の何かって。
今は、リアルの社会性と切り離して剥き出しの素で書いているから、多分自分でも気付いていないものはあるかも知れない。
それが俺特有の物なのか、世代特有の物なのか。
逆にリアルで党派の人間にこんなこと言えるわけでもないから、2chならではなんだよね。書いて貰えると嬉しい鴨。

あと、俺は、左翼党派(特に共産党以外)の人のように高学歴ではないから、日本語のレベルは低いと思うよ。だから、他の板では書けないのだ。みっともなくて。読みにくくてゴメン。

420 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 00:58:06
(  ゚∋゚)闘争現場に行くガソリン代を割り勘にしろなどと言うような小さい話を言ってはいけない。

421 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 01:01:07
(  ゚∋゚)ウォッカがあればモルガンもロックフェラーも木っ端同然♪

422 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 01:14:36
また沸いてきたか

423 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 01:24:12
(  ゚∋゚)ソ連製ウオッカが良い。米帝製はいかん。

424 :  :2006/06/27(火) 04:52:59
日向は堕落ではなくて、脱落してんの。
総転向・総屈服。堕落と脱落は大きく違う。

425 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 05:10:39
>代々木に媚へつらい、差別に専念する、お払い箱うちはだいこがこんなことを言うとは。

ちゃんねる桜などウヨと懇談し相槌をうつ荒タイスケを掲げる党派が日向派。
ヨヨギにこびへつらいも何もなく、右翼との対決姿勢があるか否かである。
日向はそれさえもないということだ。
日向派連中は、ウヨをオルグ・獲得対象としているわけでもないようだしウヨを
打倒対象としておらず、懇談対象とさえしているのが反階級的なのだ。
つまり総転向・総屈服の党派として、民間反革命に対する対峙姿勢もないのだということである。
もっとも、元日向派から転向した複数の右翼が登場しているし、ネット界でも植民地賛美論の希流をはじめとした
元日向派と思われるネットウヨもちらほらいる。




426 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 05:11:43
>あなたの闘いは、ニャンケさんをニセセンキだって粘着することと、不破を崇拝すること。

そもそも日向派は、総転向・総屈服をとげている。マルクス主義を放棄したと指導者荒はのべている。
そして、日向が支援した熱田派の闘争は終焉の方向にさえある。
ニャンケに関連していえば、本人がいくらでも偽装できるということを暴いたまで。
荒を崇拝する日向に、他党派の議長崇拝などとはいえない。
しかも、ウヨが共産党攻撃・左翼攻撃のひとつとして、いろいろな問題に顔を突っ込んでいる
という事実なだけだ。ウヨと連携さえするほうが間違いなぐらいではないのか?


>日共支持と三里塚が両立するとはね。

日共支持と安易に結びつけるのがどうかしている。
ウヨは、左翼つぶしのために新旧とわず左翼攻撃に出てきている。
それにたいして反右翼で新・旧左翼はウヨに対峙しなくてはならないのが筋だ。
しかし希流をはじめとして日向系のネットワーカーは、左翼にだまされていたなどと
書き連ね、ウヨに転向しているものさえいるほどだ。そんなお前らが反戦運動などと
いうことじたいちゃんちゃらおかしいのである。
三里塚に対しては、脱落派である熱田派はすでに解体・終焉の方向にさえあるし、
支援党派である日向派は総転向・総屈服をすでに行っているので、何を言っているのだ
ということでしかない。


427 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 05:14:59
そもそも、マルクス主義を放棄したと指導者荒は述べ、
階級闘争をやめ、イギリス自由主義哲学などの研究にいそしみます
といってはばからないのが荒らだ。
そんな党派のなかから、左翼にだまされていた、荒にだまされていた
といいだして右翼に転向していくもの、ネットウヨに転向していくものを抱えているのが
あなたたちだ。
実際、荒はウヨのちゃんねる桜に出演し改憲論で相槌をうつほど脱落している。
三里塚でも、日向の脱落ぶりは明白であるが、あなたがたの三里塚闘争とは
何であったのか?もつとも如実に語っているのではないか?
昔はかくも闘いましたと、同窓会のようにおしゃべりにうつつをぬかすのも
いい加減にしろということなのである。


428 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 06:17:37
だったら、うちはだいこよ!
偉そうに述べている貴様自身は、いったい何をしてきたというのだ?

429 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 06:31:56
自分たちは運動を退きながら、まだ闘いを継続している党派
を名指しして「単細胞」と抜かしていることそのものが、「挑発」
いがいなにものでもない。
ゆえに、日向派に対する正直な所感をのべたものにすぎない。
荒そのものが総転向総屈服しているのだから、現役も元活動家も垣根は
あるまい?荒の総転向を批判する、現役や元活動家はいるのか!
運動を左翼的に展開していこうという覇気さえないのか!
昔のネタに思いをはせるだけで、現状の政治経済をほとんど問題提起できないのはどうしてなのだ?
やったとしても、右翼のちゃんねる桜に招かれて相槌をうつという脱落振りなのが指導者幹部らである。
また日向にアプローチされた西部に、ブント(日向派)は保守反動になれば?といわれてまんざらでもないような
掲載をしている「ブント」は総転向・総屈服を明示しているといってもいぐらいなのである。
それもそのはず、熱田派はすでに終焉・自己解体し、支援党派である日向(脱落派)は総転向・総屈服しているのが事実なのである。
脱落派(熱田派)支援党派は打倒される前に、脱落派ゆえに自ら総転向・総屈服しているという証明でもあるのだ。




430 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 06:33:13
428

といっても、お前が日向派関係者であるという証明はできない。

431 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 06:42:44
>>393
>俺は>>390氏じゃないが、同世代かな。
>地域で反戦運動に多少関わってデモに参加していると、やはり、SENKIと民青は異様なのよ。
>他の参加者とは決して話さず、自分たちだけで隊列を作り、ちょっと込み入った話をしようものならすぐに確認に行く。
>他の参加者と比べて、なんだ?こいつらは。。。的な部分だな。挙げ句に、全体の集約の後に独自で集約をするのはSENKIと民青。
>で、「あったあった、これがあのSENKIのスレか。どうせ。。。」と思って開くと皆マジレス。単細胞で暑苦しい(イメージの)中核の方がスレとしては、
>煽りと釣りばかりで面白くない。

>単細胞で暑苦しい(イメージの)中核の方がスレとしては、
>煽りと釣りばかりで面白くない。

という、 お前の「挑発」はここから始まっているのだよ。
「単細胞」で「暑苦しい」という意見は挑発でしかないだろう。
ブントではない党派をあえて出して挑発しているのだから。
つまりお前自身が、煽りと釣りをしているのだ。
それから、地域で反戦運動に多少関わってデモに参加していると
いっているが、お前はどのような動機でデモに参加しているのかということだ。
SENKIと民青は異様なのよだとか、全体の集約の後に独自で集約をするのはSENKIと民青。
などと明らかにお前は党派を識別し「いちゃもん」をつけているのである。
反戦運動そっちのけで党派を監視しているほうがお似合いでさえある。
こうした書き込みに対して、どのような動機で地域の反戦運動に参加しているのか
とかんぐられても仕方がないということだ。





432 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 07:04:43
>>393

この人物は、SENKIと民青は異様なのよとSENKIと民青を挑発している。
単細胞で暑苦しい(イメージの)中核とも挑発している。


433 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 07:05:46
SENKIと民青は異様なのよと普通SENKI関係者がいうだろうか?

434 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 07:07:35
ネットウヨは成りすましや自作自演が多いからね

435 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 07:43:37
ネットウヨは成りすましが多い

436 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 08:25:13
>>401
折れも未使用の水溶紙いまだにもってる(w

437 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 11:13:54
>>425>>426>>427>>429>>431

ネタに反応するのも何なのだが、あえて言う。
君はその狭い了見から脱しない限り、階級闘争も反戦運動の高揚も実現できない
だろうよ! なんだその低能な書き込み。

> また日向にアプローチされた西部に、ブント(日向派)は保守反動になれば?と
> いわれてまんざらでもないような掲載をしている「ブント」は総転向・総屈服
> を明示しているといってもいぐらいなのである。
> それもそのはず、熱田派はすでに終焉・自己解体し、支援党派である日向(脱落
> 派)は総転向・総屈服しているのが事実なのである。

これ、トートロジーでしょ? 気がつかない?
要するに、同じことを何回も何回も繰り返しているだけなの。
しかも、現役も元活も全部一緒くたにしているし。
現役はともかく、元活には、いまだに共産主義者もいれば、反共もいれば、反荒も
いれば、荒信者もいるでしょ。それも全部一緒くた。

438 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 13:10:08
>>437
うちはだいこの挑発に乗る必要はないから…
うちはだいこの妄想は止まることを知らないから、真面目に付き合ったらキリがない。
こいつは自分自身は現実世界では何ひとつ運動経験もなく、また何ひとつ出来ない癖に、リアルに苦闘しているアッテンボロー氏や戸田氏などにイチャモンをつけ捲って絶縁宣告され、また様々な左派系サイトを荒らしてアク禁を食らってるどうしようもないクズ。
そして当の中核派も迷惑がって完全無視してる。
謂うなれば、青い鳥やネトウヨと同類のネットに精神を汚染され疾患した哀れな存在。
荒もブントも、流石にこいつにだけは「堕落」だの「脱落」だのと罵倒されたくはないだろうな。w

439 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 15:51:15
うちはだいこのバカによる低能レスはスルーで…


>>388
確かにブルーカラーこそ労働者的規範とばかりに古い労働者像に凝り固まっていたアホなメンバーもいたけど、俺は最初に地区で労働者になる時に内勤事務職を強く推奨されたし、実際にそのほうが良さそうだったから成ったよ。
ただ「残業するな」は、あまりにも理念的で子供じみた世間知らずな左翼的特権を振りかざすことになるので、アホなメンバーの提言を無視して俺は適当に残業していたよ。
そうでないと毎日行く職場で無用なストレスを抱えてしまうことになるからだ。
ただでさえ、アジトでアホなメンバーと共に居ること自体がストレスでもあるのだ。
アジトと職場のストレスで二重に押し潰されては叶わん!
俺の支部は偶然、皆仲が悪かったのだ。
正直告白すると、労働者になってからは支部キャップをしていた時以外は職場の先輩や同僚や女の子とよく呑みに行ったりと組織には不誠実な生活を送っていたと思う。
そうでないとやってられなかったからだ。

440 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 17:04:02
 地区労働者の公務員の香具師なんかは、「残業しないこと=革命運動の一環」みたいに
主張していた人もいたからな
オマエラ公務員だからそんなことできる(許される)んだろ?(涙
と いつも心の中で言っていた。
 それだけならまだしも、残業してくる民間に勤める労働者を「資本にコキつかわれてる」
みたいに愚弄している香具師までいたからな。
元左翼としては不本意だけど、民営化されたときは「ざまーみい」と大喜びしたよ。

441 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 19:01:32
↑そいつは愚弄してたんじゃなくて本当にそう思ってたんだよ。
如何に理念的であったかが伺い知り得る。
だいたい仕事が終わって真面目に真っ直ぐアジトに帰るかっつーの!

442 :393 ◆2LEFd5iAoc :2006/06/27(火) 19:40:42
>>431
俺が悪かった。どうも、俺はここのしきたりを知らなかったようだ。
共産板っていうのはこういう板なんだな。
別にニュー速やサッカー板など、俺が割と常駐している板で書いている香具師が皆、真剣に挑発行為を行っているわけではない。
所詮便所の落書きの2chで、表現をちょっと挑発チックに書いたからといって、ここまで真剣に怒るとは。
監視しているというよりもなま暖かくヲチしているのだが。。。

言い訳はないな。勘違いだよ。
真剣に討論している場に軽い悪ふざけで書き殴ったのは俺だから素直に謝る。

443 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 20:26:52
>>442
共産板がっていうよりもこのスレがこんな感じなんだよ。ずーーっと。
まあ出入りしてる人も大体固定してるから嵐もスルーしてるし、粘着さんも最近あんまり来ないしね。

まああんまり気にすることないんでないかい?
運動現場にいる人の意見は貴重だしさ。

それにここにいる元活はほとんど今のBUNDには呆れてるよww

444 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 21:59:12
>>438

アッテンボロー氏とは、除名され熱田派関係者や趣味者に接近している人。
戸田氏にいちゃもんをつけているのはネットウヨ。
左派系サイトを荒らしているのもネットウヨ。
闘争放棄の熱田派糾弾や、朝鮮排外を行うセクト批判は重要だ。
反共主義者や右翼と交流している元活動家や日向派は問題だ。
「堕落」という言葉を使ったのはお前のほう。
「脱落」とはいったが「堕落」だという言葉は意味不明だ

荒もブントも、流石にこいつにだけは「堕落」だの「脱落」だのと罵倒されたくはないだろうな。w
こういう言葉をはくのは、お前がブントではないからだ。左翼なりすましはやめとけ。左翼なりすましはやめとけ。





445 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:11:39
>>437

答えになってないぞ。

>ネタに反応するのも何なのだが、あえて言う。

「挑発」してきたのは誰であったかもう一度考えてみたまえ。

>君はその狭い了見から脱しない限り、

狭い了見とは具体的になんだ?
荒がちゃんねる桜に出演して「改憲論」をぶって右翼と相槌をうったり、
「ブント」サイトに改憲論の投稿が紹介されたり、西部に保守反動になれば?
といわれて反論しなかったりと右翼といちゃつくことを肯定することか?
そもそもマルクス主義は間違いでした、これからはイギリス自由主義哲学でいきますと
宣言した荒のような連中をたたえることが、広い了見なのかw



446 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:12:27
>階級闘争も反戦運動の高揚も実現できない
>だろうよ! なんだその低能な書き込み。

荒そのものがマルクス主義は間違いでしたとぬかしているから、
階級闘争もねえだろうよ。それから、イラク反戦運動では、
「アメリカ帝国主義に対する反米愛国」でイラク戦争に反対している
西部(本人は対米対抗的な立場から反対だといい、左翼的な反戦主義ではないと本人も述べている)
を招いてインタビューし西部に保守反動になれといわれてまんざらでもないあんたらの
反戦運動そのものが、いかがわしい運動になっているということなんだよな。
反米愛国−対米対抗的な右翼と手を組むということは、帝国主義側に屈服したも同然なんだ。
四トロもそうだが、あんたら旧熱田派に共通しているのは、右翼との交流と闘争放棄なんだ。
そして排外主義を扇動し、反米主義を掲げる右翼を引き入れだしていることが
問題だ。つまり自国帝国主義を「左側」から支えるようなものなんだ。
あんたらが現役・元活含めて、日共スターリン主義と批判してきた以上の転向をやっているということなんだ。



447 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:14:43
げんに、あなんたらの中から右翼に転向したやつだとか、希流のような
ネットウヨまがいの植民地賛美論をふき、階級闘争を堅持している労組にいたゃもんをつけに
わざわざ出向く人物もいるではないのか?
これはあんたらの党派がそれだけふやけたものだったということの露呈でしかないのだよ。



448 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:26:50
> また日向にアプローチされた西部に、ブント(日向派)は保守反動になれば?と
> いわれてまんざらでもないような掲載をしている「ブント」は総転向・総屈服
> を明示しているといってもいぐらいなのである。
> それもそのはず、熱田派はすでに終焉・自己解体し、支援党派である日向(脱落
> 派)は総転向・総屈服しているのが事実なのである。

>これ、トートロジーでしょ? 気がつかない?

西部にブントは左翼やめて保守反動になれば?っていわれて反論できないブントは、
もう左翼党派ですらないと自覚すべきだとあなたは気づかない?



449 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:27:48
>要するに、同じことを何回も何回も繰り返しているだけなの。

いいえ。西部の発言などははじめて紹介しましたよ。あなたは、
それにまともに答えていない。繰り返しているのは、
荒がマルクス主義を放棄しているわけだから、左翼面するなということだけだ。
しかも熱田派の自己解体にあるということも事実として抑えるべきだということだ。
つまりあんたがたにとって、耳が痛い話ばっかりだということだ。

>しかも、現役も元活も全部一緒くたにしているし。

荒が闘争放棄しているのだから、現役も元活も同じ働きしかしないということだ。
それよりも、あなたたちの元活動家のなかから右翼に転向しているもの、
ネットウヨになっているものの存在について自己批判したらどうだ?

>現役はともかく、元活には、いまだに共産主義者もいれば、反共もいれば、反荒も
>いれば、荒信者もいるでしょ。それも全部一緒くた。

共産主義者と反共を一緒にするとはどういう了見?
それだけいい加減な党派だったということですかw
だけど、荒がマルクス主義は間違いだといい、闘争を放棄し、
右翼や西部と交流している現状からして(現役は荒や指導部を肯定していよう)、
反荒や共産主義者の元活動家がいるぞといっても話しにならないぞ。
反荒や共産主義者の元活動家がなにやらの党派を構成して荒指導部に対抗している
わけではないのだから。西田のほうがまともな共産主義者だったということが、
歴史的に証明されたようなものだ。
荒はマルクス主義を放棄したのであれば、解散してしまえばよいのだ。
環境がこれからの最大問題だとぬかしていたが、現実は戦争と失業と階級格差という
情勢が到来しているわけでマルクス主義による類的解放しかありえないのだ。


450 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:33:07
だからブントは「左翼党派」ではないじゃん。
うちはだいこはマジで余所へ逝けよ!
お前の粘着に付き合うのはウンザリだよ、ゲス野郎!

451 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:34:13
共産主義者や反荒の元活動家がいるのであれば、荒やブント指導部の転向ぶりを
なぜ批判しない。そしてなぜあらたな党派をつくろうとしない。
結局、ブントをやめて過去の闘争話にうつつをぬかしているだけではないか!
地域の反戦運動であれば、社民や日共だってやっている。
そんなことで自慢できるはなしですらない。


452 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:35:19
うちはだいこのバカがマルクス主義云々を騙るとはお笑い草だな!w

453 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:43:11
>>450

階級闘争や反戦運動といってる方にブントは「左翼」ではないといってやればw
左翼党派でないならブントとは何ですか?
それから「挑発」してきたのはお前のほう。


454 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:46:35
>>451
うるせーよ、カス!
中核派にも散々迷惑を掛けまくってシカトされてるうちはだいこが偉そうなことをホザくな!
テメェが何かやってからものを言え!
ネトウヨと同類の引きこもりニートのクズ野郎が!

455 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:46:46
マルクス主義を放棄したとぬかしている荒指導部を問題にすれぱw
だいたい、九十年代にマルクス主義を放棄すると宣言した荒に
元活動家や現役はどれだけ批判したのだろう。
そして今もどれだけ批判できているのだろう。
荒はポルシェを乗り回しているだとかカンパはどれだけ行っただとか、
低レベルな話題ではなく、右翼と交流したこと改憲論をぶっていること、
マルクス主義を放棄していることを批判したらどうですか?
元活動家の共産主義者がいるというのであれば。

456 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:48:41
>>454

なるほど、反論できないということですね。
ネットウヨと同様の書き込みしかできないということですね。
ところで、あなたは具体的に「何」をやっているのですか?

457 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 22:56:02
そもそもニートという言葉は、フリーターは
肯定的だから何かそれに変わるマイナスな言葉はないかと探し回って
当てはめたのが始まり。労働者の失業などをごまかす言葉としてもちだされているにすぎない。
もともと階級的な意味合いがあるのだ。その言葉を無批判に使用するのは、
元「左翼」であれば躊躇されるべきことがらだ。
しかもネットウヨがわめいていることの受け売りでしかない。
ネットウヨの大半がニートであるという指摘は昔からされているが、なぜネットウヨを
あなたは批判しない?ネットウヨは左翼サイトつぶしの荒しをやっている連中である。
つまり自分たちにとって耳が痛い話題を、ネットウヨといっしょにしているだけでしかない。
しかもネットウヨと同一の言葉を使用するあたりが、滑稽である。
左翼成りすましも多いから、その方面はあやしいとしかいいようがないだろう。

458 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:02:27
つうか、ネットウヨ・ブサヨグループの成りすましくさい。
ブサヨグループはこの話題を貼り付けまわっている。
つまり、「挑発」しているのはブサヨグループ。
しかも、ウヨと交流しはじめているブントだから
ブントは「左翼党派」ではないと認識しているのが、
ブサヨグループだ。したがって、ブサヨらは転向者や脱落者に対する
批判とウヨ批判に対する封じ込めを同時にやろうとしているのだ。
もちろん、転向者や脱落者にはウヨが接近しているなかでおきていることである。



459 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:04:45
うちはだいこの言い分には、まともに反論する価値が無い。
お前のやってることは単なるネトウヨと同様の粘着荒らし。
わからんのか?

460 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:06:43
busayo一味が騒ぎ出したのは、busayo洪庵説が出てからである。
最初の2〜3日は沈黙でその後、アレだけ粘着していた筆坂問題も
忘れ、奇天烈キンピーまでもカキコに動員し、掲示板で悪質な誹謗中傷を
熾烈化させてきている。
つまりbusayo一味は洪庵だったのだ。だから、必死に打ち消し、のた打ち回っているのだ。
憐れにも反革命に身を窶した唾棄すべき裏切り者の末路が見て取れよう。

461 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:09:46
>>459
批判者をうちはだいこ規定することにより批判をかわそうとする姑息な手段だな。
うちはだいこや代々木だけではないのだよ、busayoの正体を見ているものはね。
だから情報があちこちに漏れているだろう。busayoメンバーがどういう思想を持っているか、
どういった団体に出入りしているか、すべて伝わってくる。

462 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:10:54
たぶん公安だろうね。
中核とカクマルの党派闘争も公安が「挑発」していたふしもないわけではなさそうだから。
公安は左翼を監視している張本人だから、党派の分析・理論をパクッて
成りすましすることは簡単だろうよ。


463 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:12:13
公安はうちはだいこを落とし込めたというし。

464 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:13:59
>>462
俺は具体的に2ch上での公安書き込みを知っているが、
奴等はウヨそのもので、まるっきり浮いている。
特に、カキコ情報を頼りに活動家の特定を図ったり、釣りサイトに誘導
するのが得意のようでもある。

465 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:14:45
>>463 もう少し、詳しく書いてよ。

466 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:20:31
実際、公安は2ちゃんねるに注目しているという。
左翼の書き込みがあれば妨害しつぶしてくることがあると聞く。
中国の反日デモは、中国共産党がインターネットで
工作したからだといったのは自民党議員。
つまり、日本でも同様のことが行われているという
ことでしょうね。ブサヨのやっていることは、まさに
左翼つぶしと共産党マイナーキャンペーンだから、
公安が小躍りして喜ぶはず。むしろ、ブサヨは趣味者を装った公安説
が妥当だろう。反共であそこまで党派資料を添えたり、潜入レポを書くのは
職業柄なわけさ。そして、元活動家や転向者なんかを取り入れるためには、
ああいうポジションが有利にわけでしょう。
囲い込んで左翼党派の悪口いわせればいいのだから。
それから、マル共連は過去の話題を振りまきながら、
左翼党派の情報を探るものとして公安が設置している可能性は高いという指摘も
左翼党派の現場からされている。


467 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:21:37
あ〜あ…また、うちはだいこのジサクジ劇場が始まったよ…
(*´Д`)=з

お願いだから他のスレでやってくれ。

468 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:24:43
>>464

>俺は具体的に2ch上での公安書き込みを知っているが、

なるほど。俺は、公安がインターネットカフェに乗り込んできたり、
圧力かけているのは知っている。書き込ませないように圧力をかけるのだろう。

>奴等はウヨそのもので、まるっきり浮いている。

だろうな。国士舘上がりのウヨ学生なんかが多いと聞くし。
元公安の島袋は、三島思想にかぶれていたと自著で告白していたからね。

>特に、カキコ情報を頼りに活動家の特定を図ったり、釣りサイトに誘導
>するのが得意のようでもある。

当然やっているでしょう。



469 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:26:52
>>466

囲い込まれている元活動家のなかから、党派解体論が出ているのは
まさにその抱き込みが成功しているという証。


470 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:29:03
busayo一味は、共産党板のすべてのスレッドに出入りし、
工作しようとしている。
したがってこのスレッドも無関係ではない。
busayoそのものが趣味者を装って、元活動家連中などの取り込みに
いそしんでいる。
とくに、このスレッドは党派関係のスレッドだから、busayoが
書き込む場合すらある。
「中核は単細胞」という「挑発」がまさにそれ。

471 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:35:19
busayoそのものが趣味者の一人だが、正体は極右。
極右だという正体に接近する危険さを元活動家たちは
理解できていない。

472 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:36:22
公安は勝共に加盟しているやつ多そう。
世界日報の購読者は公安がダントツぽい。

473 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:43:56
何なの、この流れ?

474 :革命的名無しさん:2006/06/27(火) 23:58:57
>>473
日本国憲法擁護連合=うちはだいこによるジサクジ独演会劇場が続いています。
彼は些細な事柄で相手に噛み付き、自分を批判する者は全てネットウヨ若しくは公安またはカクマル扱い。
彼の粘着独演会は始まると暫くは止まらないから無視して、こちらで話を進めるしかありません。
うちはだいこについては、アッテンボローさんのブログに詳しく記されています。

475 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 06:09:42
>>474

ブサヨ一派が【一歩後退】80年代ブンドを語れ19【二歩前進】
にも書き込みをしているということだね。
アッテンボローとは中核派除名された後、旧熱田派関係者に接近して
中核派「内ゲバ」ネガティブキャンペーンを展開している人物。
もちろん、除名者や転向者に接近するのが、ネットウヨやブサヨ一派。
キンピーや筆坂をもちあげるウヨは、中核派除名のアッテンボローにも
接近をはかっている。





476 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 10:13:34
>>474
うちはだいこは戸田ひさよし掲示板からも永久追放された人物。

477 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 10:18:47
>>474

戸田を荒らしているウヨがよくいうぜ。
戸田氏や、その他のいろいろな情報を持ってくるのは、
すべてお前が関与しているから。
情報をかき集めて流しているのはお前がネットウヨだから。


478 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 10:23:07
そもそもネット右翼は、共産党板に常駐しあらゆるスレッドで
左翼つぶしを書き込みたいという衝動から、
左翼を「挑発」し、おきまりのせりふをはく。

センキと民青をも「挑発」するような書き込みを通常
センキ関係者がするだろうか?
そのうえ、他党派を「挑発」する書き込みまでもしながら、
「地方」の反戦運動にかかわっているなどという始末。
左翼だと思わせながら、やっていることはセンキと民青と中核への
「挑発」。お前の正体はばれてんだよ。

479 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 10:25:55
■■kouan■■悪魔の辞典(笑)をヲチする 2
のスレッドに、ここの話題を貼り付けるブサヨグループが
お前の正体。お前はブサヨグループのネットウヨ。
ネットウヨは、いつも捨て台詞は同じだからすぐわかるのだよ。
左翼なりすましはほどほどにしとけ。

480 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 14:24:34
あのよ!
俺はネトウヨでも、その“ブサヨグループ”とかいう奴らでもなく、ただのブントの元活だから。
あまりヘンな妄想と邪推で憶測しないでくれる?
それに、この話題はつまんないからもういいよ。
それから君のやってる独演会は、青い鳥が行ってんのと同じ荒らし行為だよ。
いい加減やめてくれないかな?

481 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 15:09:28
      ∧ ∧     ◇ 
      ( ゜▽゜)_  /◇◇
     /__|]⊃y__|]⊃ ◇ ◇
     /`ー==キ|     彡
    ∠ニ/_つつゝ             第四淫魔退散!

           ◇    ∧ ∧  
          ◇◇\ (゜▽゜ )
        ◇ ◇  ⊂[|_y⊂|]
       彡   彡  |キ==-丶 
              ⊆⊆≪_\
  第四淫魔退散!



482 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 17:21:15
これワラビーの仕業か?

483 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 17:28:24
↑違うよ。
何度も説明してるだろ。

484 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 18:47:41
福岡うちはだいこと名古屋岡田雅宏が果てしなく闘うスレ

485 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 18:50:19
熱田派って熱田神宮信者のこと?

486 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 18:54:40
>>484
うちはだいこ発見。

487 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 19:44:06
独演会は自分のブログで開いて欲しい。
荒らし行為をしている分際で何を言っても説得力がない。
ほんと、ネチケットを知らん輩だな!

488 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/28(水) 20:48:17
ほんとうにくだらない。
めっちゃ、つまんねえ。
こういうヤツは消耗だね。
せん滅しちゃいたい。
にゃーお

489 :革命的名無しさん:2006/06/28(水) 21:06:38
三里塚の県警二機なみにウザイ荒らし野郎だよな。

県警二機のバカ隊員が宣伝カー(緑のホーミー)のワイパーをタナカの田んぼで監視行動をしていて車から離れている隙に曲げやがった!
あの時にニャンケ氏もいたけど憶えてる?

490 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 08:15:46
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、"普通の人、普通の人"というけど、
”共産主義者による建党協議会"のメンバーの高田健さん自体が、"普通の人"といえないじゃ〜ん」と少し批判的なことをいいつつも張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きな
ボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。七夕の日に飾るんだ〜といって、"ピース七夕"作りに多忙な毎日を過ごしています。下のファイルの下段にあるメールでの
嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


491 : :2006/06/29(木) 09:10:09
>>480

>センキと民青をも「挑発」するような書き込みを通常
>センキ関係者がするだろうか?

ただのブントの元活ならこれに答えてみて。
地域の反戦運動に参加しているってどんなの?
ノンセク気取りしているわけ?独演会もなにも
「挑発」してきたのはあんたでしょw


492 : :2006/06/29(木) 09:13:42
それから、

>ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg

ってなぜなのっているわけ?

>ほんとうにくだらない。

くだらないのはあんたの下世話と過去の同窓会。
今、情勢をあえて語らないつもり?

>めっちゃ、つまんねえ。

つまんないのは、あんたのペンネームだよ。

>こういうヤツは消耗だね。

お前が消耗して運動やめてるのでは?

>せん滅しちゃいたい。

ブントが殲滅なんて百年早い。
自滅しとけ。

>にゃーお

つまらん。


493 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 10:48:51
↑否、つまんないものはつまんないから。
それに「同窓会」をしようが、情勢を語る語らないは、俺達の勝手だ。
貴様には全く関係ない事柄である。
嫌ならば覗かなければよい。
あーだ、こーだとイチャモンをつける前に自分が荒らし行為をしていることに気付け!

494 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 12:44:08
もう、うちはだいこのアホは基本的にスルーな!


ところで、90年の砦戦の過程でクビになった人はいる?
一週間ほぼ毎日行ってた人もいるだろ?
途中で「砦戦現地支援行動を解雇された口実にしないでくれ、ちゃんと職場へ行ってくれ」と“お達し”が来たけども。
俺は三日間有休を一日置きの飛び石で取っていたから危なかったなぁ。
他地区では解雇されたメンバーもいたと伺った。
俺は比較的条件の良い職場だったから、砦戦が終わった時は正直ホッとしたよ。

495 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 18:05:26
| 新社会党の時代の幕開けである。
\___  ___________
     _∨__
      |  ノノノノ | 新社会党に結集して人民に奉仕しよう
    培 ( ゚∋゚)│
   _⊂ ___ )_|
 / 凸 圖   /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 |______|/




496 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 18:08:24
↑黙れクズ鳥!

497 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/06/29(木) 22:38:49
うわっ、>>489さんって誰だ?
って答えをここで求めてはいけないけど、
ぜったい知ってる人だね。
もちろんです。県警2機だけは本当に憎らしかった。
今思い出しても、全身の毛が逆立ちます。
フウーッ

>>492のアホはスルーしなきゃなんないね。
でもムカつくヤツだ。こういうヤツが左翼を嫌われ者にしたんだな。
論争以前。対話が成立してない。決め付けしかできない独善。
オレのペンネームだの情勢を語らないだの、
いったい他者に対してこいつは何を求めているのか?
病んでいるというのは本当のようなので、これ以上は相手にしない。
もちろん、殲滅もしないから安心して寝ろ。もうここには来るな。

498 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 23:36:17
281 :革命的名無しさん :2006/06/06(火) 09:17:39
(  ゚∋゚)日向派の凋落と俺さまの間には何の因果関係もない。


282 :革命的名無しさん :2006/06/06(火) 09:18:44
(  ゚∋゚)最近暇人が多いな。


283 :革命的名無しさん :2006/06/06(火) 09:19:52
(  ゚∋゚)俺さまから飲み食いを言葉で要求したことは無い。


499 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 23:41:58
三里塚の県警にしても空警にしても、人間性が凄まじく荒んでいる印象を受けた。特に若い隊員は。
いったい現地の過激派の車両や団結小屋を破壊して何になるというのだ?
文字通り児戯に等しい。
彼等は基本的に二人一部屋の独身寮で生活している。
それこそ質の悪い先輩隊員と一緒になったら虐められて大変だろう。
そうした日頃の憂さ晴らしを我々にぶつけていたと思うと悲しくなる。
彼等が我々に理由もなく殴りかかるとかは日常茶飯事だった。

500 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/06/29(木) 23:56:37
ひさびさに見てみたら、一行小説終わってたのか…。

501 :革命的名無しさん:2006/06/29(木) 23:59:47
↑ごめんよ。
あまりウケなかったからね…
それに、ちっともエロくなかったし…

502 :革命的名無しさん:2006/06/30(金) 13:24:16
左翼はむっつり○○が多い


503 :革命的名無しさん:2006/06/30(金) 22:30:19
皆様ひとりひとりのご協力お願い申し上げます。
消費者金融問題は深刻化しています。
国会では上限利率の引き下げとグレーゾーン(出資法)の廃止を検討中との事。
早急に施行されるようサラ金被害者の会や各団体に署名活動を皆さんしてください。


504 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 04:07:59
      ∧ ∧     ◇ 
      ( ゜▽゜)_  /◇◇
     /__|]⊃y__|]⊃ ◇ ◇
     /`ー==キ|     彡
    ∠ニ/_つつゝ             第四淫魔退散!

           ◇    ∧ ∧  
          ◇◇\ (゜▽゜ )
        ◇ ◇  ⊂[|_y⊂|]
       彡   彡  |キ==-丶 
              ⊆⊆≪_\
  第四淫魔退散!




505 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 17:23:57
>>499
やっぱ集会の後とかは奴らも宿舎で「オレは何人殴った」とか「あいつムチャビビってたな」
とか酒の肴にして喋ってんのかな?
想像しただけでムカつくわけだがww

506 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 18:55:18
>>505
確実にやってると思うよ。

507 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 18:55:38
↑あと中核派と比較したりしてな。
確かにヤツらマル機のほうが新左翼各派を相手にしていたから、実力闘争での戦闘経験は圧倒的に俺らよりも有していたわけだ。
二回目の9・29でパクられた時に連行された隊舎の中で、機動隊員同士で自慢気に武勇伝を披露し合っていたよ。
ヤツらは法律に護られ権力をカサに着て公然と人間に暴行が出来るのだ。
ヤツらマル機隊員どもにとっては、この上なく愉快で堪らなかったであろうな。

508 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 19:01:26
考えてみたら公安デカどもも他人のストーカーをして、意外とそれを酒の肴にしてんだろうな。
「今日、ニャンケがエロビデオを借りようとしていたから肩を叩いてやったよ。その時のアイツの驚いた顔ったら…爆笑」とかな。

509 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 19:19:46
プロ青には議論して殴ったれや。



510 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 20:11:22
>>509
ああ「プロ青見かけたらどこでもいいから、議論ふっかけてぶん殴れ」
っていわれたなあw 実際やったヤツいるかわからないけど。

511 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 20:18:03
↑そんな滅茶苦茶な意思統一なんか訊いたことない。

512 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/01(土) 20:37:30
>>509はなんでそういうデマを流すんですか?
プロ青を殴れなんて意志統一は、少なくとも、現地ではなかった。
明らかにデマゴギーですね。
そりゃあ路線やイデオロギーは違ってたし、利害対立することもあったけど、
いっしょに仲良く援農したり、ムスケルしたりしてたよ。
だいたい論争して殴れなんて意志統一はありえない。
武力で敵対して来られたら武力で報復するということはありえるだろうが、
プロ青が戦旗をゲバルトで攻撃してきたことなんてないでしょう?
戦旗派的に考えてみりゃわかりそうなことじゃん?


513 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 20:52:27
>プロ青見かけたらどこでもいいから、議論ふっかけてぶん殴れ


小林GIYAも書いていたね。

514 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 22:38:19
プロ青と革マル、ど突くならどっち?

515 :革命的名無しさん:2006/07/01(土) 23:44:21
>>510
なんだかこのスレの最初の方からそのデマを流してるあんたは何者?
それともあんたの地区ではそういう意思統一だったのか?

516 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 01:07:24
現実にはなかったわけだから。P青を殴った事実。
なにか、よっぽど戦旗に恨みを持っている人間の発話さ。

517 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 01:22:57
giyaは嘘言ったの?

518 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 01:26:27
>>508
ああっ!クソ!オレも絶対酒の肴にされてるよ!
嫌がらせの尾行(わざと分るように車で着いて来る)をスルーできずに中途半端にマジック。
まだ駆け出しだったんで捲ききれず、団地の階段に逃げ込んだところで制服警官まで借り出されて連行。
派出所で一時間以上に渡って侮蔑の言葉を浴びせ続けられた。

「ホラそこの汚いネズミ!ほらお前だよ!何とか言ってみろよ」

言い返すことも有効に反撃することも出来ずにただただ睨み返すしかできなかった。
クソ!思い出しても殺してやりてぇ!

519 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 10:15:08
>>517
確かにギヤは戦旗を“内ゲバ党派”として描き出したいがために頻繁に嘘を吐く。

520 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 11:02:08
ttp://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-87430-027-8.html


521 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 19:18:40
真実はいずこに

522 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/02(日) 20:40:00
>>518さん。気持ちはわかる。
僕も尾行をまこうとカーチェイスしたあげく、
どうしてもまくことができなくて、
もちろん仲間も乗せてたし、目的地に行くこともできなくて、
結局自分の実家に仲間といっしょに行って、朝ごはん食べた。
実家の前で2台でずーっと待ってたしつこさには参った。
結局、暴力的にやっちまうしかないのか、と煮詰まったけど、
もちろんそんなことしたら権力持ってる方が強いに決まってるし、
完全に集合時間には遅刻だし、携帯なんてない時代だったし、
本当、思い出しても殺してやりてえよな。


523 :革命的名無しさん:2006/07/02(日) 21:45:52
↑それって、合宿行こうとした時?
ホント厄介だね!
俺もある闘争の日に朝から夕方まで車で追尾されたけど、踏切で運良く難を逃れた。
あの時の踏切には本当に感謝しているよ。w

524 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 09:17:20
あと、公安によるGP戦闘も頻繁にやられたな。
俺は車のドアキーをマイナスドライバーを突っ込まれて破壊されたりはしょっちゅうで、フロントガラスに傷つけ、ワイパー曲げ、挙げ句の果てには四輪全部をパンクさせられたりした。
バイクのチェーンを切断されたりミラーを折られたメンバーもいた。
荒なんかアコードの燃料チューブを切断されたりタイヤの溝に金属片を埋め込まれたりした。
どうして、あんな陰険な真似をしていたんだろうな?
やっていた公安は悪戯的な感覚よりも、やはり階級的な憎悪が強かったと思われる。

525 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 12:02:41
>>522
なんで尾行をまかないといけないの?
悪いことしてないなら、そのままにさせておけばいいじゃない。
まあ、殺してやりてぇなんて思ってるやつなんだから、
自業自得じゃないの?
闘争とか、なんとか書いてるやつもいるしな。
そんなことされたら、一般人が迷惑するだけじゃん。
一般人の迷惑から目をそらして、公安たたいても意味ないし。
まあ、確かに公安も「やりすぎる」ことは多々あるだろうが、
おまえたちも「やりすぎた」ことあるんじゃね?
それを放置することもできないからな。

こんなこと書いたら、なんてレス帰ってくるんだろ?
公安乙?右翼?かな。普通の人の感覚ならこれくらいは
思ってると思うよ。

526 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 12:19:01
>>525
プロ2ちゃんねらー乙

527 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 12:28:50
>>522

それじゃあ、実家ばれるじゃない?ばれてた?

>>524

公安の実力「阻止」ということだろうな。
あと、合宿前の尾行だとしたらすべてを
把握したいんだろう。
とりあえず、公安はしつこい。
公安は悪戯的な感覚よりも、やはり階級的な憎悪が強かったと思われる。
って意見は俺もそうだと思う。彼らは、そももそ革新政党そのものも憎悪しているからな。






528 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 13:46:57
>>525
お前が左翼陣営に殺されても自業自得ということなのです。お分かり?

529 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 13:51:23
↑ガソリンチューブの切断とかは明らかに殺害を意図しているもんな。
公安は「荒派を皆殺しにしてやる!」とか思ってたんだろう。
そういえば、パクられた時に取り調べでデカから半分冗談混じりで、「熱田も北原も小川源も必殺・仕置人を雇って暗殺してやる!」と度し難い暴言を吐かれたことがある。
ある意味、本音だったんだろうな。

530 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 13:53:30
>>524
しかし公安の嫌がらせもそこまで行くと階級的憎悪とかを通り越して
人格的な障害すら感じるよな。
やりながら「オレって小さいよなぁ」とか思わなかったんだろうか?

コケてからも日常生活で出会う警察官はやっぱり一般人的感覚からすると
ちょっとズレてるよな。自分勝手でワガママで世間知らずで差別的な香具師が多い。
で、長年派出所勤務だけをしていたような老制服警官は仕事をさせると恐ろしく無能。


531 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 13:55:54
>>529
>「熱田も北原も小川源も必殺・仕置人を雇って暗殺してやる!」

ワッハッハ!小学生かよっ!

まあオレも用水闘争の時に「ザク一機あればお前らなんか..」とか思ったしなあww

532 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 13:58:04
コインランドリーに行く途中、パトカーからスピーカーで実名を呼称されながら追い回された挙げ句、公安デカから実弾入りのチャカを喉元に突き付けられ「お前らも中核派もぶっ殺してやるぞ!」と恫喝されたメンバーもいた。

533 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 14:04:18
>>531
それで、そのデカは調子に乗って「チャリラ〜ン♪」とか『必殺』のテーマを口ずさみながら、琴の糸をくわえて引っ張るポーズをしていたよ。w
もう、アホかとバカかと…

534 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 14:21:41
>>533
アフォ過ぎるwww

535 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 14:41:07
>>532
そんな状況でよく実弾入りてわかったな(w


536 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 14:56:27
↑そのくらいは判るだろ?
レンコンに弾が詰まってるのぐらいは見えるだろうし。

537 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 15:30:05
集会中や通常のデモの時に公安の連中がウロウロしているのは目立つけど
いざ実力闘争の時って香具師らは何してるんだろうな?
機動隊を前面に立てて隠れてるのか?

荒れたデモのドサクサで公安や私服を殴った香具師っている??

538 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 15:32:18
>>530
警官はタバコのポイ捨てとか平気でするよな。
人を取り締まる立場のくせに、一般人なら当然持ち合わせてるモラルとかとは無縁な香具師が多い。

539 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 15:57:12
>>537
機動隊の陰に隠れてひたすら写真を撮っている。
そして形勢が有利になると出て来て検挙活動をする。

540 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 16:28:09
>自分勝手でワガママで世間知らずで差別的な香具師が多い

差別的な奴は多いね。ああいあ軍隊のようなところでは差別が当たり前のようだ。
民族差別や部落差別、あらゆる差別の権化のようなものが権力の本質だ。

541 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 16:34:25
>>532

それありえる話だな。
公安の嫌がらせはとにかく陰湿。
みなさんがいうようなことは事実でしょう。
あと刺客を放って暴言はかせたり、
公安自ら暴言はいてくる場合すらあるぞ。
逮捕された法大生は、取調べでなんと
一日中、立ったままさせられたという。
そして「お前のような奴は性根が悪いから
たたきなおしてやる」といわれたとか。
また「下等動物だ、お前がそんなことやっているからだ」
などと明らかに、政治弾圧を意図する暴言をはかれたという。
暴言だけではなく、イスをけったり机をバシバシ叩いたりすることもあったという。
政治警察、現代のゲシュタポが公安警察だな。

542 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 16:37:39
>>524

だから、公安二課の窃盗事件なんかあるのでは?
人を人と思わない人たちだって言ってもいいぐらいだ。
あと、某関東の県警宿舎にいる下っ端のマル機で、いじめが
問題になったこともあったな。


543 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 16:41:52
俺の経験だけど、公安は刺客に
「あいつは左翼運動をやめないから自殺に追い込む」
と言わせたことがあったな。
こういう体質が、石川さんなんかをでっち上げたんだろうな。
権力のかさをきて差別主義のやりたい放題なのが権力(税金○○)
市民が力をあわせて権力の暴走や腐敗に対しては断固
チェックをいれていこう!それが、党派をリタイヤした
我々のつとめでもあるな。

544 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 16:48:14
モサドかゲシュタポか公安かwwwまじで政治警察だよあの人たちって。

545 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 17:36:27
>>541
人間のクズども=公安は差別・排外主義を扇動するのは非常に上手。
80年代に原宿駅前で情宣をしていた反天連に、当時流行っていたロックンローラー族を焚き付けて襲撃をさせた。
そして、それを口実に逮捕するといった汚辱にまみれた行為をしていた。

546 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 17:52:16
>>541
そんなことは俺もパクられた時に取り調べで23日間毎日だった。
でも、留置場で同房だったヤクザの組長はもっと酷い扱いを受けていた。
調べの時にスリッパで頬を殴られたり、「稽古」と称して柔道場の畳の上に両手にワッパを嵌められたまま投げ飛ばされたり正座させられたりしていた。
まあ、ヤクザの組長のほうはマル暴担当のデカだからマル公ではないんだけど、それにしても総じて人権感覚の欠片も持ち合わせていないのが警察官の実態なのだろう。
中には人格者の立派な警察官もいるのは間違いないんだろうけどね。
取り敢えず警察官僚と公安には期待してない。

547 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 18:48:48
ある時オレの職場にオッサンがいきなり石を投げつけてガラスを割るということがあった。

状況が状況だけにオレが取り押さえて警察を呼んだんだけど、そのオッサンは
常習犯だったらしく警察も「なんだよまたあのキ○ガイか」みたいなことを
あからさまに言っていた。

まあそのオッサンが電波系だったのは確かだけど、「ちょっと言い過ぎだろ」と思ったのも確か。

ヤツ等に人権感覚なんて皆無だろうな。

548 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 19:21:45
>>546
そういう事実を知ることは大事だよね。
世の中、公安VS左翼だけじゃないということ。頭でっかちなオレたちはどうしても
「オレたちと極悪公安が闘っている!」と理念的に思いこんじゃうけど、そこら辺の
ヤーサンの方が警察に酷くいじめられていて、かつ、対権力ではヤーサンは一歩も退
かずに闘っているという。
公安も糞だったけど、マル暴は「人間の屑」だったよなぁ。留置所の経験から考える
と。
警察と検察はホント最低人種だな。

549 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 20:58:15
>>548
なんでそんなにやーさんの肩を持てるのか理解できん。

>ヤーサンの方が警察に酷くいじめられていて
そんなのあたりまえじゃないのか?やーさんは何をする団体なんだ?
警察がやーさんをほっとくよりなんぼかマシだろう。
敵の敵は味方という論理で見てるのか?
よくわからん。

550 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 21:15:19
でもなあ、我々が万が一権力を握ったら、そういう人権感覚のない人たちを
利用して反対勢力を取り締まってもらうこともあるかもしらんよね?

551 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 21:19:38
宮崎学も言っていたけどヤクザは体制と闘っているのではなく、権力に利用され最期は要らなくなったら使い捨てられる存在だ。
ヤクザと警察権力との関係は必ずしもバーサスではなく、また完全一体化した徹頭徹尾の癒着という訳ではない。
故に渡世人と謂われるのだろう。

552 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 21:22:18
>>550
村山政権の時も公安って結局、村山政権を護るために働いてたのか?

553 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/07/03(月) 23:04:56
>>501

いや、別にいいんですが…。

「北斗の拳」の「ハート様」みたいに、出っ腹でわしを吹き飛ばすニャンケ氏と
「萌え〜」とか言いながらストリートアイドルに抱きつく「趣味者青年」と…。

どっちがマシな扱いなのかとか、余計なことなんだけど気になって…(苦笑)

554 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 23:25:09
公安は本当にうざい! 人に言えない職業だ

555 :革命的名無しさん:2006/07/03(月) 23:36:41
>>549
あのね、、、典型的な左翼的反応ですね。
肩はもっていないよ。だけどね、あなたは「ヤーサンなんて街のダニだから駆除
しろ!」とでも思っているの? なんで重大な人権侵害を「そんなの当たり前」
なんていえるの?
ヤーサンが>>551のような存在であることは、その通り。
しかしだよ、国家権力の理不尽な人権侵害に対しては、たとえ被害者がヤーサン
でも声を挙げるべきじゃないか? その声の挙げ方はともかく。
>>549のような人は、権力を持つと自分と意見の違う人を徹底弾圧しても正当化
する人だな。その意味では正統派左翼です(=スターリン主義)。

556 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 00:26:38
>>555
おまえみたいなのがいるから左翼は馬鹿呼ばわりされんだよ。
なんでも反対すりゃいいと思ってんだなw

557 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 00:54:10
>>555
>>549を見て、なぜそこまで飛躍して考えるのだろう?
街のダニだから駆除しろとか、弾圧しろとか、そんなこと何も書いてないけど・・・。

まあ、一般人から見れば、ヤーサンは確実に街のダニだけどね。いて欲しいと
思ってるやつなんていないでしょ。権力者ではいるかもしれんがね。
そうじゃなかったら、事務所移転して来て、「出て行け」って運動はおこらないしね。
まあ、この運動は>>555の言う、正統派左翼(=スターリン主義)の方達がおこしてる
んでしょうね。

ということで、事務所移転反対を受けたヤーサンの人権を守るために>>555の住居に
引越しさせればいいと思うよ。ヤーサンの人権を守るために頑張って下さいとしか言えんな。
まあ、ヤーサンが>>555の人権を守るかどうか分からんがw

558 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:01:42
むーー。
オレもヤクザは嫌いだな〜。
暴力をチラつかせて人意のままにしようなんてスタンスは左翼になる人間が一番嫌うんじゃないのかな。

そのくせ自治会とかを掌握すると同じことするから不思議なんだけどww

559 :555:2006/07/04(火) 01:02:56
>>556-557

言っておくけど、オレは86年の3〜4月の攻防で右翼と武装対峙したクチだからね(笑)。
最近、ブントは「賃貸借権の詐取」で弾圧を受けたのは知っているよね?
平たく言うと、「アパート借りるときの条件に反した居住形態だった」というもの。
この弾圧の口実の出所知ってる? ヤクザに適用されたのが初めなんだよ。
その次に革労協に適用され、中核派に適用され、ブントに回ってきたんだ。
古典的な言い方になるけど、次の言葉は至言だと思うので考えて欲しい。

ナチスが共産主義者を弾圧した時 私は不安に駆られたが
自分は共産主義者でなかったので 何の行動も起こさなかった
その次 ナチスは社会主義者を弾圧した 私はさらに不安を感じたが
自分は社会主義者ではないので 何の抗議もしなかった
それからナチスは学生 新聞人 ユダヤ人と 順次弾圧の輪を広げていき
そのたびに私の不安は増大した が それでも私は行動に出なかった
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた そして私は牧師だった
だから行動に立ち上がった が その時はすべてが あまりにも遅かった
                    マルチン=ニーメラー

560 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:03:01
↑訂正
(誤)人意のまま

(正)人を意のまま

561 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:05:04
>>559
言いたいことは分るけど、ヤクザなんて弱い者の生き血を啜ってるクズじゃないか。

現実はどうあれ、強きを挫き弱きを助けようという左翼的矜持とはどうしても相容れないよ。

562 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:07:07
ヤクザもそう、オウム(=現アーレフ)もそう、この社会に居場所がない人たちをどう思うの?
「死んでしまえ!」と言うの? 権力の理不尽な弾圧を受けても、「甘んじて受けろ!」
って言うの? 冷たすぎない?

563 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:07:34
うちはだいこの人権も守るべきだね。
たとえその結果として荒らしや誹謗中傷が続くとしても。

564 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:08:50
>>563
ふざけた混ぜっ返しは辞めろよ。貴様が荒らしになるぞ。

565 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:10:00
>>561
ヨーロッパでは、ロマ(いわゆるジプシー)がそういう汚名を着せられた。

566 :ニャンケ:2006/07/04(火) 01:10:31
とにかく荒派以外はみんな氏ねニャンケ!

567 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:11:58
>>562
ヤクザがこの世に居場所の無い可哀想な存在というのは無理がある。

568 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:16:08
>>567
現実には、しぶとく生きているし、(残念ながら)日本社会では存在価値がある
と言える。政権与党中枢にまで食い込んでいるし、芸能・興行・手配師その他日
本の産業に深く関わっているからね。
しかし、権力の建前論は「暴力団は根絶すべ」というもの。どんな汚い手を使っ
ても。実際は癒着しているくせに。

569 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:18:50
ヤクザと警察って、体質や気質が似てるじゃん?

570 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:21:43
>>568
そうだろ?警察(権力)は左翼を憎むほどヤクザのことを憎んではいないだろう?

どうしてもヤクザを同盟軍とは思えん。

571 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 01:31:19
というか、ヤクザって他人の人権を侵害してナンボ、ってところがある
ような気がする。つまり、国家権力からある程度、弾圧というか圧力を
加えられることを覚悟して、あるいはそういう役であることを覚悟して
ヤクザになるんじゃないか?
自分達もまっとうでないことは百も承知だろうし。
それから、普通に見ればヤクザも権力があるしな。一般人でヤクザに
逆らえるやつがどれだけいる?
それと一緒にされると複雑なものがあるよ。

572 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 06:51:42
世間から嫌われてナンボが任侠の価値だからねぇ…
まあ、ヤクザという存在は抹消されないでしょう。
『さらばモスクワ愚連隊』じゃないけど、どんな世の中になっても強かに生きる奴らはいるよ。
決して誉める訳ではないが、己の欲望に忠実に生きているし妙に実存主義的でもある。

573 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 06:58:49
>>553
どちらがマシな扱いというか、行きがかり上の設定だから別に優劣はないよ。
趣味者青年(藁)氏もニャンケ氏も、共に鈴木えみちぃ女王様と新垣結衣女王様に新たな境地を調教・開発されたんだから一件落着!

574 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 14:08:24
>>570
ヤクザを同盟軍と思う必要はないだろう。
ただ、警察は左翼だけじゃなく、ヤクザに対してかなり酷いことをしていて、
その理不尽に対しては自覚しておく必要があると言うこと。
「ヤクザなんだからやられて当たり前」みたいに思うと、そのうちそのヤクザ
に対する弾圧のレベルが、左翼や一般市民団体にも回ってくる。
2ちゃんねらーが「左翼なんて弾圧されて当たり前」というのと一緒になって
しまう。
考えてもみい。盗聴法も、組織犯罪法も、共謀罪も「暴力団対策」という口実
でやられているじゃないか。「ヤクザへの適用はOK」なんて認識が甘すぎる
ぞい。ちなみに民主党はそうだな。

575 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 15:42:58
>>574そういうことだろう。
敢えて仲良くする必要もないし殊更排除する必要もあるまい。
>>546で俺が体験を書いた趣旨は、飽くまでも警察官に通底している弱い者いじめが普通と思っている感覚を示すため。
そのヤクザの組長はデカのヤキ入れに耐えて完黙をして闘っていたのではないから別に偉い訳でも何でもない。
寧ろ簡単に音を上げてゲロったそうだ。
殺しで入って再逮捕で2ヶ月以上も留置場に居たけど、どうせ起訴されてムショ行きは確定だから、調べとはいっても実質は面倒見(※注)で、煙草や甘い菓子やお茶を貰って懐柔されていた。

※面倒見
我々のような公安犯には権力に屈伏しない限り殆ど有り得ないが、一般犯、取り分けマル暴のムショ行き確定の重罪被疑者には、一通りの取り調べが終わり拘置所へ移管されるまでの残りの勾留日数は取り調べに名を借りた面倒見として消化されることが多々ある。
代用監獄生活では自弁でも入手できない甘い菓子類や運動時にしか吸わせて貰えない煙草を吸わせて貰ったり、或いは店屋物を食わせてくれたりと様々な特典を与えられる。
権力による被疑者(取り分け組織犯罪者の)懐柔策であると同時に、担当デカの暇潰しや昇進試験のための受験勉強時間などに利用される。

576 :革命的名無しさん:2006/07/04(火) 18:42:50
ぷ、書いてやるよ。
権力を持ってるものと、いつ職場を首になるかもわからず、戦ってるものとの違いをな。
普通の感覚?厨房が生意気言ってんじゃないぞ。おしりぺんぺんするよ。
金もらって、時間を自由に弾圧にできる公安と一緒にするな。


577 :576:2006/07/04(火) 18:44:34
スマソ。525のこと。だから.

578 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/04(火) 22:14:12
>>525さんは「殺してやりてえ」とか言ったから弾圧されて当たり前みたいなこと言ってましたが、
言語表現としては不穏当かもしれませんが、心情的にはそう言う以外ありません。
だからって思ったことを実際に行動に移したか否かというところはどうですか。
我々はどんな戦闘を行っても、警官にどれほど憎悪を燃やしたとしても、
彼ら諸個人の生命を奪うことを自己目的化したことはない。
我々=昔の戦旗・共産同だよ。
彼らがその役割を離れれば単なる人のいいあんちゃんだったり家庭人だったりもする、
そして彼らを殺害することはさらなる報復を招くばかりで、
結果、人民の大義を表現するたたかいにならないと考えていた。
確かに我々のたたかいで迷惑した人もいるだろうが、
それはすまなかったと思います。
でも、権力の理不尽な弾圧を擁護するのは違うと言いたいのです。
それはあなた自身の人間の尊厳を傷つけることになると思います。

579 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 09:20:08
警察署内留置場=代用監獄って問題ある施設だよね?
警察、検察ともに好きな時間に無制限で被疑者を取り調べ出来るし、拘置所に比して勾留環境も滅茶苦茶悪い。
取り分け給食=官弁が著しく悪く、大抵の留置場の朝食は御飯と生卵と海苔と昆布の佃煮や沢庵の細切り少量のみ、昼・夕食は御飯と野菜炒めや八宝菜などの副菜が少しに、同じく昆布の佃煮や沢庵の細切りが少量といった有り様。
何も無い空間で空腹感だけ重なる。
だから金に余裕のある留置者の多くは自弁を頼んでいる。

俺がパクられる前に中核派の女性活動家が勾留されていたそうだが、「大の大人がこんな飯だけで喰えるか!」と怒り、自弁を毎日注文していたそうだ。
俺は学生だったから持ち合わせがなく、正直羨ましく感じた。

後に冤罪事件で逮捕され自白を強要された男性が留置場に勾留中に、看守に嫌がらせで官弁の御飯の量を半分に減らされて支給され、自弁を注文することも許されず、遂には空腹感に勝てずに冤罪自供をしてしまったことを新聞を読んで知った。
まさに代用監獄=留置場は警察、検察による意のままのデッチ上げストーリーに沿った自白の温床空間だよな!

580 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 09:20:22

反戦ネットワーク所属、LPG様。

以下のような行為はおやめ下さい。このAAを数分間隔で60回以上も書き込んだあげく、「粉々に粉砕してやった」などと「自慢する」LPG様。とても「正常な方」とは思えません。
これ→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1129005369/l50
これ→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1133452703/l50

※一スレでの落書きの最高は、4月21日の562回!一回一分にしてもこれだけで、ほぼ10時間! 
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1144955720/
※次が220回→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1131684083/
※次が212回→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1141279312/

あなた様の、「精神異常者だから何でも許される」という考え方は、精神異常者であるご自分に対する甘えであり、「精神異常者」の「悪用」であると私たちは考えます。話は違いますが、LPG様の「おいら、ワールド
ピースナウの実行委員を卒業して、今は九条の会の事務局員やってんだ〜」という自慢話。やはり嘘だったそうですね。それと、「おいら、ブントにほめられちゃった〜」といってみんなに自慢している下のファイル
、あなたのことなんて一言も書いていませんよ。
http://www.bund.org/editorial/20040505-2.htm

「LPG様の強制入院に反対し、温かく見守る市民の会」及び参加賛同人一同


581 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 09:33:31
御飯を半分捨てて量を減らして出してまで被疑者に自供を迫る…そうした警察官の人権感覚が俺にはさっぱり理解できなかった。
要するに自分たち警察権力に逆らったり非協力的な者には虐めによる制裁を下しても構わないといった感覚なのか?

582 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 14:45:17
結局、代用監獄は存続になってしまった。

583 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 16:04:56
にゃんけちゃん、あなたは一体なにを必死になってるの?

584 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 16:26:54
↑必死とは?
何をもって“必死”と述べているの?

585 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 17:12:37
彼らがその役割を離れれば単なる人のいいあんちゃんだったり家庭人だったりもする、
などと権力の理不尽な弾圧を擁護していること。

586 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 17:19:57
>要するに自分たち警察権力に逆らったり非協力的な者には虐めによる制裁を下しても構わないといった感覚なのか?

イエス。権力は、非人権体質だということです。
国連からも日帝のひどい体質は批判されています。
アムネスティーインターナショナルは、各国の権力機構を
民主的にチェックしていますが、日本の場合、アムネスティーは公安監視対象になっている
と聞きます。それぐらい日本の水準はひどいということなのです。
日本の自由や民主主義というのは嘘だと断言しておきます。
ただしそれは自民党政権が続いてきた弊害でもあります。
政権交代などが行われていたり、憲法を大事にする政党が権力を
担っていればこうはならなかったでしょう。
憲法や刑事訴訟法は、権力の前ではひねりつぶされるのです。
そんな連中ほど権力志向をもち、そんな連中が権力を構成しているといっても過言ではない。
だからこそ、市民は国家権力に対してチェックをしなくてはならないのです。
そもそも憲法は国家権力の暴走を抑止する最高法典ですからね。




587 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 17:25:10
代用監獄に反対の声が高まったのは、日本の非人権体質が
暴かれてきたからです。
国連や海外の声は、代用監獄は時代錯誤ということでした。
日本の権力側は、国際世論という声を治安強化等をわめく、
保守反動側の国際世論のみしか引用しませんが、国際世論
は、日本の代用監獄をはじめとした非人権体質を批判する声も
実は高いのです。
自民党は保守反動が多いため、保守反動の国際世論しか政策に反映しませんが、
自民党政権に変わる政権下であれば、代用監獄などの保守反動側の政策は撤回され
ていくことがありえるでしょう。国連では、代用監獄に対してかなり批判的です。
こうした国際世論が日本に適用されるためにも、自民党政権を覆すしかないのです。

588 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 17:29:04
政権を覆すことは容易ではないが、政権側に詰め寄っていくことは
可能です。国連勧告や、アムネスティーの意見を集約させて、
日本政府に突きつけていく、国内世論を作り出していく、法曹界や
市民団体に呼びかけていく、こうした積み重ねによって、
代用監獄のむちゃくちゃさをやめさせていくことはできます。
その闘いを元左翼活動家たちであればこそやってほしいと私は思うのです。


589 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 19:10:40
>>585
うちはだいこ君は、相変わらず狭溢な解釈しかできない人なんだなぁ…
彼は別に擁護している訳じゃないじゃん。
そうした二つの側面を有しているという事実を述べているんだよ。
とにかく出来もしない癖に徹底せん滅などと理念的なことを言うつもりはない。

この日本とイスラエルにしかない代用監獄の反動性に対する意見は同感する。
ただ、元左翼活動家ならばこうして欲しいという訴えはわからないでもないが、それを決めるのは我々一人一人だ。
そこまで、あなたの思惑に従う必然性はない。
いずれにしても、あなたは自分のブログを開いているし、そこで幾らでも自己主張は可能なんだから、どうか我々のことは放置して欲しいというのが正直な気持ちだ。

590 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 19:15:25
人でなしの電波だいこに人権なし。

591 :革命的名無しさん:2006/07/05(水) 23:56:12
>>585-588言ってることは全くその通りだけど、大変押し付けがましい。

592 :革命的名無しさん:2006/07/06(木) 00:38:58
>>589

殲滅などはそそのかしていないし、それは必然ではない。
私は市民がチェックしていく重要性をといている。
しかもやり方は困難ではない。法曹界でもそういう声はあるし
市民のなかにもそういう声がある。可能性は高い。
だからこそ、元左翼であればこそ、市民運動として展開できるということです。
しかし、それさえもできないという回答はやはり、転向の一種なんだと
いう意味合いにしか聞こえない。残念です。闘ったらやられるという恐怖が
あるのかもしれないし、「今の生活を壊さないで」ということなのかもしれない。
しかし理不尽は理不尽。それぐらいの闘う民主主義さえもなくしてしまえば、
世も末だ。私の思惑などとみられてしまうのも、人事のようにとらえているとしかいいようがない。
しかも、権力に対する認識が甘いとしかいわざるをえない。闘わなければ、やられるのであって闘うからにらまれる
のではない。ナチスを台頭させてしまったことを、もう一度みておく必要があるだろう。
ふたつの側面というが、では「家庭思いの」「道徳的」で「律儀」なブルジョアジー
がいたとして、労働者を「解雇」するとしても、「家庭思いの」ブルジョアジー
ということになってしまう。私の言いたいことは、立場の問題なのです。
権力に追われるものが、権力に対して甘い感情は禁物だということです。
なぜならば、権力は甘い感情を運動側にもっているわけがないからです。
ちとえ退いた立場の人にも、監視は継続しているはずです。
いろいろな方が、体験談をはなされているわけですので、
対権力に対する認識は重要だと思います。
ただ私は指導部が転向していることを批判しているから、
現役も含めて不愉快なのだろうとは思います。
しかし、代用監獄は別に党派に限ったものではありません。
なんらかの運動をやる人々に共通する内容ではないでしょうか?





593 :革命的名無しさん:2006/07/06(木) 00:42:22
賛同してもらってどうもです。
これは、市民運動でも重要なテーマです。
ただ、大変押し付けがましいととらえられるのではなく、
リアルな問題としてとらえていかないと、大変なことになってしまうでしょう。
アメリカの治安政策はむちゃくちゃです。その基盤は経済政策の劣悪化にあります。
対岸の火事ではないということをはっきりさせたいと思います。




594 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/06(木) 02:15:32
>>589さん、どうもありがとうございました。
僕が反論したいと思っていたことです。
うれしいにゃーお。


595 :革命的名無しさん:2006/07/06(木) 09:11:00
>>592-593
提言されている貴方は具体的に如何なる行動・実践をされているのですか?

596 :革命的名無しさん:2006/07/06(木) 09:36:24
>>579
『SENKI』サイトに静岡県警のどっかの署のブタ箱では、シャウエッセン一袋が千五百円とか冷や奴半丁が三百五十円のべらぼうに高額な自弁というのがあった。
結局、仕出し弁当屋から署長や課長などへのリベートとして被疑者から自弁を通じて搾取しているといった汚職の構造を生み出してんだもんな。
官弁はふりかけがかかった飯だけという出鱈目な有り様だから、被疑者は否が応でもおかずを自弁で購入しなけりゃならない。
そういや、千葉刑務所では受刑者に養豚を行わせて業者に売りさばいてリベートを受け取っていた刑務官の連中もいたし。
密室状態で世間からは日の目を浴びない装置だから、かなり権力はやりたい放題だよ。

597 :革命的名無しさん:2006/07/06(木) 14:28:20
どうでもいい話なんだけど、
ここのスレにも軍オタというのはいるのだろうか?
リアルでは隠さないといけないのだろうか?

598 :革命的名無しさん:2006/07/06(木) 19:38:17
↑大抵の男は小学生ぐらいの時期にハマるんじゃね?


閑話休題で、ニャンケ氏が【ただの庶民だけど私にも言わせて欲しい】欄を鋭く批判していたけど衝撃だった。
俺は「ふーん、いいんじゃないの?」程度にしか考えていなかったから。
改めて考えてみればその通りだ。
皆、「ただの庶民」に成りたくて大学を辞めたり職業を変えたりして活動家になったのではないのだから。

599 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 11:29:26
【職場からの報告】だっけ?
あれは良いとは思うけどね。
哲学・思想に関連したメンバーの論文が殆ど無いのが気になる。
傲慢な荒がボツにしてしまうから執筆意欲が失せてしまっているのか?

600 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 12:14:19
嘗てメンバーからの寄稿を中心にした『理論戦線』が現在のような『理戦』となり、各専門分野の識者からなる学術総合誌に変わったのは何時からなの?
近年は紀行文とかは別にして、基本的に荒と渋谷以外にはメンバーの論文が掲載されているのを見たことがないんだけど…

601 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 14:56:09
ニャンケって、カマヤンの宗教右翼暴露にまったをかける書き込み
してた人でしょ?

602 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 15:51:49
ニャンケ。うーむ。

603 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 16:06:35
>>600

> 各専門分野の識者からなる学術総合誌に変わった

別にいいんじゃね? 荒の寄稿はよけいだけど。

604 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 16:46:07
カマヤンのブログで、必死こいて宗教右翼の暴露に
いちゃもんつけていたのがニャンケ。
ニャンケってペンネームで妨害していた。
ニャンケは、右翼や権力に対する批判があれば、
邪魔しにやってきます。なぜでしょうか?


605 : :2006/07/07(金) 19:08:04
化け猫=かわふく=ニャンケなる珍説、いつ見ても香ばしい…。

606 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 21:23:39
>>603
現在のほうが読み応えはあるから別に構わないんだけど、荒が一人だけ露骨に知識人ぶって寄稿しているのが気に食わない。
廣松哲学をはじめ、相変わらず荒が知的分野を全て独占してしまっているのはどうかなぁと思う。
ゲンジや啓太郎みたいな提灯持ちしか政策提言に関する発言が許されないのは自由闊達な討論が不可能だし、非常に窮屈で息苦しく面白くない。
荒が著した『環境革命の世紀へ』も、かなりトンデモ性があるのにもかかわらず、誰も批判、訂正、再検討するように提言しないのかねぇ…?

607 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 22:11:44
だから、その辺がニャンケ氏による【ただの庶民〜】批判と通底する問題があると思うわけよ。
荒の知的独占権が。

別に同人誌にしろとはいわないけど、ブントに名称変更した時に少なくとも荒は、「我々は党といった堅苦しいものではなく、同盟という自由でざっくばらんな組織を目指す」とお題目でも曰っていたんだからさ。

608 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/07(金) 23:11:14
>>606さんは、たぶん元同志なのでしょうから、
ゲンジさんやケイタロウさんをご存知で「提灯持ち」なんて言ってるの?
現役はみんな荒さんの「提灯持ち」ですか?
この苦境とたたかっている元同志たちをあまり傷つけてほしくないと
ニャンケからのささやかなお願いです。
荒さんだけは自業自得なところも否定しないですけどね。

それどころじゃない事態がすすんでます。
北朝鮮の本当の独裁者がやりやがった。
独裁者ってのは何考えてんだろう。
好むと好まざるとにかかわらず、今、国防とか、国際連帯とか、
本質的でシビアなことがらが切実に問われる情勢になっちまったよー。
革命情勢じゃないのは間違いない。その逆。
お家事情で窮地のブントも、バカやってる場合じゃなくなってますよ。
せめて本当に戦争を回避させるための現実的な努力くらいしなきゃ。
まあ、お互い、革命とかにゃ挫折したけどにゃ、
具体的に何かできることはないかにゃあー?


609 :革命的名無しさん:2006/07/07(金) 23:44:10
>>604

転向しているからさ。
「国防」とか本質的でシビアなことがらが切実に問われる
だなんていってるし。革命情勢じゃないのは間違いないともいっている。
革命とかにゃ挫折したけどにゃ、 具体的に何かできることはないかにゃあー
なんて結論してるから、ニャンケの本音はだいたいわかかる。
だから、右翼や権力の批判を妨害しまくるわけよ。

610 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 00:24:06
>>609
おまえの場合、転向ではなく頭の中身が「転倒」してるんじゃないのか?
ここでトリップ付きで登場するニャンケ氏はおまえが眼の敵している奴とは
全くの別人なんだよ。「思い込み」だけで誰も納得することのないことばかり
言いやがって、目障りだから来るな。
だいたい日向派は脱落派で反革命なんだろ?
そんなスレでべらべら喋りまくることはいいことなのかよ?え?
一線を画してくれてさ、もっと革命的なところでご高説を垂れてろよ。  

611 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 00:52:12
>ニャンケ氏
現役みんなとは述べません。
だけど彼等は信用していない。
現「幹部」は基本的に提灯持ちだよ。
まあ、本年では一刻も早く荒の引退を願っているだろうけどね・・・

612 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 00:53:07
訂正
本年×→本音では

613 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 00:56:32
>>610

お前には関係のないこと。
ニャンケは、カマヤンのブログでウヨク批判を
妨害しまくっていた。そいつ自身ニャンケとなのっている。
だからその確認をしているの。
ニャンケの口癖は、
ブッシュは「きちがい」だからイラク戦争を
やっているということだ。
まったく没階級的な意見を展開し、二項対立で
とらえるなと主張しているのがニャンケなの。
ニャンケは、二つの側面をのべているといいながら、
実は、右翼や権力批判を封じ込めているわけ。
ここでも、権力批判に対して、「まぁそういうな」って
批判をやめさせようとしているだけ。
共通しているじゃないか?つまり自分よりも左側から批判
されると、絶えず妨害しまくるのが、ニャンケなの。

つうか、609はニャンケの発言に対して総括しているだけなんだけど。


614 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 01:05:40
>うちはだいこ
だから違うって…呆
全部あんたの妄想だよ!
あんたはさ、自分のブログがあるんだからそこで喋ってろよ!
ここには来るなよ!

615 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 01:16:48
>>613

また、うちはだいこか。(ウンザリ

616 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 03:10:00
>>615
613ではないが、
また、認定か・・・。
うちはだいこより、うちはだいこ認定にうんざりだよ。
そんなのニャンケに聞いたらいいだろ。
そこに書いてるのがニャンケかどうか知らんけど、
本人が来るんだから、本人が答えればいい。
そんだけ。本人が違うって言えばそれで済む話じゃないのか?

617 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 04:29:02
>>610
転向、脱落派とは書かれてあるが、反革命とはいっていない。
ないことはいわないほうがええよ。
トリップ付きで登場するニャンケ氏はおまえが眼の敵している奴とは
全くの別人なんだよって、お前は当事者ではないからお前がいう台詞ではない。
カマヤンのブログに書きこんでいたニャンケかどうかと本人に聞いてんの。
本人が正直になればそれでいい。別に、カマヤンのブログで書いたことにニャンケが
自信があれば認めたらいい。お前には無関係。
それ以外の話は、お前が尾ひれはひれつけていってるだけだから。
眼の敵している奴とは 全くの別人なんだよってお前は何をいっているのか?
カマヤンのブログでニャンケというハンドルネームで書き込んでいた本人かをきいてるわけだから。
別人だとお前がいう筋合いはない。
「思い込み」だけで誰も納得することのないことばかり
言いやがってという前に、お前が別人だという筋合いはないということだ。
目障りだから来るなというのは、何?
お前は、ニャンケが宗教右翼批判や権力批判を邪魔していることを暴露するのが
そんなに困るのかぃ?これは立場の問題なんだよな。
ニャンケがもう革命を挫折したというだけではなく、右翼や権力はそんなに甘いものではないんだよな。
ただ殲滅という言葉そのものはリアリティーはないしいうべきことではないが(馬鹿げている)、
本当にやられたものならば、相手も同じ人間だ式のニャンケのような言葉ははけないだろう。








618 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 07:59:17
うちはだいこは、URLさえも示せない。
どこまでも馬鹿。

619 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 09:12:57
青い鳥も「どこまでも」の絶対値は等しい

620 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 10:03:41
ウヨの書き込みが目立っている。

621 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 10:04:34
羅漢同盟はどうですか?
あっ、茨城の田舎に住んでいるネットウヨはくさいですか。
そうですよね。


622 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 11:29:11
>>580さん、愚息の親友です。愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、「九条の会」って本当に大江健三郎
さんたちが”作って、やっている”ものなんだだろうか、「事務局長 小森陽一」つ〜のは、「許すな憲法改悪・市民連絡会」と同じパターンだけど、まさか”単なる名義借り”つ〜ことはありえないよな〜」と少し
疑問を持ちながらも張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にある
メールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


623 :革命的名無しさん:2006/07/08(土) 12:09:51
飛ばすなら蕨に飛ばしてテポドンを

624 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/08(土) 22:07:32
>>609>>617の意味不明なご意見の方へ。
うちはだいこさんなのですか?よろしい。ニャンケ本人です。
僕の言っていることの何が権力右翼批判の封じ込めなのか、
あなたの批判では全くわかりません。
カワフクとか権力右翼批判封じ込めとか、全く無関係です。
別人がこのハンドルネームを使うことはしばしばあるようです。
ニセ・ニャンケさえもいていいと思ってる。
>>610>>614さんにムチャクチャな噛み付き方をしてらっしゃるが、
彼は僕の言ってることでかつての○○だろうと僕の素性を理解してる人。
彼の言ってるとおり、ぜんぜん別人ですので、
どうぞお引き取りください。よろしくっ。(うっせえーんだ、てめえは)

625 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/08(土) 22:58:39
>>611さん。
みんなが提灯持ちだとは思っていないと聞いて、
なんだか救われる思いです。
確かに現幹部を含めてブントが信頼を回復するのはたいへんなことでしょう。
しかし信頼回復は、荒さんの退陣だけではないだろうと思います。
現状の変革をマジメに実践することしかないのではないでしょうか。
かつて「魂に触れる革命」を目指した志のガイストを取り戻してもらえたら、
僕はブントをやはり応援したい。
北朝鮮との緊張状態や国内における右傾化を食い止めることは、今、
党派的な問題ではないと僕は思います。
あそこまでの荒さんの腐敗に無批判だった元同志たちがその価値観を問われても
それは仕方ないでしょうけれど、あなたは彼らの本音も理解してらっしゃる。
ならば限定された自由のなかでの彼らの現実的な苦悩も
おそらく理解してらっしゃるんでしょうね?
我々は元同志なんだから、
「提灯持ち」みたいな批判じゃない内容的な批判をしましょうよ。

626 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 00:23:16
>>625
> 限定された自由のなかでの彼らの現実的な苦悩

そこを突破できるかが、原液に設定されたハードルでしょう。
突破できなかったら、やはり荒の呪縛に囚われていたということ。
原液は自らの決起の原点に立ち返って、もはやブントにとって桎梏に成り下がっている
荒を批判し、退陣させて欲しいですね。
われらが闘いの原点、「正義」の観点から。


627 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 06:02:42
↑異議なし!

628 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:09:14
>>609>>617の意味不明なご意見の方へ。
>うちはだいこさんなのですか?よろしい。ニャンケ本人です。
すぐにうちはだいこだといってしまうのはちょっとね。

>僕の言っていることの何が権力右翼批判の封じ込めなのか、
>あなたの批判では全くわかりません。

まず、あなたは「ニャンケ」だとなのっているから、
カマヤンのブログに書き込んでいた「ニャンケ」さんかどうかを聞いているのです。
それにお答えください。逃げないでこたえてください(都合の悪い部分のスルーはやめてください)

カマヤンのブログでは、中部地方の宗教右翼団体施設から集中して書き込みされている
という指摘がなされ、それらの実態が暴露されようとしていました。
そこに「まった」をかけて宗教右翼の暴露をするな(右翼にも人権はあるという主張)
という論点づらしでカマヤンにいちゃもんをつけていたのが、「ニャンケ」というペンネーム
の方でした。ですから、それを問いただしているのです。しかも、ブッシュの例をもち出す
批判は、「ニャンケ」さん独特の批判の仕方のよう。

というのも、あなたは、権力にも人間である(家庭をもつものもいれば、いい人もいるだろう)
といって、権力に対する元活動家・現役の批判的書き込みをなだめすかしているからです。
といっても私は殲滅だといっている主張に賛成するのでもありません。しかし、
権力も人間だでは、批判にならない。なぜならば、厳然と権力は、左翼を襲ってくるからです。
ニャンケさんは、そのことをふまえて主張されるべきです。私はあなたに不信を抱くのはあなたの
姿勢と立場そのものです。



629 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:16:43
>カワフクとか権力右翼批判封じ込めとか、全く無関係です。

カワフクって何ですか?私はそんな呼称をあげていませんが。
あなたが、持ち出されているのはどういう意味があるのでしょうか?
ぜひ、カワフクとは何かお聞かせください。

権力右翼と私は申していません。権利と右翼をわけるべきだし、
あなたはこのスレッドで、権力もいい兄ちゃんもいるといい権力批判を
なだめすかしているわけで、私はそのことに批判を展開したまでです。
もちろん、一公務員・職務とする部分と、そうでないプライベートは
あるでしょう。そのなかではいい家庭人の人もいることでしょう。
しかし、彼らは左翼のプライベートさえ調べ上げて嫌がらせを
するという卑劣さが実際あるのです。
立場的にいえば権力のかさをきて「やりたい放題」だといっていい。
権力側にもいい家庭人もいるからそう憤るな
といいながら、左翼には土足で踏み込んでくる人たちだという点を
なんら批判しないのがあなたではないか?権力にも人権や家庭はあるのだという前に
どうして権力への憤りを書き込んだ人たちの立場を理解しない?そして左翼にも人権は
あるのだとなぜあなたは主張しない?あなたが左翼運動をしていたというのならなおさらだ。



630 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:20:56
ところで、ブンドと共産党って関係あるのですか?

631 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:21:08
元活動家や現役はそれらをよく認識しているはずです。だからあのような発言をする人もいるのではないか?
ただ、殲滅など挑発的な言い方はリアルではないし、またそれが革命的だということではない。
私ならば、殲滅だとか憤りをいう人たちに対して、そうではなく権力の暴走をチェックし
批判できる力・市民の力で暴走をとめよう!とよびかけます。そしてそちらが、
民主的だし暴力的ではない(殲滅しろという言葉では何の解決にもならない)し、
現実的だ。
そのへんを指摘するのではなく、権力も人間だということではだめでしょう?
では左翼への嫌がらせに対してはどうかをあなたは何もいっていない。
ここがニャンケさんに対する批判なのです。

他方で、カマヤンのブログが宗教右翼の暴露に対して「ニャンケ」
というペンネームの方が、宗教右翼でも人権があるといって、宗教右翼の
暴露をやめさせようとされていたわけです。
そこで、あなたは、カマヤンのブログに書き込んでいた「ニャンケ」さんかどうかを
聞いているのです。しかし、あなたはそれをお答えにならない。



632 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:26:09
>別人がこのハンドルネームを使うことはしばしばあるようです。

なるほど。しかし、誰が本人か嘘かは、リモホなどがはっきりわかるわけではないので
なんともいえませんね。

>ニセ・ニャンケさえもいていいと思ってる。

そうですか?ではあなたとまったく正反対の主張を
名のられた場合もよしとするのですか?

>>610>>614さんにムチャクチャな噛み付き方をしてらっしゃるが、
>彼は僕の言ってることでかつての○○だろうと僕の素性を理解してる人。

そう?むちゃくちゃとは言葉使いも含まれると思いますが、
そうとうむちゃな言葉使いを先にしているのはどちらでしょうか?
ニャンケさん、>>610>>614の言葉はそうとうむちゃくちゃな言葉
だし挑発的だと思いませんか?




633 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:26:54
>僕の言ってることでかつての○○だろうと僕の素性を理解してる人。

○○だろうとは何?名前ですか?党派ですか?
あなたの素性はなぞが多い。また、あなたぐらいの書き込みは、
それらを実証するわけでしょうか?
具体的に元活動家も現役も、顔やペンネーム(本名)などで
党派歴はわかるかと思います。ただネット上では難しいでしょう。
とくに、2ちゃんはわからない。

>彼の言ってるとおり、ぜんぜん別人ですので、
>どうぞお引き取りください。よろしくっ。(うっせえーんだ、てめえは)

あなたにお聞きしたいのは、カマヤンのブログに書き込んでいる
「ニャンケ」かどうか?この一点です。お答えください。
そしてなぜあなたは、権力に対する憤りの火消し役をかってでたり、
左翼を攻撃し嫌がらせをしまくっている宗教右翼の暴露を
宗教右翼にも人権はあるとしてやめさせようとなさっているのか、
お聞かせください。
それから、うっせぇーんだよ、てめえは
という言葉も大変下品ですから、あなたを逆に落としこめることになる
言葉使いだと思いますよ。


634 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 17:33:47
ニャンケは、スパイの可能性が高いといわれても仕方ないのではないか?


635 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 20:12:03
ニャンケ氏
答えてあげたら!
この粘着荒らしはウザくて叶わん!
まあ、どの様に回答しても曲解うちはだいこは絶対に納得しないだろうけどね…

636 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 20:33:12
>>633
あのね!
ニャンケ氏が〇〇だろうと言っているのはね!
戦旗の元活で彼のことをよく知っている者なら、容易に「アイツかぁ…」と察しがつくの!
キミは元中核派とか自称しているようだけど、ロクに活動経験もないんじゃないの?だから理解できないのかも知れないけど、普通は現実世界で活動家の仲間同士で交流があるのならば、容易に推測可能なんだよ!
頼むから当スレには二度と来ないでくれ!

637 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 20:43:12
にゃにゃにゃにゃにゃ=かわふく=ニャンケ
うちはだいこだけの理論ですね。
自分に従わない人間は全て同一人物と思い込むのは小川三四郎とうちはだいこの宿命です。

638 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 21:04:35
完璧な妄想だよ!
ウザイったら、ありゃしない!

639 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/09(日) 21:08:04
ほーんと、うっせえんだよ。
ブチキレそうだ。
何度も答えてるだろ。
違う。
別人。
人違い。
どういえばわかるんだ?
二度と来るな。
よお、てめえは日本語わかるか?
権力弾圧のひどさは俺らのほうがわかってら。
ばかやろー。

640 :革命的名無しさん:2006/07/09(日) 22:24:42
>>631
だいたい、てめぇは偉そうに高飛車な主張を曰ってるけど、てめぇ自身は弾圧された経験や逮捕歴はあんのかよ!
なあ、似非中核派元活動家うちはだいこよ!

641 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 00:27:06
>あなたにお聞きしたいのは、カマヤンのブログに書き込んでいる
>「ニャンケ」かどうか?この一点です。お答えください。

つまり答えられないわけですね。

それから、言葉の品性がむちゃくちゃですね。
冷静ではいられないのですか?




642 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 00:30:09
>>637

小川三四郎という人はどういう方ですか?
自分に従わない人間は全て同一人物ってあんたも同じこといってると思うが?
自分に従う従わないということではないのですがね。

643 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 00:32:31
>>639

つまり、カマヤンのブログに書き込んでいる
「ニャンケ」かどうか答えられないわけですね。
別人っていうのは、カマヤンに書き込んだ「ニャンケ」とは
別人ということですか?はっきりお願いします。

それから、あなたが、権力に対する憤りに「まった」を
かけていることは、お認めになったほうがいい。

それから、言葉の品性がむちゃくちゃですね。
冷静ではいられないのですか?



644 :平等主義:2006/07/10(月) 00:33:01
安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!
安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!! 安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!
安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

安保反対である!!  平和憲法があれば安保は要らない!!

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50




645 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 01:14:55
あのさ、ニャンケでもかわふくでもうちわだいこでもいいけど、よそでやってくれる?
ここはブントスレ。ブントの思い出や、これからを語るスペースなの。
あ、ニャンケさんは元現地行動隊でしたっけ? 外野は無視しましょう!

646 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 01:39:49
↑同感

>>643うちはだいこさん
あなたは荒らし行為をしてるんですよ。

647 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 01:47:14
そういうわけで以後荒らすヤツは全てアダチ認定してスルーすることになりますた。
くだらんことばっかり言ってる椰子は放っておけ。

648 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 04:48:27
>>643
はっきりと別人だと答えているのに、随分とはぐらかしますね。
うちはだいこにはうんざりです。

649 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/10(月) 06:25:07
>>645 >>646 >>647 >>648 同志諸君、
ごめんねえー。今後、放置・無視を貫徹します。
すぐ熱くなってしまう性格は、かえってアラシバカを喜ばせていた。
ここはブント・スレだし、ニャンケはブント・スレの住人です。


650 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 08:22:49
閑話休題。
実は俺は新築してからの横堀団結小屋には一度も入ったことがないから、中はどうなっていたのかさっぱり知らない。
惜しいことをした。
隣りの鉄塔には登ったことがある。

新築する前のプレハブ三階建ての階段を五味が滑り転んでヘコませたために、後からそこのステップで滑り転ぶ奴らが続出した。

1984年8月の現行隊。
時代はバブル絶頂の頃で、都会では同世代の大学生たちがベンチャー企業をつくりイベントを企画・開催して儲けた。
『オールナイトフジ』に代表される空前の女子大生ブームでオシャレな“カフェバー”が六本木に軒並み開店した。
大学生といえば合コンにてサワーの一気飲みで急性アル中で倒れて救急車で運ばれるというイメージが定着していた時代だった。
そして黒柳哲子と久米宏が司会の『ザ・ベストテン』では、チェッカーズと自殺した岡田由希子が歌っていた。


651 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 08:44:13
現闘本部には故・笠置さんが居て、小林ギヤも居た。
あの頃の現闘メンバーは1ヶ月に2万5千円の“小遣い”でよくやっていたと思う。
だから、煙草は「わかば」を皆吸っていた。
もっとも「アダチ分裂」直後に筑波共闘、高叛共闘から現闘再建のために尽力したメンバーは“小遣い”もなく、大変苦労されたけども。

652 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 10:25:49
その五味も勝矢に続いて、先々週、いなくなった。

653 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 11:09:15
>>650
ふーん。横堀の小屋って改築したんだ。
オレはそのプレハブ時代しか知らないや。

3階から例の階段下りていくと、そこから空港の灯りが見えたじゃん?
初めて見た時正直「うわキレイ」と思ったことは自己批判します。

>>650さんが84年8月の現行隊にいたのなら絶対会ってますね。

654 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 12:35:53
>>652
マジなの!?

>>653
絶対に会ってるはずだね。
俺も空港のイルミネーションは綺麗に見えたよ。
こちらは周囲の草村から虫の鳴き声が聴こえる落ち着いた自然なのに、少し向こうは白くライトが光るコンクリートとフェンスに覆われた人工美に彩られ、不思議に脚色されたコントラストに思えた。
だけど、昼間に源さんの畑に行くとジェット機の滑走路を移動する音には辟易した。
それから草加氏も自身のブログにて記事にしているけど、岩山の秋葉さんの畑で援農した際に巨大なジェット機が林の向こうから飛び出て来た時にはマジで驚愕したよ。

団結小屋は“白鷺城”に改築後、90年の砦戦で跡形もなく破壊されてしまったから、あのプレハブ三階から見た風景は俺たちの記憶にしか刻まれていない。

横堀も現在は労農合宿所と労活評の小屋は残っているのか?

655 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:02:00
>>652
ふ〜ん。時は巡り…。

>>654
三里塚の体験は貴重なものだったね。バブルに向かう80年代では外国のお話しみたいだもん。
初めて行った現地。あの緊張感。あの大自然に吸い込まれていくようなイメージ。。。

労農合宿所は火災の後再建されていないじゃない?
労活評の小屋はあるのかな? 今や熱田さんがいないからね。。。

656 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:04:21
バブル絶頂期で同世代の多くの若者が都会で着飾って遊んでいるなかで、俺は現行隊で何の損得もなく三里塚闘争の勝利を願う同世代の純真な仲間たちと共に過ごせたことを誇りに思う。
翌85年9月からの9・29戦闘に向けた第15次現行隊にはニャンケ氏も居たな。
当時、薬師丸ひろ子主演の『ねらわれた学園』がテレビで放送するからと、長田氏をはじめとする皆が白黒の14インチテレビにかじりつくように視ていたのを、俺は何となく冷めた目で眺めていた。
その直後に大型カラーテレビが小屋に導入されたけど、何故か『夕やけニャンニャン』が点いていて『セーラー服を脱がさないで』をおニャン子クラブが踊っていたのを誰かが視ていた。
みんな普通の若者だったんだな!

657 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:06:10
>>654
>岩山の秋葉さんの畑で援農した際に巨大なジェット機が
>林の向こうから飛び出て来た時にはマジで驚愕したよ。

車に乗ってる時に目の前をジェット機が横切った時には本当に驚愕した。
タイミングや角度によっては「飛行機が交差点を横切っているように」見えるよな。
そして何よりもあの音だ。正直「こんなところでは暮らせないよ!」と思った。

>>652
本当かよっ!?現役さんよ肯定か否定かどっちでもリアクションよろ。



658 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:14:56
>>656
>当時、薬師丸ひろ子主演の『ねらわれた学園』がテレビで放送するからと、
>長田氏をはじめとする皆が白黒の14インチテレビにかじりつくように視ていたのを、俺は何となく冷めた目で眺めていた。

ははは。懐かしいね。
レンタルビデオ屋さんというものが世の中に現れ始めたのは85年くらいだったかな?
1泊1500円で、映画館と同じ値段で家で好きな時に何回でも楽しめる、というのが売りだったよね。
それまでは映画館で見逃した映画はこうやってテレビ放映の時に必死にw観るしかなかったもんなぁ。

でも小屋のテレビって一階にあったよね?
なんとなく一階のテレビのあるスペースは現闘メンバーのスペースで、現行隊のスペースは3階..
みたいな住み分けがあったからあんまりテレビを観た記憶が無いんだよな〜。

3階の大広間でうたた寝するのが好きだったグータラメンバーだった。「過渡革」読んでると寝ちゃうのよねwww


659 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:25:44
>>655
ということは、横堀は今や無人地帯か?

暑かったね!
とても暑かった…
自然に吸い込まれていくイメージっていうのは、まさに真夏の三里塚のイメージそのものだよな。
外国のお話かぁ…
そうだよなぁ、60年代や70年代前半ならまだしも、時代は80年代半ばだったもんなぁ!
新東京国際空港っていったら普通は海外旅行のイメージだし、そして沖縄っていったら普通はリゾートのイメージだよな?
俺たちにとって全く意味の異なる記号だったけどね。
写真とか無いから心象風景で思い出すしかないけど、眩しい日差しの中で用水工事が始まる前の菱田の水田の風景やトラクターの音は、ずっと死ぬまで記憶に刻まれていくと思う。
そして若さ溌剌としていた仲間たち…

660 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:35:31
>>658
一階の掘りコタツは第15次現地行動隊の時に取り壊して、一階は六人架けテーブルとベンチを作成して大広間にした。
そこに白黒テレビを置いたんだけど、改装直後に小林ギヤの要請で本部からカラーテレビが寄贈されて大広間に設置した。
カラーテレビは残念ながら薬師丸ひろ子には間に合わなかったけども、カラーになってから皆は『夕やけニャンニャン』を視ていたよ!w

661 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 13:57:30
渋谷にはギャルはいなかったけど、その代わり青学のナンパ学生が居酒屋で合コン三昧していたな。
異様に大学生=遊んでいるみたいな感じだった。
俺たちは毎日農作業をして闘争の行く末を農民と毎晩語り合っていたけどね。
そして検問で機動隊から嫌がらせをされたりしていた。

662 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 14:31:17
うじうじ昔を僻むスレッドになってます。これからを語る
スレッドになっていない。しかも、ブントにこれからはあるのか?

663 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 14:36:45
>>661
そうだねー。あの頃の遊んでる学生って今の大学生よりもチャラけた存在だったかもしれないねー。
今思い返しても80年代って薄っぺらい時代だったよなあ。

664 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 14:37:37
>>662
いやもともとここはウジウジと昔を懐かしむスレだから

665 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 14:44:02
つまりブントはもう解散一歩手前だということですか?

666 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 15:18:28

反戦ネットワーク所属、LPG様。

以下のような行為はおやめ下さい。このAAを数分間隔で60回以上も書き込んだあげく、「粉々に粉砕してやった」などと「自慢する」LPG様。とても「正常な方」とは思えません。
これ→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1129005369/l50
これ→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1133452703/l50

※一スレでの落書きの最高は、4月21日の562回!一回一分にしてもこれだけで、ほぼ10時間! 
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1144955720/
※次が220回→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1131684083/
※次が212回→http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1141279312/

あなた様の、「精神異常者だから何でも許される」という考え方は、精神異常者であるご自分に対する甘えであり、「精神異常者」の「悪用」であると私たちは考えます。話は違いますが、LPG様の「おいら、ワールド
ピースナウの実行委員を卒業して、今は九条の会の事務局員やってんだ〜」という自慢話。やはり嘘だったそうですね。それと、「おいら、ブントにほめられちゃった〜」といってみんなに自慢している下のファイル
、あなたのことなんて一言も書いていませんよ。
http://www.bund.org/editorial/20040505-2.htm

「LPG様の強制入院に反対し、温かく見守る市民の会」及び参加賛同人一同


667 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 15:21:29
>>665
うちはだいこは、OBを捕まえて何を問い詰めているのやら。

668 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/10(月) 20:44:30
先輩がたの三里塚の描写はリアルで感涙です。
僕も、正直、空港の明かりをキレイだと思いました。
あの当時の大学生が総じてチャラかった根拠は、就職でしょう。
求人する企業側が学生をディスコや海外旅行で接待してるニュースを
現地のテレビで見ていて、なんか、ムカついてました。
きさまら、三里塚に来て草むしりしろ、とか。
今の大学生には想像できない脳天気な世代だったのに、わざわざ三里塚で血と汗を流すみんなは本当に変わり者だったよね。
・・オレもか?

669 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 21:40:03
「新人類」とかいわれるようになったのはその直後からだよな?
当時は労働力売り手市場で就職先はいくらでもあったのは確かだ。
転職ブームで会社をコロコロ変える人も一般には多かった。
だから学生の側が余裕綽々としていて在学中は遊んでばかりいたんだろうな。
そんな最中にもかかわらず毎日農作業に従事した挙げ句、都会に戻ってからも駅前に立ってキャッチオルグをして、わざわざ大学を辞めて零細・中小企業の現場職に就いた俺たちって…
勿論、学生時代に辞めた奴も大勢いたけど、奴らは正解だったんだろうな?
俺も活動は学生の頃だけに留めておくべきだったと思う。
その後は本当に身と心を削るだけだったと思う。

670 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 21:53:20
確かにどんなに経験を積んで弾圧され逮捕されても、自分のなかでの経歴にしかならないからね。
三里塚闘争に参加していたとかその他のことは、世間一般では寧ろマイナス要因にしかならない。
そういう意味では荒の現在の心境を理解できないでもない。

671 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 23:32:53
80年代に高校生で結集した須藤や五味って純真だったのか屈折していたのか。
自分はもうちょっと後だったけど結構屈折していた方かも。

672 :革命的名無しさん:2006/07/10(月) 23:36:56
五味はGIYAに対して、必要以上に過剰反応している。
相当屈折していると思われ。

673 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 00:12:42
>>659
> 自然に吸い込まれていくイメージっていうのは、まさに真夏の三里塚
> のイメージそのものだよな。
オレは「ライ麦畑でつかまえて」を読むと、三里塚のトウモロコシ畑を思い出す。
真夏の三里塚。

674 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 00:15:47
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50

日本の平和は平和憲法9条の上に成り立っているのだ!!http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50

日本の平和は平和憲法9条の上に成り立っているのだ!! 理解せよ!! 理解せよ!!

日本の平和は平和憲法9条の上に成り立っているのだ!! 理解せよ!!http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50

日本の平和は平和憲法9条の上に成り立っているのだ!! 理解せよ!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1152543620/l50

日本の平和は平和憲法9条の上に成り立っているのだ!! 理解せよ!!

675 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 02:37:08
どうも、お久しぶりです。

>>656
>当時、薬師丸ひろ子主演の『ねらわれた学園』がテレビで放送するからと、
>長田氏をはじめとする皆が白黒の14インチテレビにかじりつくように視ていたのを、俺は何となく冷めた目で眺めていた。

その中に私もいました。長田さん達が、めっちゃ強引なストーリー展開に「なんじゃこりゃー!」とか突っ込みいれながら見ていましたよね。
でもあれ「現闘の白黒テレビ」だったのか!なんか私の記憶のスクリーンでは合宿か何かで都内のアジト、それでカラーテレビなのです。

ああ、「体験者の証言」のなんとあてにならんことよ!歴史認識の問題で、しょーむないネットウヨが重箱の隅をつつくような「反論」をするはずだわ。
しかしそれで「長田氏をはじめとする皆が『ねらわれた学園』をテレビで見ていた」という事実まで否定した気になられてはたまらんのだが。

676 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 03:19:13
えーと、それから実はですね、ここでの皆様のリレー小説などに触発(?)されまして、ちょっとした「左翼が主人公のゲーム」を製作中です。
最近めっちゃ忙しくて時間がも〜う、全くとれないもんで、サイト更新の変わりに30分、1時間という細切れ時間でコツコツと作っています。
↓ゲーム中のヒロインの画像です。
http://bund.jp/yui/001.gif
http://bund.jp/yui/002.jpg
※「画面は開発中のものです」ちゅうことで・・・。

で、リレー小説してた皆さんにお願いがあるんですが、この娘のセリフを考えてほしいのです。
一応、ストーリー部分のセリフは比較的楽に書けました。問題は日常生活の通常画面でのセリフです。
その部分は「恋愛シュミレーションゲーム(もどき)」になっていまして、この娘のランダムなセリフに対して、プレーヤーが行動を選択し、その選択されたコマンドでパラメーター(と言っても「好感度」一つしかない)が変化するという仕組みです。


677 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 03:20:23
システム上、180通りのセリフを考えないといけないのですが、80ほど考えたところで煮詰まってしまいました。とにかく同じセリフや似たようなセリフは使いたくないもので。しかも、「いかにも(戦旗派)活動家の日常生活」という感じのセリフにしたいのです。
とにかくストーリーも脈絡もなく、そういうセリフをポンと180も考えなくてはいかんわけですが、私ら、あの頃「アジトでの日常会話」って、どんなこと話してましたっけ?

「やっぱり学生的な体質は一掃していかないと」とか、「ゲバラのように生きる・・・かぁ。私にできるかな」とか、考えてみたのですが、やはり、ざーとらしいですかね(笑)。
あと、選択できるコマンドには「反論する」というのもあるので、「こんなこと言ってみんなに批判された」というセリフとかも大募集です。それから「党内恋愛中のカップル」が二人きりの時にかわしていた会話とか。

ほとんどの左翼系の人からは「くだらない!」と一笑にふされると思うのですが、このスレでなら話がつうじるかなあと(笑)。
一応、今回は「社学同編」ですが、好評のようなら、ニャンケさんあたりにシナリオをお願いして「労共闘編」も製作してみますか。
「俺たちはこんなこと考えて生活してたんだ!」というわけで、一般人にはもちろん、同じ左翼でも他党派の人間にすらわからない、戦旗派用語満載の香ばしいゲームにしていきたいなあ。

よろしくお願いしまーす。

678 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/11(火) 06:07:59
草加さん、すっげえことはじめましたね・・(絶句)
ニャンケ的にはキャンパスで社学同メットの001女がかわいい。
なんとなくこんな子いたかもって雰囲気でてます。
セリフ、今日は仕事しながら考えましょう。
同志諸君の力を結集すればあと100個くらいイケルかも?

679 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 07:10:32
>草加氏
やっぱり主人公(プレイヤー)の恋敵キャラとして、是非ともニャンケ氏と葉寺覚明氏は必須ですな!

680 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 10:44:31
ニャンケ氏:プレイヤーとヒロインの恋愛が成就しそうな時に、出っ腹でプレイヤーに体当たりして二人の恋路を妨害する敵キャラ

趣味者青年(藁):プレイヤーとヒロインの恋愛が成就しそうな時に、「萌え〜っ!」と絶叫しながらヒロインに抱きついて二人の恋路を妨害する敵キャラ


プレイヤーはヒロインと協力し合いながら、この度々登場する二大ラスボスと戦闘して勝利しなければゲームをクリアできない。
HPは現行隊で鍛えてきた分だけニャンケ氏のほうが高め。
プレイヤーとヒロインの攻撃&防御力は、その時の二人の恋愛並びに組織活動習熟度によって決定される。
勿論、二大敵キャラの攻撃力と防御力も徐々に高まっていく。

他に敵キャラとして公安デカや活動を辞めさせようとする親・兄弟キャラなど。

681 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 12:57:23
今は「ゲームを作るためのソフト」がフリーでたくさん公開されていますので、それを使えばそんなに「すっげえこと」でもありません。中には市販のゲームと遜色ない作品を作れるソフトもあります。そういうソフトを無料で公開している人こそが「すっげえ」のです。
これらのソフトを使ったゲーム作りの話題や情報も、2ちゃんの該当の板にいけば五万とあります。こういう趣味の分野では2ちゃん本来の有用性が存分に発揮されています。

今回はブラウザ上で動作する単純なシステム(と言ってもこれ作った人スゲー!)の改変版なので、>>880さんのような細かいご要望にはお応えできませんが、絵とセリフさえ用意できれば(それが大変なのですが)、誰でも簡単に(本当に簡単です!)作れます。
ニャンケさんも挑戦されてみては?
ただし、私が作れる範囲のものですから、あんまり期待しすぎると、完成品を見てがっかりされてしまいます。あくまで元活の内輪ネタで盛り上がろうということで、ゲーム自体はしょぼくてもいいかなと。
今回のシステムでも、通常の画像のかわりにフラッシュファイルを作れれば、かなり自在なものにできるのですが、私にはそこまでの技はありません。

ブラウザ上では動作しなくてもいい、一括ダウンロードして自分のパソコンで遊んでもらうなら、もっと複雑で長大なものも作れます。>>880さんのおっしゃるようなゲームを作ることも可能だと思います。パッケージ版にして葉寺さんにコミケで売ってもうらうか(笑)
ただし今回みたいに「細切れ時間で暇をみながら」というレベルでは無理でしょう。次回作ではみんなで協力して作ってみましょうか。

と、いうことで、ともかく皆さんの中で賛同していただける方々!
セリフお願いしま〜す!(土下座) もう脳みそ枯果てて同じようなセリフしか出てこな〜い!!

682 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 13:32:19
間違い
>>880さん → >>680さん


683 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 13:40:58
部外者です。セリフといえば・・・。
80年代前半に所沢駅で管制塔被告奪還の署名を集めていた労共闘のお姉さんにキャッチされました。
話しをするときにやたらと「ボクらは・・・。」と言うのが私的には萌え〜でした。
でも、かんじんの話の中身がたいしたことなかったので戦旗・共産同には萌えませんでした。

684 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 13:49:36
なるほど・・・
ではヒロインの自称は「ボク」ということにすべきなのでしょうか?
で、初対面で「たいしたことない」話をしたということは、一応(左翼的には)ごく一般的な話題で様子を見たということだと思いますが、
どんな会話だったか覚えておられませんか?

685 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 13:59:04
>草加氏
一応、キャラ設定は時期的には80年、社学同再建の頃から労共闘 社学同 阻止連が存在していた90年秋の砦戦直後ぐらいまでかな?
所謂90年代戦略が提唱され各地区が、反戦行動さいたま 水戸反戦市民講座 侵略STOP!関西の会 核と戦争を許さない市川市民の会などと名乗るぐらい迄の?
88年頃の廣松哲学を導入したあたりから「所与を前提としたところの所識が…」とか、やたらと四肢構造論を意識したタームが多用されるけどね。

686 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 14:14:08
「ボクら」という人称を使う女性メンバーは極めてレアだから無理があるな。
やっぱり基本的に女性メンバーは「わたしら」だったけどね。
呼称問題というのが89年に提唱されたけど、それはあまり組織的に定着しなかったからよしとしましょう!
呼称問題以降、他人を呼ぶ時に「あなた」というのは、どの地区でも定着していたみたいだったけどね。
「あなた」ではよそよそしいので「キミ」でよろしいかと思います。
84〜5年頃には1000には本当にゲームキャラみたいな可愛い娘が結構いたなぁ…
9・29辺田大会戦にも参加してパクられたりしていた…

687 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 14:49:44
ヒロインからの呼びかけは、ゲーム開始直後からは「○○君」とプレーヤーの名前を呼んでくれます。
クリア直後からは二人きりの時だけ「○○」と呼び捨てにしてくれます。

呼称問題まで言い出したら、ちょっと萌えないので、まあいいでしょ?

そんなことより、なんかいいセリフないすか?
私が「考えてほしい」ということもあるけど、ここのみんなで考えたセリフを散りばめたいわけっすよ。

>84〜5年頃1000には本当にゲームキャラみたいな可愛い娘が結構いたなぁ…
うちの地区の公安刑事も「戦旗派は美人が多いなあ」と言ってたらしいです。

688 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 14:57:42
>>684
何度か会ったんですよ。でも、三里塚で勝利するためには破防法的弾圧に抗するための我々一人の
決意の必要なのであると(しきりに、だからインターはダメだといいつつ)くり返していました。
生活に立脚したにおいが全くしないのに正直辟易しました。
>>686
そうか、レアだったのですね。

部外者ですのでこの辺で失礼させてください。

689 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 15:19:18
なんだか『ときめきメモリアル』みたいだな!w

それでは。
1.もっと対自的に捉え返さないとダメよ!

2.〇〇君の言ってることは所与としての立場が戦旗派的な共同主観を前提としたものではないんじゃないの?

3.組織的パラダイムを通じての協働性を克ち取ることが大切なんじゃないかなぁ…

4.実践的な総括が「として〜」規制に規定されてると思う。

690 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 15:25:12
訂正
4.「〜として」規制から抜け出していないから実践的な総括になっていないと思う。


こうして思い起こせば、なんだか俺って女性同志から批判ばかりされてたんだなぁ…と、しみじみ思う…(泣

691 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 15:38:39
おお、良いな(w
このへんは間違ったコマンドを選択してしまった時のヒロインのセリフに使うといいかも。

692 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 15:40:16
「よぉーし!」とか「ナンセンス!」は必需品ですね。
性格はツンデレか子猫系がいいかなぁ。ツンデレは先輩タイプで子猫系は後輩ってことで


693 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 15:42:06
>こうして思い起こせば、なんだか俺って女性同志から批判ばかりされてたんだなぁ…と、しみじみ思う…(泣

あと、どういうことを言った時にこういう「批判」をされたかとか。

694 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/11(火) 15:46:10
>「よぉーし!」とか「ナンセンス!」は必需品ですね。

おお!そうだ、それをコロッと忘れていました(笑

695 :689:2006/07/11(火) 16:43:58
>>689の1〜4はプレイヤーが全て表面的な自己批判、要するに言い訳をした時にヒロインから返される言葉。

他には
1.〇〇君は指導者として官僚主義的な在り方と思想性を克服する必要があるんじゃないの?

2.何が革命的かを内容的に語れないと対象変革できないわ!
3.極端な話、要するにマルクス主義的な対象化が足りないのよ!

4.党と人民が勝利すれば自分は朽ち果てても構わないという思想性が戦旗派的主体性論の核心よ!

696 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 17:22:32
ベタだけど、、

1,疲れた時 「消耗したよ〜」
2,元気になった時 「空気入った〜」
3,主導権をとる 「ヘゲる」
4,その他
  「ゴリゴリのスタ官だな〜」
  「『意志あれば道あり』なんだよ!」
  「なかんずく」「ありていにいえば」

697 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 18:15:10
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

698 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 18:43:53
「就中(なかんずく)」なんて、戦旗ぐらいしか使わなかったんじゃないの?www
あと忘れちゃならないのが、「日帝〇〇政権わぁーっ!」「主体的に考えて〜」とか。

他に「実践的唯物論」とか「物質化する」、「対自的ベクトル」といった言辞。

699 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 18:50:47
法学部だったが「就中(なかんずく)」は古い判決文でもよく使われていたよ。俺、普通に読めたもん。
あと「畢竟(ひっきょう)」もそう。こちらは今の判決文でも見かける。

700 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 19:00:13
「虎視眈々と〜を狙っている」
「敵に冷水を浴びせる」
「死をも投獄をも恐れず闘い抜こう!」
「我々は主体的に決起し〜」

こうして考えてみると、左翼言辞って萌え要素が全くないな!・笑

701 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 19:10:47
「党としての闘い、党のための闘い」
「そんな観念的な総括ではなく具体的、実践的な問題よ!」
「〇〇君の政治責任が問われるような指導を問題にしてんの!」
「第一に〜は、第二に〜は、」

702 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 19:15:37
>こうして考えてみると、左翼言辞って萌え要素が全くないな!・笑

つーか、みんな、アジトで食事しながらテレビ見ながらビラの原稿書きながら
本当にこういう会話してたのか?

703 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 19:16:10
「×核は、獅子はうさぎを倒すときにも全力を出し切ると言って、我々を
恫喝したんだ」
「荒自身も過渡革の小ブル的観念性は、後の血債猛省の思想で批判的にとら
えてるわ」
「場所的立場ってよくわかんねえよな」
「まずもって確認しないといけないのは、アジア人民の搾取と抑圧の上に成り立って
いる我々帝国主義本国人民の生き方が問われているということだろう?」

704 :702:2006/07/11(火) 19:27:22
おい、みんな、何か人を批判する時のセリフばっかり集まってないか
よっぽどみんな批判されたのね。だからコケたとか?(笑
もうちょっと空気が入るとか、ほんわかとか、実はこれが本音でしたみたいな
セリフはないのか。俺も考えるけどさあ(確かにあんま出てこねえ)

ヒロインがこんなセリフばっかりのゲームでは、マゾしかやんないのでは?

705 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 19:36:49
「中曽根は枕を高くして寝ることが出来ない」
自意識過剰のきわみwww


706 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 19:45:23
「我々が問題にしているのは火薬の量ではなくて、人民の抗拒の意思を示す
ということなの。いくら警備を厳重にしても、いくらマスコミが報道管制を
しいても、それでも抵抗する人間がここにいる、権力はこれを一番恐れてるの」

707 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/11(火) 20:14:15
ウソだろ?みんな、本当に女性同志たち、そんなこと言ってた?
メシ食ってたら、「味噌汁ちゃんと作れたね」とか、
「くだらないテレビ見てるなよ」とか、
「さむーい」「あつーい」「ねむーい」「つかれたー」とか、
「今日のオルグはダメ。あれ、私に恋愛感情持ってるだけで、やる気なし」とか。
「プリン食べたいなー」とか。
それから、なんでニャンケは敵キャラなのかなー?
この腹に惚れたって女の子キャラとか発想がないわけ?同志諸君、悲しいぞ・・。

708 :702:2006/07/11(火) 20:27:41
おお、なんかニャンケ氏のほうが生活感があふれていてリアルだw
あと、恋愛もので敵キャラなら、何と言ってもM君だろう。

709 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 20:48:23
「〇〇君は須美論文の提起を全く対象化してない!」
「女解の問題提起を内容的に把握してんの?」
「ナンセーンス!今の発言は女性差別的な要素が含まれてるよ!撤回しなさい!」

また批判ばかりだなぁ…
いやぁ、マジな話、俺はそんな記憶しか残ってないんだよねぇ…

710 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/11(火) 21:51:13
>>709さん。悲しすぎる。
私なぞ一言でした。
「おめーには思想性ってもんがないのかよ?」
なんでわかったんだろう???
戦旗派女性活動家の対象認識能力、恐るべし。


711 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 23:30:49
「要するに・・・」もあったなあ。一時はやった「○○選手!」も入れて欲しい。
>>708の「M君」が気になるなあ。Mが付いて好かん奴が二人ほど候補に上がっている。

712 :革命的名無しさん:2006/07/11(火) 23:52:02
>>711
それは○ツバラと○ワのことだね?

713 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 00:25:49
どちらも好かん奴というのは確かに同意できる。
前者はともかくも、後者が当スレを観ていたらショックだろうなぁ…
はっきり言って、あそこの学校の出身者は官僚主義的でロクな奴がいない。

714 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 00:57:59
そんじゃオレがちょっと萌える実話を。この話前にも書いたが。

ある闘争で1000のアジトに泊まりこんで情宣や集会に明け暮れていた新人の頃のオレ。

年上のお姉さん活動家が「今日飲みに行く?」と誘ってくれた。
キリッとした大きな目とうなじにかかる程度の短めのヘアスタイルがとてもカッコイイお姉さんだった。
まだ若かったオレには眩しくて憧れの対象ではあったけど、ある先輩活動家の彼女でもあったので
ただ遠くから憧れるだけの存在だった。
そんな彼女が誘ってくれたのはオレに興味があったわけじゃなく、マジックでたまたまコンビになって
地方から出てきた新人活動家を労う程度の意味だったんだろう。

いつもの如くションベン横丁の居酒屋にでも行くかと思いきや、彼女は新宿高層ビルの最上階のバーへ
躊躇う事無く入っていった。
元々ファッションセンスが無いうえ、連日の情宣で垢じみていたジャンバーに気後れしているオレとは対照的に
彼女は颯爽としていた。



715 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 00:59:25
続き...

メニューからやっとのことで知っているカクテルを頼むと乾杯。
しばらく杯を重ねると彼女はあの大きな目でオレをジッと見るとこう聞いてきた。

「ねえ?○○はどうしてこの活動始めたの?」

緊張と興奮と酔いが重なったオレは堰を切ったように戦旗派に結集するまでを喋り続けた。
新宿高層ビルのバーでww

彼女はオレの目を真直ぐ見つめながら話を聞いてくれた。
オレはハッとして「あ...スイマセン..オレばっかり話しちゃって..××さんはどうして始めたんですか?」
とオレが水を向けると彼女は「うん、私はね」と発端のなった社会の矛盾や不正に対する怒り、組織や仲間に対する思いなどを
ゆっくりと、しかししっかりとした口調で話し始めた。

オレはただただ頷くだけだった。今思えば「女性と二人で飲みに行った」のはそれが初めてだった19歳のオレ。
どっかの国の要人が来日して、そして日本を去るまでの間の短くも淡い「恋」だった。

ああ、全然萌えない上に草加さんの作ったキャラとも合わない話でしたね。
ただの思い出話でした。スンマセン。彼女どうしてんのかな?



716 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/12(水) 01:41:48
いや、だからダウンロードしなくても、ブラウザで表示できる程度のゲームだから。
キャラにあうも何も、複雑な話は作れないんです。ごめんなさい。
でも、>>714-715のエピソードは、その手の背景画像で似た雰囲気のイベントをいれ
ようかと思います。

皆様のおかげでセリフも半分くらい埋まりました。
でも、やはりちょっと批判口調に偏っているんで、もうちょっとばかり足しましょ
う。完成したら、ご自分のセリフが出てくるまで遊んでね。

次回作ではダウンロード専用にして、もっと皆さんのアイデアやエピソードもいれ
ましょう。

717 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 08:07:57
何だか結局ずっと批判されっぱなしで終わるような…
バッドエンドには、山のような『実践と省察』の執筆を要求されそうだな…

718 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 08:14:40
草加さん
敵キャラと戦闘するイベントは出て来ないんですか?
もしも敵キャラを作成する際には、是非ともニャンケ氏と葉寺覚明氏の起用をご検討下さい!

719 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 08:59:21
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、”米軍基地を粉砕せよ!”なんて
いっちゃあ〜いけないよ、”NO BASE NO WAR”といわないと、"共産主義者による建党協議会"の高田健さんが、いつから”chanceの人”になったのかわかんないとこもあるけど、おいらも頑張る!」と
いって張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの
嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


720 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/07/12(水) 09:38:32
>>718
何気にワクワクしてみるテスト。

721 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 10:18:30
>>712>>713

どっちも違うよ。それに一方は現役だし。

722 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 11:16:20
>>716
草加氏。やっぱり、AGTで結ばれるという定番恋愛シーンもあり?

723 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 12:44:21
>>720
オッ、2人目のヒール役登場!
今回のは一応パイロット版になりそうだから、次回作には恋敵キャラ設定を宜しく!(爆


724 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/12(水) 21:28:39
>>718、てめえ、どうあってもオレを敵キャラにしたいのかよー?
まあ、実際、そういうキャラかもしんないけどさー。
アジト内恋愛なんて、ぺっぺっ。
帰ってみたらフンガフンガされててみろ。
オレにもやらせろとは当時誰も決して言えなかったはずだ。

セリフ案「ごめん。私、どうしても同志としてしか見られないよ」
セリフ案「ちょっとお、やめてよ。○○が起きてたらどうするの?」

725 :革命的名無しさん:2006/07/12(水) 22:48:00
>>724
>「ごめん。私、どうしても同志としてしか見られないよ」

ヽ(`Д´)ノウワァァァンリアル過ぎる...

726 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 00:11:42
全く世界で起きていることにも何もかも無関心な「元活動家」諸君。
君らのやってきたことは結局なんだったのかね。
しょうもないな。
テポドン打つ北朝鮮の方がなんぼか共産主義らしいぞ。うはは。
米帝、傀儡南朝鮮打倒。対南工作を完遂し、偉大なる金正日将軍の下に民族を統一せよ。
朕はたらふく食っておる。汝ら臣民飢えて死ね。by金正日
うはは。

727 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 00:21:05
こんなところでシコシコ妄想を膨らまし、股間も膨らますのが左翼のなれの果てなのか。
くだらない。
とっと滅びた方がよいですな。
何も有効な手だてを打ち出せず、ただ消費社会に巻き取られ、下層化していくプアな人々。
神は死んだ。共産主義は死んだ。
ただそびえ立つのは金正日将軍のテポドンのみ。
すばらすいですな〜。

728 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 02:42:29
>>726-727また、お前かよ…
実践的には荒らし行為と妄想しか出来ない粘着クズだいこが偉そうに!

みんな、わかってるだろうけどシカトね!

729 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 03:14:40
台詞案

1.〇〇君は私のことを物象化してんじゃないの?

2.日々の実践を省察していく回路を切り拓いていかなきゃ!

3.やっぱりブルジョア・アトミズムに陥っていたからダメだったんじゃないの?

4.何でもかんでもブルジョア・アトミズムに還元される在り方を批判しているのよ!

5.事物の生成過程を観ないと

6.物的世界観から事的世界観へのテイクオフよ!

7.物象化して観ないで関係性を問題にしないと!

8.結局のところ『ヘゲ・マル』黒〇哲学の“残骸”はレーニン的に転倒したというよりも、ヘーゲルの絶対精神に“物質”を置き換えたとしか思えないわ!

9.気を付けて!ニャンケによる襲撃の可能性があるわ!

10.気を付けて!葉寺覚明による襲撃の可能性があるわ!

11.そんな何でもかんでも「ブルジョア・アトミズムだから悪かった」じゃ、何も述べたことにはならないよぉ!

12.私たちは禁欲主義者とは違う

13.そんな坊主的懺悔が求められているんじゃないよ!

14.マルクスの自然概念は自然と人類との単なる物質代謝を問題にしているわけじゃないわ!

730 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/13(木) 03:26:31
>>728さん
シカトは異議なしなんだけど、全然なんの関係もない所で脈絡なく「北朝鮮ネタ」しか他に言えない貧困さは、うちわだいこ氏つーより、ネットウヨ(の下層部分)の専売特許なんでは?
彼の書き込みにしちゃあ、荒らしのレベルが低すぎる。なんでもかんでも彼のせいにするのもフェアでないような気がするんですが。。。

ゲームのほうはセリフはうまりそうです。あとは画像ですね。つめてやれば2,3日で終わる作業だと思いますが、一日30分程度の作業時間なので、今月中には何とかってとこかな。
何回も言いますが、くれぐれも今回作にはあんまり期待しないように(笑)。
「こんなゲーム」が実在しているということ自体に意義があるということで。

731 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 03:56:08
どっちにしてもカスなんだからシカト、シカト!

結局、女性メンバーとの会話って特徴を持たせようとしたらこんなモンになると思う。
あとは世間一般の女性と大差はないよな?
勿論、媚びるとかの女性的な弱さは見せようとはしないけどね。

732 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 11:13:17
ありがとう大地
ありがとう太陽
命をありがとう
いただきます

『ギャルサー』北島進之助より

733 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 11:48:26
個人的希望を述べれば、ヒロインは戸田恵梨香か堀北真希か佐津川愛美か新垣結衣を起用したい。
おっさん同志諸君はこれらの若手女優をちゃんと知ってるか?
特にニャンケ氏は?

734 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/13(木) 12:11:15
もぐもぐ・・(昼ごはん食ってる)
ん?
誰だって?4人とも知らんなあ。
最近の子供は難しい名前が多いのおー。
テストに自分の名前を正しく書けない子供が増えないか心配じゃよ。
ひょほほほほ。(何歳だよ、オレは?と自分でツッコミ)

735 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 12:37:19
新垣結衣(あらがきゆい)
佐津川愛美(さつがわあいみ)
戸田恵梨香(とだえりか)
堀北真希(ほりきたまき)
奈津子(なつこ)

皆、1990年前後の生まれだ。
俺らの娘みたいな世代ですな!

736 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 13:04:15

     _____
    /_      |
    /. \ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /  /  ― ― |
  |  /    -  - |
  ||| (6      > |
 | | |     ┏━┓|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| | | |     ┃─┃|  < なぜか、ギャルサーファンが混ざっている。。。
|| | | |  \ ┃  ┃/    \________
| || | |    ̄  ̄|


737 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 13:05:51
>>735
マジメな話一人も知らん。
80年代の社学同をモデルにするならヒロインは薬師丸ひろ子だろ?

738 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 13:44:27
>>737
薬師丸ひろ子なんて、あんなオバサンいらん!
せめて大塚愛か小倉優子か香椎由宇だ。
おまぃら『ギャルサー』とか『野ブタ。をプロデュース』とかちゃんと視てた?
廣松渉や野家啓一ばかり読みながら「唯物史観の生態史観への書き換えは可能か?」とかウ〜ン、ウ〜ン唸ってばかりだと老け込むぞ!
日本テレビ系土9ドラマ『マイ・ボス マイ・ヒーロー』に香椎由宇は女教師役、新垣結衣は女子生徒役で出演中だから視れ!
大塚愛も『東京フレンズ』が全5巻レンタル中だから視れ!

739 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 14:20:22
下品な萌えセリフを一つ。

まだ若くて精力があり余っていたオレはとにかく一人になれる空間さへあれば
オナニーをしていた。
アジト、横堀の団結小屋、援農先...
どこへ行ってもトイレさへあれば篭ってオナニーに耽った。

そんなオレに呆れた先輩がある女性活動家にそのことを嘆いた。「こいつは猿だ!」と。

すると年の頃なら20代半ばのその女性活動家は僕の方を優しい目で見ると

「しかたないよね?○○クンはまだ若いから」と慰めてくれた。

そしてその口調、表情がまたオレのオナニーネタとなり無限のオナニースパイラルへとはまりこんでいったのであった。
あの頃放出した精液を高圧で噴射したら機動隊の一個小隊くらいは吹き飛ばせるかもしれん。
ゲームにそんなステージも作ってください。イヤですか?

740 : :2006/07/13(木) 14:35:54
>>737-738
>80年代の社学同
香椎由宇や新垣結衣やらは、想像つかないことはない。
大塚愛やこりん星人は、あの口調を考えると想像つかん。

しかしこのスレ、妙に芸能人詳しいひとがいるね(藁)

741 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 14:56:46
>>739
先輩活動家たんは、頭が良くて優しい女教師タイプですかねえ。
新たに結集した女学生たんは、スレてないけど芯が強そうな子かな。

742 :名無し:2006/07/13(木) 16:47:22
>ある共同体的な価値が示され、それから逸脱した個人がさらされる。
さらされた個人を批判し、そうすることによってこそ、その価値が共同体に根付いたことが示される。
したがって、成員はできるだけはっきりと、断固として批判し、自分がその価値を受け入れていることを明らかにしなければならず、
矢面にたった個人は、その批判がどのように自分に不利であろうと受け入れないわけにはいかない。
まさに、スターリンの粛清を革命に殉ずるからこそ受け入れた古参ボリシェビキ達の逆説。
これらは基本的にボリシェビズムの席捲した20世紀マルクス主義運動の基本的な特徴だった
だったのでは。

ルネ・ジラールの文化人類学的「暴力論」までいって、主体のつもりが主体でないというシステム
http://kamakura.ryoma.co.jp/~aoki/paradigm/HistoryOfSystem.htmを研究した方が実りある意識性に近付けるかも。





743 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 17:42:14
堀北真希みたいなタイプの娘はいたよね?
少し陰があるというか…
全共闘の写真集を観ていたら、ゆうこりんと風貌がそっくりなヘルメットを被った女子学生が写っていて驚いた。
考えてみたら小倉優子って22〜3歳の現役法大二部生なんだから、もしも68年当時に生きていたら学生運動をやっていても全然不思議ではないんだよね。

744 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 18:01:08
でだ。

その堀北真希たんタイプが、赤ヘルかぶってデモっているところを、
マル機の放水車でずぶぬれになってだね、何はともあれその場を
離れ、あたふたとヤッケを脱いで着替えようとして、着替えの下着を
カバンから探しているのが、偶然にも見えてしまった、と。

髪はもちろん、当然、シャツも下着もズブヌレのスケスケ。
オマケに、悔しさと羞恥心で涙目になっているという図だ。

同志諸君、こんなシーンに遭遇したらどうするね?

745 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 18:48:19
>>744
すかさず「の…野ブタ。パワー、注入!」とポーズを決めてみる。
そしてその後で、
「西暦2006年になって日テレのドラマを視りゃわかるさ!」
「残念ながら戦旗・共産同も無くなって、革命も起きてないけど、ボクたちの子供たちがわかる!」
と言ってみる。

746 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 19:03:48
…と言って口説き、子どもをこさえる行為をする。

747 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 19:50:56
年上キャラなら、眞鍋かをり 長谷川京子 広末涼子 鈴木えみ エビちゃん 香椎由宇をキボンヌ!


748 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 20:15:34
「警察裏物語」おもしろくて、ためになるぞ。
おまいら、買って嫁。

あえていえば、このスレのようなノリで書いてある。


749 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 20:37:39
エビちゃんタイプが活動家ってあり得んだろwww
個人的には眞鍋かをりみたいな年上女性活動家がいたらあと2年は頑張ったんだけどw

750 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 20:46:49
>>748
バジリコっていう出版社から出てる元警視庁刑事の北芝健という人が書いた本だね!
今日の朝日新聞の朝刊に広告が載っていた。

751 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 20:49:07
堀北真希・真鍋かをりは確定ですか?俺も同意。
一応判らないヲッサンのためにリンクしておく。

堀北公式サイト
http://www.horikita-collection.com/
眞鍋かをり公式サイト
http://www.avantgardes.net/manabe/manabe.html
眞鍋ブログ
http://manabekawori.cocolog-nifty.com/

>>740
自分の子供や部下とのコミュニケーション能力の差が如実に現れるのが芸能人情報。

752 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 20:52:06
年上キャラなら、吉岡美穂も追加。

同期キャラなら、新垣結衣、堀北真希、大塚愛、戸田恵梨香。

年下後輩キャラなら、小倉優子、佐津川愛美。

753 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/13(木) 21:08:22
>>749さんのリアルなご意見

>個人的には眞鍋かをりみたいな年上女性活動家がいたらあと2年は頑張ったんだけどw

それにニャンケがおみやげを追加してさしあげます。

>「ごめん。私、どうしても同志としてしか見られないよ」

これでも歴史は動くかな?相殺されて動かない。けけけけ。
オレ、敵キャラ化してる?

754 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:09:17
安達祐実も捨てがたい。なにげに1981年生まれなんだな。
医大生という手もあるか。自らのブルジョア性と葛藤していそうだ。

755 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:12:14
3億円事件の宮アあおいはどうだ?

756 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:20:51
上の一言でニャンケ氏は敵キャラ確定!
(`へ´)

あと年上キャラに、ほしのあきを追加!

757 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/13(木) 21:35:13
↑敵キャラ認定、ありがとう。でもここで懺悔を。
オレも眞鍋かをりファンなのじゃあーw
でも2年追加して頑張るなんて絶対ムリ。
>>749さんに負けを認めます。しょぼーん。

でもこういう女性活動家に白いまなざしで見られるの必至な会話って、
めっちゃ楽しいね。草加さんのゲーム楽しみです。

実際の80年代の若い女性同志たちに、惚れっぽいニャンケは、
惚れないように惚れないようにすごく苦労した。本当。
なんか恋愛感情を持ったら失礼なような輝きがありました。
オレも、>>739さんには負けますが、火を噴けカチューシャ状態でした。




758 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:44:01
左翼の皆さん。
すみません。知ってますか?
元AV女優の松本まりなは今どこで、どんな生活をしてるんですか?
大ファンなんです。

759 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:47:39
どうしても一緒のアジトになったりすると互いに幻想が崩れるから、恋愛感情は抱き難かったよね。
寧ろ市民社会で普通に生きてる娘のほうが、そうした関係に発展し易かった。

眞鍋さんは爆笑問題の太田さんと一緒に仕事をしていたから、ネトウヨの攻撃対象になり易い。
以前はブログのコメント欄を滅茶苦茶に荒らされた為に、今ではコメント欄を閉鎖しているよ。

760 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:54:18
松本まりなの件はどうなってるの?

761 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 21:59:47
まりなちゃーん。

762 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 22:23:26
松本まりな?
誰それ?
ウィキペディアで調べてみたら?

763 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 22:34:56
な、なんじゃこりゃあー、くっだらねー。

764 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 23:12:37
>>742
「ルネ・ジラールの哲学」を語ることが事態の説明に置き換えられていくことなく、
事態の説明のためにこそ哲学が役立てられるためならその通りなのかもしれない。
しかし、そうした哲学をあらためて持ち出すことなく、事態そのものを叙述する
思弁の力こそが必要だというのが私の考えです。

765 :革命的名無しさん:2006/07/13(木) 23:57:27
だれだっけなあ。。。「ヲタ廃絶」を唱えていたお人は。
結局ヲタは滅んでないよ・・・


766 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 00:46:12
>>765
今は、共産板の中でヲタの隔離スレだもんな。

767 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/07/14(金) 00:46:12
>>723
答えになってなくて申し訳ないのだが、わしは「年下後輩」は、
川合千咲たん(早稲田塾の広告に出てる子)がいい。

768 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 01:06:58
隣の地区のとある先輩お姉さん活動家(オレってこればっかりだな)が

「聞いてるよ!最近頑張ってるんだって!?」

消耗も吹っ飛んだ。

オレは早々にコケたので、活動中はほとんどが皆年上で可愛がってもらうばっかりだったから
同年輩や年下の女性活動家に批判された経験が無い。
特に女性活動家の皆様には大変可愛がってもらいましたが、それでも「男女の関係」には全くならなかった。

左翼だろうが何だろうが結局女性はリードしてくれる逞しい男が好きなんだという
真理を学んだ19歳の夏...。

769 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 03:50:19
ニャンケ&趣味者青年(藁)の魔手からオルグ対象である川合千咲たんを防衛するのが今回の我々の任務である。
彼女を無事にメンバーへ獲得しよう!

ニャンケ:とにかくプレイヤーへの猪突猛進な出っ腹体当たりと嫌味アタックでヒロインの強引な略奪を狙う

趣味者青年(藁):とにかく「萌え〜っ!」と叫び声を挙げながらヒロインに抱きついて翻弄させ、貴重な内部機関誌『闘労』の略奪を狙う

二大敵キャラは基本的に神出鬼没で、アジトの中以外はホテルのバー、ラブホなど、二人が盛り上がりそうな瞬間場面に登場してくる確率が高い。
プレイヤーはヒロインと協力して彼等を撃退する。
プレイヤーとヒロインが戦闘イベントでニャンケに負けるとヒロインを連れ去られハートが破壊され消耗し、趣味者青年(藁)に負けると『闘労』を略奪され総括を皆から要求される。

770 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/14(金) 04:32:03
いや、だから「戦闘シーン」はないです。RPGじゃないし(笑)
基本的に簡単なCGIゲームですってば!よく個人のWebなんかにも設置してある程度の。

みなさんが言うようなものを総合しますと、ロープレやらアドベンチャーゲームやら、シュミ
レーションやらごちゃまぜで、自在に組み合わされたゲームになりますが、そんなの自分でプ
ログラムが書けなきゃ無理っす。とりあえずゲームの分野を確定しないと。。。

ま、ニャンケさんに今回のゲームをクリアして雰囲気を理解していただき、次回作はニャンケ
氏脚本のアドベンチャーゲームにしますか。アドベンチャーゲームなら、脚本さえあればなん
とかなりますもんね。RPGは経験者がいないと、絶対にバランスがバラバラのクソゲーにな
ることは必定です。

あと、少しでも期待に応えるべく、FlashMakerを買ってきました。エンディングはこれで作る
つもり。よってこのソフトを使えるようになる時間が少し必要。つか、とりあえず公開してか
ら、最初のクリア者が出るまでに作ればいいか。しかし、クリアしたのにエンディングが出な
いなんてことになる可能性が大やなあ。

少しくらいの予算があれば、声優さん(の卵)に依頼して、キャラをしゃべらせたりとかして
みたいけどなあ。。

771 :草加耕助 ◆l5uYUz79nM :2006/07/14(金) 04:45:28
あ、そうそう、>>739さん、ワロタよ!大笑い。横堀の小屋でしてたんすか?
それはちょっと嫌かも(笑)。しかしお姉さん活動家の一言には私も萌えま
した(爆)。
でも、そのエピソード入れるのは嫌・・・でもないけど、今回はやめとこ。

で、多数決により、ヒロインは主人公より年上の先輩活動家に決定しますた。
名前はあげられた候補の中から、私の好みで「結衣ちゃん」にしますた。
ニャンケ氏の処遇については、随分と悩みましたが、これも圧倒的な多数決に
より、葉寺氏とペアの悪役キャラ(しかもチョイ役)と決定しますた。

以上よろしくです。

772 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 13:09:35
よしよし!
ニャンケ氏&葉寺氏コンビが二人の恋路を妨害してくるわけね?
有り得そうな話だ!w
んで、ヒロインは人気の高かった眞鍋かをりをイメージか?
『ときメモ』みたいに次回作ではヒロインを三人ぐらいに増やしたいな。
堀北真希みたいな同期か年下後輩キャラとか…

773 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 13:39:48
『ギャルサー』DVDボックスセット
9月27日発売予定!

774 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 13:57:45
現役の頃なら多忙且つ余裕が無かったから無理だったけども、コケてから皆はテレビドラマとか視てんのかね?
時流に乗り遅れて世相分析できなくなるぞ!
全ては無理でも、俺は毎クールごとに1〜2作品はピックアップしてリアルタイムでなくても録画して鑑賞している。
今クールはテレ朝系列『下北サンデーズ』と日テレ系列『マイ・ボス マイ・ヒーロー』だ!


775 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 14:47:03
>>774
オレは最近「タイガー&ドラゴン」に夢中だ。タイガータイガーありがタイガー!
って今さら遅い?

776 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 16:08:09
↑遅い、遅い!
見逃した作品をレンタルして視る手もあるが、リアルタイムのを視ておいて損はない。
職場の部下、後輩、または年頃の子持ちなら容易に意識の共有化を図る手段になるし、互いに共同主観を形成する一助にもなる。
中・高校生の子供が居るんだったら、なるべく学園物は視たほうが良いな。
勿論、文字通りドラマだからドラマティックにデフォルトされて描かれている訳だけど、その分だけ所与としての場所的な所識を象徴的に反映している。

777 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 16:27:01
>>776
>デフォルト
デフォルメじゃない?

>その分だけ所与としての場所的な所識を象徴的に反映している。
四肢構造論では、「所与を書式として」なわけだが、はて?
所与としての場所的な所識では意味が不明だよ。

778 :777:2006/07/14(金) 16:40:20
スマソ
所与を書式→所与を所識


779 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 16:48:15
↑ごめん。
確かに使い方の誤りだ。
所与ー所識だもんな。
「所与としての場所的〜」では意味が通じない。
それからデフォルメだ。
変換ミス

780 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 16:55:04
「場所としての」で思い出したけど、そういえば「〜として」規制批判ってあったね?
言ってる事柄と実体が分離してるんじゃないのか?みたいな。
具体的には「マルクス主義者として〜」
↑それでは「として」でなければ本当のお前は何なんだ?みたいな…。

781 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/14(金) 18:49:35
草加さんまでおいらを敵キャラに・・くすん。
よーし、人の恋路は邪魔してやるー。
ともあれ私に原作依頼したりすると、ヘンなのができちゃうよ、
とか言いつつ、労共闘編とか現行隊編とか構想練ってます。
たのしいー。
(作家志望の荒さんにも協力お願いしてみようかな)

782 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 19:01:20
>>781
荒さんにとって目下の敵キャラは元活連中なんだろうなあ

783 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/07/14(金) 21:12:50
>>781
わしなんか、ヒロインに飛びかかる役ですぜ。
「シェイプアップ乱」の宗一郎や、「CITY HUNTER」の冴羽獠みたい。

784 :革命的名無しさん:2006/07/14(金) 21:48:36
>>771
>横堀の小屋でしてたんすか? それはちょっと嫌かも(笑)

いやいや旧現行隊の諸君よ。20年も前の話だ。今さら恥ずかしがることもないだろう?
当時我々は皆10代後半〜20代前半だよ?一ヶ月も二ヶ月も現地にいて
性欲を抑えられるわけはないだろ?
特に慣れない農作業で体がクタクタ。それに反比例するように疲れマラでチソコはビンビンだよ。
小屋のトイレ以外どこでオナニーするんだ?みんなあそこでしてたんだろ?
まさかオレだけなんてことはないよな?な?

785 : :2006/07/14(金) 22:47:47
>>784
当時のおかずも教えておくれ〜。

786 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 00:34:09
>>785
ん?おかず?当時は木の股だっておかずになったさ。

787 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 00:45:05
>>786
泣きたくなってくる。

788 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 00:52:40
>>786

しょうがないよね...>>786クンはまだ若いもんね

789 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 01:03:30
基本はおかずなし!
贅沢は敵だ!
今はWinnyとかの普及で何でもあり。贅沢すぎる。
贅沢すぎると、性欲は減退するね。

790 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 01:17:33
女性同志をおかずにした、同志愛の持ち主はいないのか!
テレビのニュースに出てくる女子アナたんもいたではないか!!

791 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/15(土) 01:32:46
>>789
>贅沢すぎると、性欲は減退するね。

それは真実ですね。
性欲=若さ(体力)+想像力
受身の性的刺激なんてまったくない世界だったもんね。
想像力こそすべてでした。

>>790は元活?
おかずなんて人それぞれ人生いろいろだけど、
「女子アナたん」よりニュースの内容の方に興味あったし、
なに?女性同志だあ??にわかに信じられん。
でも、不可能を可能にするヤツもいたんだろうしな・・、
ふむ。武徳だ。

792 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 01:58:22
おかずにされるほどの女性同志っていたっけなあ?
きれいな人はいたけどね。
逆に婦警をおかずにしていた椰子っていた?


793 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 02:08:57
マンガ雑誌とか、おかずになりそうな本、ナリタに持っていった同志いるう?

794 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 02:30:19
『急にボールが来たので』を流行語大賞にしよう!!
あなたが最近気になっている
ことばをお寄せください
http://www.jiyu.co.jp/singo/

ブラウザを一旦閉じたら繰り返し投票OKす!
これで1日何回でも・・・
力を貸してください!
皆の力で大賞に持ち上げましょう!!

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1152265415/


795 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 02:30:58
『急にボールが来たので』を流行語大賞にしよう!!
あなたが最近気になっている
ことばをお寄せください
http://www.jiyu.co.jp/singo/

ブラウザを一旦閉じたら繰り返し投票OKす!
これで1日何回でも・・・
力を貸してください!
皆の力で大賞に持ち上げましょう!!

http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1152265415/


796 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 03:01:00
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152899709/l50

朝日はマスコミ界のオピニオンリーダーだ!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152899709/l50

朝日はマスコミ界のオピニオンリーダーだ!!http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152899709/l50

朝日はマスコミ界のオピニオンリーダーだ!!http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152899709/l50

朝日はマスコミ界のオピニオンリーダーだ!!http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152899709/l50

朝日はマスコミ界のオピニオンリーダーだ!!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1152899709/l50

朝日はマスコミ界のオピニオンリーダーだ!!


797 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 04:37:11
>>783
否、正確にいえばヒロインに飛びかかって抱きついてプレイヤーを翻弄させ、その隙に『闘う労働者』を強奪する役だ。
ニャンケ氏よりはマシな役柄と云えよう。

798 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 16:48:07
しかしながら改めて思い返せば、バブル絶頂期で世の中はナンパで軽薄な時代に我々は不思議なことをやっていたものだ。

あの頃の世間一般の夏場のファッションは、男は黒いラコステのポロシャツの襟を立て、チノパンにリーガルのコインローファーが流行っていたよね?
それでポシェットを脇に抱えてレイバンのサングラスをかけて。
今ではポロシャツの襟を立ててる野郎なんか流石に見ないけどね。
我々の学生メンバーは土に汚れたTシャツとジーンズや作業ズボンにコンバースやナイキのスニーカーか地下足袋や安全靴という格好が圧倒的に多かった。
勿論、政治集会の時はスーツに革靴にネクタイだったけど。

799 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 17:36:46
>>798
政治集会の時にスーツって壇上にいる幹部だけじゃなかった?
別に普通にTシャツにジーパンで行ったけど...

800 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 18:58:02
↑「幹部」というか発言する人。
86年ぐらいからは正装が基本。

801 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/07/15(土) 19:51:37
>>797
なるほど…。

まーそれはともかく、あまり厳密にしないで、かつ「元活」以外の
方にもウケるような感じになったら、旗旗舎御中とご相談のうえ、
コミケとかに持って逝くとゆう、具体的なお話をしなければ…。

もしそこまで出来たら、皆さん赤ヘルで結集して欲しいなあ。
長物はNGだけど、ジグザグデモや国際歌斉唱なら出来そう。

…いずれにせよ、ここはニャンケ氏のスケベパワー(80年代
だと、やはり「もっこりパワー」と称するのかしらん)に期待。

802 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 20:28:21
>>792
婦警の顔なんてマジマジと見るかい!
それに婦警というのは差別だ。

803 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/15(土) 20:38:35
>>801「趣味者青年」氏にはすまないですが、正直、シモネタばかりでも飽きてきました。
お肉もいいけどお魚も食べたいし、サラダも食べたい。でもごはんも・・。
僕も人並みにはスケベですが少々食傷気味ですね。
あとコミケに赤ヘルで結集とかデモとか、そういうの、イヤです。
それはセンスの問題なんでしょうけど、そんなに軽くなれないです。
きっと80年代戦旗の元活なら、かつてあの党派でたたかったことを肯定してない人も含めて、
みんな多かれ少なかれそういうセンスって嫌いなキャラが多かったように思います。
つまり愚直なまでにマジメな人が多数派だったように思います。
せっかく盛り上がってるのを盛り下げて、ごめんな。

804 :趣味者青年(藁) ◆pdWuRV/fU6 :2006/07/15(土) 20:56:32
>>803
ほいほい。了解ざんす。
ただ、わしは、はたから自分がおもちゃにされてるのを読んで、
苦笑いしているだけなので、あまり気にしないでくださいな。

805 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/15(土) 22:59:00
>>804「趣味者青年(藁)」氏。

>自分がおもちゃにされてるのを読んで苦笑いしているだけなので

ニャンケも同じでやんす。キミ、あんがい、いいヤツだね。(ほのぼの)



806 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/15(土) 23:19:54
ちなみに『SENKI』1218号に、荒さんの総括が出ました。
あれは「総括」だと読めましたが、やはり自己批判はしない人になってますね。

「ぼく自身にも様々な混乱が起きました」「そこで自分の思考の中からマルクス・
レーニン主義の枠を取り払った場合どうなるかというと、ローティーが指摘する
ような文化左翼的傾向が生まれてきます」「イデオロギーの根絶を目指しターム
と闘っているだけで、現実の具体的な変革にはつながらない」「もう一方では・・
リバタリアンになるということも起きました。あらゆる秩序、あらゆる規制は人間
を疎外するという考え方です」「市場原理主義が勝ったんだと理解する誤り」
「教義から離れようとしたとき、一方ではフーコー流の文化左翼になり、そうじゃなければ、
もっとアナーキーなリバタリアンになるみたいな混乱に、僕自身が陥ったという
ことです」

807 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/15(土) 23:31:49
(つづき)
しかしその後、レッシグという学者がグルジア憲法草案を作る過程で苦労した話になり、
「つまり、全体主義的に考えていた左翼が共産主義を否定した時に、どこにランディング
していくのかは世界的な問題だったということです」と情勢にせっかくの総括を解消し、
「僕自身、一旦何でもかんでもレーニン主義で考えた上で、それを否定するというような
傾向に不断に落ち込んでしまう時期もありました」と言ったそばから、その具体例は、
いきなり「彼はそう考えたんだと思います」と三人称に主語がスライドしちゃってる。

なぜレーニン主義はいけないとなったら「愛国」になり、産湯といっしょに赤子まで
流すようなハメにブントがなってしまったのか、アイデンティティ・クライシスは
どこに因果があっておきたことだったのか、結局そこだけは逃げています。
まるで柳沢のはずれたシュートみたいな落胆を感じました。
それでも教義のある運動に戻るべきだとはぼくも思いませんし、
形而上学を超える左翼運動として、第三の道には望みを持ちたいと願っています。

808 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 23:35:45
>>804
まっぺんさんなんかは気兼ねなく出来るけど、戦旗の元活って良しにせよ悪しきにせよ、その辺のセンスが違ったりするんだよねぇ…
俺自身は仮に「万人ウケ」な作品が仕上がったとして、もしもそれを趣味者青年(藁)氏がコミケで販売することに関しては異論はないけども。
寧ろ勝手に巻き込まれていじられた出演料として。w


>ニャンケ氏
いまいち荒さんが何を云わんとしているのかが把握できないんだけど…

809 :革命的名無しさん:2006/07/15(土) 23:48:42
>ニャンケ氏
「反米愛国」に一時的に陥ったのは、廣松さんの「東亜の新体制を新左翼のスローガンに!」といった遺言と近代の超克、西洋的科学主義の克服を承けて。
でも、廣松さんが提唱したのは飽くまでもプロレタリア国際主義を前提にしたマルクス主義者に対してだったから。
そうした前提条件が亡きものになったら「ナショナルアイデンティティの確立」と、単なる民族主義に陥るのは自明。

810 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/16(日) 01:19:45
>>808さん、言ってるとおり、本当にそう思ってるんじゃないでしょうか?
レーニン主義を否定して裏返しになった叙述としてはリアルでしたが。
たとえば何の規制もないアナーキーなことになったというのを彼自身に即して考えれば、
やはり彼も痛い思いをしたのだな、と共感できますよね。

>>809さんのご意見は、マルクス主義者であれば、単なる民族主義に陥らないと、
それはどんな根拠なのでしょうか?
歴史的事例から言っても、マルクス主義を掲げているということが免罪符とは
ならないことのような気がするのですが。
僕は広松哲学は苦手でしたが、そういうのを「物象化」って言いませんか?
マルクス主義者であるなんて、何の保証にもならないじゃないですか?
いつだって辞めることはできるんだし・・。


811 :革命的名無しさん:2006/07/16(日) 07:15:33
ニャンケ氏へ。あんたがそんなに真面目な椰子だったとは。あらためて驚いた
よ。  いや、俺は好きだなぁ。


混乱か・・・
俺は心の動きとして、荒の動揺は非常に理解できる。ある意味、正直だと思う。

結局、人にとってどのような態度がもっとも幸せをもたらし、その意味で
合理性をもつのかということは、教条的な座標軸をもたなくなったら、いろいろな
試行錯誤がありうる。ま、それを左翼業界では動揺といったもんだがw

すでにマルクス主義を結集軸にしていない以上、逆に、リジッドな思想集団のように
動いていることに無理があり、かつ、そこに荒が君臨しているということも
矛盾なんじゃないかね。

荒は残りの生涯を共産主義者だった己と向き合い、それでも出きることをやれ
ば良いのであって、その総括作業に組織全体をつき合わせる必要はない。
ましてや、年金や車や邸宅など。




812 :革命的名無しさん:2006/07/16(日) 07:32:21
連レスだけど。ようするに。
レーニン主義的なシステムによってつくられた権威と権力と富。これをそのまま
横滑りに維持しようという隠れた目論見を放棄するべきだということじゃないかな。


813 :809:2006/07/16(日) 10:50:13
↑簡単にいえば自分だけズルをしてるってことだからね。

>ニャンケ氏
述べ方が悪かったみたいだけど、言いたいことはそういう意味じゃなくて、自分の立脚点が“日本人であることから逃れられない”というものにすげ代わっただけのように思えるということ。
だから最近はホメスタシオとか宣ってるけど、端からみれば安直に“主義”を乗り換えたようにしか思えない。
そのブレがあまりにも極端だった。

814 :革命的名無しさん:2006/07/16(日) 11:11:32
何で極端になっちゃうのかというと、荒個人の資質に還元された言い方になるけど、自分の立てた目標に徹底的に忠実だから。

甲子園を目指して1日200球のノルマを課して投球練習をする

やっぱりダメだった。俺は野球の才能がない。

仕方がないから早大に入って作家を目指そう!

それと同様に
塩見に勧誘され社学同に入って左翼になった

色々あり過ぎたので省略

やっぱり共産主義はダメだった!

マルクス主義を否定することを決議。徹底的にそれを実践する。

色々あったので省略↓
少しやり過ぎた!

起動修正

非常に大ざっぱなシェーマだけど、要は実験と試行錯誤の繰り返し。
禁煙問題なんかに端的に表れているように、その振幅の度合いが激しい。

815 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/16(日) 14:24:43
リリー・フランキーの「ボロボロになった人へ」より

>しかし、何も思いつかない。どうしたらよいのか、わからない。
悪事は考えついても、善行は絵空事しか浮かんでこない。
葡萄酒の瓶は転がり、月が出た。もう恐れることも、ためらう理由も
ないはずだった。ところがどうすることもできない。

荒さんの総括文を読んだあとにこの本のラストの部分がカブりました。
>>809さんの言うとおりだね。自分だけズルして、何でも極端で、そういう彼の
今の心境はある意味でせつないと感じたりする。まあ、妄想癖ですねw

816 :革命的名無しさん:2006/07/16(日) 15:00:36
でもね、類い希な努力家には間違いないんだよ。
非常に多くの人々を巻き込んで付き合わせたけどね。
役割期待に長年応えてきた、それも彼の魅力だと思う。
まあ、廣松さんみたいな天才でも秀才でもなく、「ただの庶民」だけどね。
今はその輝きも失せてしまったんだから、一刻も早くゲンジ&啓太郎に任せて退いて一切口を挿まないことが先決。
その気があんならニャンケ氏が死ぬまで余生の面倒をみて養ってあげたら?w
まっ、嫌だろうけどさ…

817 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/16(日) 18:56:42
>>816 絶句・・荒さんに余生まで苦労かけていいものか?
エシックス以前だろう、それは。オレより相手が嫌がる。

818 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/16(日) 22:11:02
閑話休題。
>>809さんが指摘しているように、

>自分の立脚点が“日本人であることから逃れられない”というものにすげ代わっただけのように思えるということ。
だから最近はホメスタシオとか宣ってるけど、端からみれば安直に“主義”を乗り換えたようにしか思えない。
そのブレがあまりにも極端だった。

荒さんの総括文で彼も自ら認めているように、ローティーが「アメリカ主義」だからだよ。
ローティーは、左翼(我々の言葉に翻訳するなら、スターリニストとトロツキー主義者)を
批判することに関しては鋭いし、妥当性があるということは認める。
そこに「ソ連が失敗した共産主義というのはそもそも人間にはムリだった」という荒さんの観念が
微妙にミックスしてブントの党是となったとき、実は、左翼的でないことが正しいとなった。
カントの定言命法「〜すべし」というゾレンはいけないと荒さんは言いつつ、
実はその裏返しで「左翼的でなくあるべし」をブントの組織的共同主観の軸にした。
それは立派な定言命法だったということに無自覚に。
実はそこのところを荒さんに限らず、ブントとして整理しなくてはならないはずだ。
だから、ある意味、>>809さんの主張には頷けます。

819 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 00:03:00
ようするに現実とは関係ない左翼文化人の文脈で論理を転がした
だけだということでしょ。ソ連や中国の現実とも日本左翼の現実とも全く無縁の
実体のない軽々しい観念的アイデンティティー探し。

クロカンじゃないが、共産主義運動の歴史と真に向かい合うことぬきに何かを
語ることはできないだろ。自分らが共産主義者だったんだから。
「人民の解放」のためにわれわれは何をし、何をなしえなかったのか?って
汝自身を知れ、けだし名言よぉ。


820 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 00:48:07
思想の出発点は現実じゃなければだめだ。「○○主義はだめだ」という
言い方は良しとしても、現実を見失った「主義」と「主義」の橋渡しで
は本末転倒。本末転倒になる原因は、素直に現実を見据えられない結果。
レーニン主義だろうがスターリン主義だろうが、その時々に闘おうとし
た現実があった。それを「主義はだめ」ですべて流す思考は、そもそも
思想家・思索家として失格。現ブントは思想的にはだめだ。

821 :809:2006/07/17(月) 01:44:02
「哲学者は単に世界を解釈してきただけである」というマルクスのフォイエルバッハテーゼの言葉が想起されるな。

要するにニャンケ氏が述べているように、単にゾレンの在り方が変わっただけである。
荒とブントはそのことに全く気が付いていないのかな?

だから、その振幅の度合いの極端さによって、今度は何が何でも左翼罵倒路線になってしまう。

俺自身は荒個人に還元された言い方は好きではないが、もともと肥大化していく自我を“共産する主義”で、彼は取り敢えず抑えていた。
だけど、彼はその抑止力を自ら否定して取っ払った。
そしてその途端に、今度は徹底的な“受容されたい自己”を拡張させて「俺は獄中に居たから関係ない」とか別荘建設に年金寄越せと、言いたい放題にやりたい放題。
何故ならば、実はそれも「所詮は人間なんて〜」ゾレン規制に裏打ちされているからだ。

何だか非常に不自由な人である。

822 :809:2006/07/17(月) 02:20:24
>>820
その最たる端的な例が94年頃のマッハ再評価とレーニン主義の放棄。
ボリシェヴィズム式前衛党建設主義を言葉をもって批判し否定したからといって、またそれで自分たちはそれを克服した最先端のイケてる反体制派だとカクマルを愚弄し嘲笑ったところで、所詮は新たな前衛主義にすり替わっただけである。
ド勘違いぶりも良いところだ!
要はその具体的、実践的な中身を歴史的に遡行し、下向−上向の現状分析をして検証・総括しない限り、何もしたことにはならない。
単に頭の中で転倒している観念論的な所産以外の何ものでもない。

今回、草加氏が自身の旗旗サイトでアッテンボロー氏のスターリン批判の学習提言を承けて、毛沢東と『共産主義的主体と党風』論文、所謂第一主体性論文を引き合いに出して記事にしているから、参照してみると興味深いと思う。

823 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/17(月) 03:37:01
>>820 >レーニン主義だろうがスターリン主義だろうが、その時々に闘おうとし
た現実があった。それを「主義はだめ」ですべて流す思考は、そもそも
思想家・思索家として失格。現ブントは思想的にはだめだ。

正直僕もそんなふうに考えたりします。でも、闘ったけど、仲間が減ってしまい、
残った人々も傷つき疲弊し、展望がなくなっていった現実もまた現実でした。
いや、>>820氏もきっとその苦しい時期を共有してるので多言無用かと。
そういう現実(89以降90年代)に思想家として切り込もうとした荒さんもまた、
それはそれで評価すべきではないかと思うし、前衛−大衆理論の否定など、
従来の左翼のタブーに立ち向かおうとした営為は、やはり妥当だったと思う。
私見ですが、「思想的にダメになった」のはいつだったのか、
僕はローティーからだと断じるしかないと思うのですが。

824 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 16:28:06
レーニン主義の換骨奪胎→マルクス主義の放棄という思想のゆらぎと
実際の党組織のずれが生じはじめた時から、理論と現実は切り離され
たと思う。タブーに立ち向かう動機はなんであったのか。組織と運動
体を残すことに帰結したのだと思う。その動機と実際の現代思想の荒
波の中で、ますますおかしなことになった。
非レーニン主義化とともに、中央集権をすっぱり解体するべきだった。
ローティとかのイデオロギーが原因ではないと思われる。

825 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/17(月) 17:51:36
>>824さんのいうように理論と組織的現実が切り離されたのは、
レーニン主義の否定→マルクス主義の否定の時期とはズレがある。
たとえば、広松哲学で「フュア・エス−フュア・ウンス」規制とか、
「われわれ(ヴィア)としての考え方」を言っていた頃(行動するエチカ)
にはすでに非マルクス派だったが、それに代わる内容を作ろうとしていた。
そして組織もエシックスという内容でそれが作られる根拠を持っていた。
しかしローティーになってから、文脈が断絶している。
それまでの広松哲学は「東亜の新体制」に極小化されてしまい、
イギリス経験論やエシックスとかも一切言われなくなって、
護憲派は「左翼」として否定されていく改憲論が強まった。
そして一般メンバーは「ただの庶民」と位置付けられた。
中央集権はレーニン派の専売特許ではそもそもないでしょう。

826 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 17:56:41
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、6・10「九条の会」全国交流集会
のことがMLで全然流れなかったけど、”草の根九条の会"の人たちが、”どっちらけ〜”になってしまったようなことはないよな〜」とかなり心配をしているものの、少しも顔に出すことなく張り切っています。
もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に
間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


827 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 18:57:37
いかにスターリン主義や誤った全体主義に陥らないレーニン主義を実践していくか?
ということに我々は苦闘してきたわけだよね?

一般論としては80年代にはもう共産主義に希望をもっている人々は少数派で
そんな逆風の中でも我々はスターリン主義とブルジョアアトミズムを克服した先に
「あるべき共産主義」の姿があると信じていたわけだ。
当時、オレのノンポリの友達が好意的な忠告としてこう言ったよ。
「お前らは人間に対する研究が足りないよ」

オレはムキになって反論したけど友人は笑うだけだった。

今になってオレは思うよ。オレ達はやっぱり人間に対する研究も考察も全然足りなかった。

一方今の荒さんはもう回答が出ている答えから逃げるように色々な学者の言葉を借りて
無理にどこかに着陸しようとしているよう見えてしかたがない。


828 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 20:04:44
何でレーニン主義に拘泥すんだよ?
レーニン主義なんぞ後進国ロシアで
革命をやらかす為の一種の変節であり
本筋じゃないでしょうが。

829 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 20:39:19
>>828
だって当時は日共ですらマルクス−レーニン主義が党是だったじゃん。(今はどうか知らん)
新左翼であるなら尚更レーニン主義にいかに忠実か?が左翼的かどうかのメルクマールだったし..

830 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 22:03:41
>>829
新左翼でも解放派はローザ・ルクセンブルクを評価し、
レーニン主義的な前衛党論には批判的だったが。

831 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 23:03:02
問題は、荒はいろいろもたまっているが、実存においてはレーニン主義的独裁を
全然改めていないこと。いや、もっと悪質。政治はQBにやらせて、財政と人事
は自分一人が握っていたのだから。パラダイムチェンジを自分に適用していない
ダブルスタンダードが問題。

832 :831:2006/07/17(月) 23:04:19
いろいろもたまっているが、  ×

いろいろのたまっているが、  ○

833 :革命的名無しさん:2006/07/17(月) 23:10:34
>>825
ニャンケさんはローティを一生懸命否定しているのだけれど、またそれも一定理解するのだけれど、
別にブントは「ローティ主義」になったのではないよ。
イギリス経験論やエシックスもまだ生きている。
ただ、アメリカにおけるローティと、日本で運動しているわれわれとは文脈が違うという点は踏まえ
られるべきではある。「ローティ、ローティ」言うのは荒だけだよ。
また、ギデンスも100%の受け売りはまずい。彼は9・11テロ後のアメリカのふるまいを称揚している。
ブレア政権が米ブッシュに引きずられたのと同じ過ちを犯している。


834 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 00:28:16
>>827
スターリン主義の克服をブルジョア近代主義との戦いに定めたわけだが、
この煎じ詰め方は、スターリン主義批判そのものについてはむしろ
無内容化したといえる。

具体的で歴史的な現実を批判や検証の俎上に乗せることなく、一気に虚偽意識
との戦いに昇華させてしまったことは、スターリン主義批判に対する観念性を生み出し
た。

人間に対する考察がなかったということは、当然、社会的諸関係の総体としての
人間に対する考察であり、現に展開されてきた共産主義運動との対決であった
ということだろう。

内戦と集団化、粛清と収容所群島化、大躍進と文化大革命。これらの具体的な
歴史との思想的な対決こそ、スターリン主義との具体的な戦いであったはず。
そういう具体性の欠如は、結局、組織運営における個人崇拝的現象を阻止でき
なかった遠因でもあったと思う。


835 : :2006/07/18(火) 00:32:58
>>830
アナもいたじゃん。

836 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 00:42:44
>>825
レーニン主義を否定したとき、そもそも構改やインターなどを政治闘争主義
的で前衛主義的に批判してきたことに蓋をしたのだから、そのときすでに過去と切断されているよ。

837 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 08:46:15
問題はリチャード・ローティだとかイギリス経験論だとかの思想の乗り換えではなく、極めて実存的な問題なんじゃないの?
要は意識が存在を規定してんじゃなくて、存在に規定された意識の移り変わりな訳だから、上レスの方が述べているように、レーニン主義前衛党の観念的否定とその残滓の悪用だと思う。
だって本来なら各地区が自立化したサークルの連合体で、執行部は単なる事務局としての機能しか有しない在り方が理想的なのに、未だに指導−被指導、上意下達と下意上達の構図が貫徹されてるんだよな?
そして最悪なことに、それらが荒個人と一部の取り巻き連中の利権を護る機構としてしか維持されていない矛盾!
こう考えたからこうなったという思想の問題ではなく、実態−実体を取り繕うための思考のスライド。
だから最近の荒の語りは言い訳がましくて説得力に欠ける。

838 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 09:12:16
俺個人はレーニン主義党という中央集権的民主集中制という機構は嫌で仕方がなかった。
せめて世界社会主義ぐらいに至るまでの必要悪と考えていたな。

卑近な例で、たかだか支部キャップに任命された自分よりも活動歴や政治経験の浅い奴に「何でテメェみたいな無能で未熟な奴に“指導”されて“指揮”されなきゃいけねぇーんだよ!」と内心忸怩たる思いに浸ったことはなかった?
俺は正直素直に感じたこともあったな。
例えば一般企業でもその辺は非常に気を遣った人事政策を執る。職場の人間関係がギクシャクして営利活動に支障を来すからね。
一応バランスを考慮した配置をするわけだ。

ところが我々の場合はレーニン主義的組織運営と高度な目的意識性の美名のもと、そうした感情を抑制して我慢しなけりゃならなかった。
どんなに無能でバカな奴が指導部を構成していたとしてもね。

やっぱり人間の生々しさに対するアプローチに欠けていたんじゃないかなぁ?

839 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 09:42:18

反戦ネットワーク所属、LPG様。

毎日延々とやっているAAによる落書き、自分で架空の世界を作り、架空の人物を登場させた(しかも数分間隔での)自作自演の書き込み、何を目的としているのか知りませんが、誠に持ってご苦労様です。
そんなものは誰も読んでいませんよ。現在、共産板の利用者間でささやかれている、「LPGという人は病気ではないのか?」いう声には、「精神異常者というのは差別用語、誹謗中傷」と考え、これまで批判を控えて
まいりましたが、このスレ(ほとんどのスレ)でも見かけられる異常としかいいようのないLPG様の書き込みを見ると、「病気説」も否定できないと判断するに至りました。しかし、「おいら、高田健さんからの信頼
が厚く、ワールド、ピース、ナウの実行委員をしていたが、今は九条の会の事務局にいるんだ〜」という自慢話、嘘だそうですね、又、「おいら、ブントにほめられちゃった」といっている下のファイル。LPG様の
ことは一言も書いてありません。誰が聞いても嘘とわかることをいって平気でいられる、その神経。このようなことも「病気説」を裏付ける十分な根拠を持つものと私たちは考えます。
            ↓
http://www.bund.org/editorial/20040505-2.htm

※毎日、一スレに30回以上×100スレにも及ぶ落書き。17日、朝9時頃から、18日、朝9時頃までの、あなた様のスレ全体への落書き(同一スレへの回数は考慮せず)は、83スレです。これまでの最高記録は
、05年、11月7日の164スレです(2位は3日の154スレ)。これに60回、70回を越える落書きをしたスレが(最高は4月21日の562回!これだけでも10時間!)、およそ10スレ、これに10回、
20回落書きをしたスレ(ほぼ毎日あるが)を合計すると、毎日、900回を越える落書きをしているものと推定されます。1回1分と仮定しても十数時間!

「LPGを応援し記録更新を祈願する市民の会」及び参加賛同人一同


840 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/18(火) 10:21:22
>>837さんの言うこともごもっともだと思いました。
ですが、>荒個人と一部の取り巻き連中の利権を護る機構
というふうに現状のブントを一面的に評価するのには疑問があります。
存在が意識を規定するということで、
イデオロギーが存在を規定するという面まで否定しては誤りになりませんか。
その受け取り方は人の存在によってさまざまに規定されることはありえますが。

>>838さん、そりゃムカついたよねえー。そんなひどいヤツだったなら、
ガマンしないで打倒して、あなたが指導部になっちゃえばよかったのに。
だってレーニン主義は腐敗した官僚の打倒だって当為だったはずだよ。

>>827さんの古い友達の言葉は今となって刺さりますね・・。

>当時、オレのノンポリの友達が好意的な忠告としてこう言ったよ。
「お前らは人間に対する研究が足りないよ」

戦旗を辞めて10年以上たつけど、僕もそれはいまだに解決しないテーマです。


841 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 11:56:22
そういう忸怩たる思いを抑制して我慢することが革命家として献身的で組織的な在り方と当時は考えていたからね。
結果として共同体の利益を優先させるためには自我を抑えることが先決と思っていた。
やはり末端組織の指導部も任命制ではなく、党大会や日大全共闘と同様に選挙制度で選任すべきだったな…

842 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 12:35:57
>>837>>840

> そして最悪なことに、それらが荒個人と一部の取り巻き連中の利権を護る
> 機構としてしか維持されていない矛盾!

荒は利権を握っている。が、「取り巻き連中」は一切持っていない。
なぜなら、財政は荒が一手に握っているから。
最近はその「取り巻き」も給料半減だぜ。
QBなんてほぼ人生棒に振っている人たちだよ。利権とは無関係。
ニャンケさん、そうだろ?


843 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 14:11:40
↑「党的功労者」として谷原の物件を丸々貰って自宅にしている今井はどーよ?

844 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 16:42:32
>>843
事務所にしてるんじゃねーの? 今井の所有物か?

845 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 17:51:43
彼の私有物件な筈だよ。
貸与物件ではないと思う。
元々は荒夫妻が二階を占有し、一階は地区の施設にしていた。
だけど犬を飼いだして狭くなったから荒夫妻は中尾に邸宅を建築させて引っ越し、自分が邸宅に住むことを取り繕うために谷原は今井へ譲ったのだろう。

まっ、スキャンダルネタはこの辺にて。

組織実践の経緯からすれば、10回同盟大会から変調してきている。
レーニン主義的組織運営を改正しないままでマルクス主義の放棄を唱えたのだ。
改めて考えてみればおかしなことになる訳だ。

846 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 18:01:39
>>845
破天荒伝にあらたな1ページが刻まれたのであった・・・・

847 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 18:02:15
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153212278/l50

日本国民の命より重いものそれはたった一つの9条http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153212278/l50

日本国民の命より重いものそれはたった一つの9条http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153212278/l50

日本国民の命より重いものそれはたった一つの9条http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153212278/l50

日本国民の命より重いものそれはたった一つの9条
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153212278/l50

日本国民の命より重いものそれはたった一つの9条

http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1153212278/l50

日本国民の命より重いものそれはたった一つの9条



848 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 18:52:39
初歩的な質問で誠に恐縮だが、
このスレで今話題になってる荒氏は
評論家の荒正人氏の近親と聞いたが
本当のなのか?

849 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 19:31:23
>>848
荒自身がそう吹聴していたからね。
ただ、荒正人の直系にはそう認識されていないようで、
そのことを荒正人の娘だか姪だかの法政大学教授に
確かめたやつがいる。

少なくとも甥とかの近縁ではなく、「直接知らないくらいの遠縁かも
しれない」という答だったそうだ。

自分事を金持ちの息子、「資産家の息子」といったり
「貧乏人のせがれ」と書いたりする人間だからね。
自分を大きく見せたかったんじゃないの。

850 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 19:53:20
>>849
法政大学ではなくて、現在は東京外語大の荒このみ教授ではないの?

851 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/18(火) 20:40:01
>>842さん。
>QBなんてほぼ人生棒に振っている人たちだよ。利権とは無関係。
ニャンケさん、そうだろ?

なんで僕がそんなこと知ってるわけ?
利権と無関係って、誰が考えてもわかるじゃん?
そんな何人もの専従が荒さんと同じ贅沢三昧できるほど豊かな組織じゃないだろ?
現役でQBやってる人が(給料半減ってマジかよ?)、
そういう苦しい状況でも力のかぎり頑張っているのを、
人生を棒に振っているなんて評価する元活のキミの方が、悲しいよね。
まあ、同じ元活でも、オレも人生を棒に振ってきた方だから、現役にシンパシー持つよ。
イデオロギー的には批判したいことは山々だが、オレは、あいつらを応援しちゃる。
同じ志を持った仲間どうしじゃねえかよ。すさむような言い方はよそうぜ。

852 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/18(火) 20:49:46
>>833さん。
>「ローティ、ローティ」言うのは荒だけだよ。
また、ギデンスも100%の受け売りはまずい。
彼は9・11テロ後のアメリカのふるまいを称揚している。

非常にタメになるご意見です。僕はギデンスについてはほとんど知らなかった。
英ブレア政権が、大きな政府による消極的福祉ではなく、
自らの力能で社会参加し、労働し、生きていける人を<つくる>政策をしてるって、
テレビで見てから、僕もこれはすばらしいと思っていたから無邪気に、
ブントが今年になって言い出した「第三の道」には期待していたのです。
まあねえー、ローティーだって、戦争や帝国主義的政治とはまったくたたかえない
自分の所属する国家翼賛の単なる体制派の論理だったけど、
古い左翼批判だけはすばらしかったってのと同じことなのかな?
迷い迷い迷いネコ


853 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 20:57:28
スターリン主義って何なんだい?どういう意味で使っているの?

スターリン存命時に生きていない俺にとっては、スターリンという人は歴史上の人物でしかない。
「暴君」であったことは事実だが、その「主義」、つまりイデオロギーは、「レーニン主義の基礎」を読む限りにおいて全否定するべき物ではないと思う。
リアルではまず聞けないことなんだが、やはり、暴君的振る舞いと初期の理論構築を十把一絡げにするというのは、パラチェン以降の荒氏の混乱を以て「荒主義」としてしまい、共産同も含めて十把一絡げにするような乱暴さがあるんじゃないか。
スターリン主義に陥らないレーニン主義という物の意味が分からない。
絶対的権力を獲得した後のスターリンの暴走は糾弾されるべきだが、レーニンがもしも長生きしていたらどうなっていたかというのは別の話。同じようなことを形を変えてしなかったという根拠はない。

つまり、一言で言うと
スターリン「的傾向」との決別が必要なのであってスターリン「主義」は守るべきだったのではないか?
となる。その「著作」を読む限りにおいて、権力奪取後のあるべき姿を書いている物は評価に値するものはあると思う。

スターリンから吸収しなかったことは結構勿体ないと思うのだが?
というのは、多分、ここの常連からすると初心者レベルの質問なんだろうが。

854 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 21:32:03
>>853 なるほどなるほどいやなかなか高度ですよ
レーニン主義の基礎は中国でも評価が高い

855 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 21:35:31
実は日本の新左翼諸派は「スターリン主義を超えた」と称しつつもスターリンが解決に失敗した諸問題の
回答に客観的に正答を出せずにいる。

856 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 23:17:40
>>853
理論なんてものはさ、その理論や思想がなにを宣言しているかってことよりも、
現実のなかでどのように機能したのかということに社会的意味があるんだよ。
そのスターリンの書いた良いことが、現実の社会でどのように展開していったのか、
それを見極めないとな。


ところで、スターリンにあなたは何を学びたいの?

>>855
それができたら日本左翼はこんなに衰退してない

857 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 23:25:19
もともと毛沢東はスターリン万歳

858 :革命的名無しさん:2006/07/18(火) 23:47:01
>>857
パワーポリティクスの観点からスターリンを持ち上げていただけ。
革命前から実は不信を抱いていた。

859 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 00:43:23
フルシチョフ修正主義打倒!スターリン万歳!

860 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 00:44:57
同じ穴の狢同士、嗅覚が働いたってことだよ

861 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 01:05:26
>>853
これはオレのような末端活動家に限定されてしまうかもしれないけれど
スターリン主義というのはある種、免罪符のようなものでもあったのだ。
なんせ共産主義のネガティブな発露は全てスターリン主義のせいにしてしまえば
万事解決だったのだ。

もちろんスターリン本人が「何でもオレ様の言う通りにしてりゃいいんだよ!
言うこと聞かないヤツは死刑ね。それこそが共産主義」とか言った訳じゃないから
何がしかそういう排外主義的な現象を「スターリン主義というのはおかしいんじゃないか?」
という>>853氏の疑問は分るけど、それに対する回答は>>856さんの言う通り。

スターリンの行為が現実にはどのように機能したのかを見極めるのが大事。

普通の分析力の持ち主なら、「レーニン主義」というものがスターリンの専制政治の萌芽になったと
考えるのが自然なんだろうけど、左翼にとってはそれは自らの存在を根本から否定してしまう「タブー」だったわけだし
実際レーニン主義的な一枚岩的な党建設や運動論よりも「ユルイ」党派は、「日和見」とか「右転落」とか
揶揄の対象でしかなかったしね。
ブルジョアアトミズムでもない、しかし排外主義にも陥らない。
そんなものがどうやって可能なのか?社会の構成員全てが卓越したバランス感覚の持ち主でも無い限り無理なんじゃないのか?
今思えばそう考えるのが自然なんだろうけど、当時そんな疑問を言い出せば「キミこれを100回読みたまえ」と
「何なす」かなんか渡されて、「そうかそういう疑問を持つ自分自身がブルジョアアトミズムに規定されていたんだ」と
自己批判して曖昧になっていったんだよww

ちなみに最近中核派の現役活動家に「で?結局スターリン主義って何なんスか?」と質問したら
「世界革命から逃亡したある種の日和見主義」というこれまた曖昧な答えしか返ってこなかったww

しかし>>853氏の疑問は大事なことだと思うのでもうちょっとみんなで掘り下げましょう。

862 :853:2006/07/19(水) 01:49:05
>>856>>861
ありがとう。
俺も、基本的には>>856氏と同意なんだよな。
俺の疑問は>>861氏のいう

> 普通の分析力の持ち主なら、「レーニン主義」というものがスターリンの専制政治の萌芽になったと
>考えるのが自然なんだろうけど、左翼にとってはそれは自らの存在を根本から否定してしまう「タブー」だったわけだし

という部分だったりする。つまり、
スターリン以降を切り離してレーニンを賛美するのをマジでしているのかw
となる。そもそも、革命って何だ?社会変革って何だ?と考えたときに、理論は手段であって目的ではない。何をしたかを考えたときに、フルシチョフの言いたいことは極めてスムーズに理解できる。

理論で考えるにしても、レーニンが人気者だろうとスターリンが暴君であろうと、その理論に連続性がある限りにおいて、後の部分を否定すると言うことは、時代をそこで止めると言うことであり、それは歴史から学ばないことか限界説にしかならない。
ソ連から学ばずに中国やキューバから学ぶというならまだいいのだが。
スターリン否定でレーニンのみ賛美の中で何をレーニンから学ぼうとしていたのかそこが判らない。フルシチョフマンセーならそれはそれで一貫性はあるのだろうがそれは新左翼的には修正主義だし。
だからといって毛沢東やカストロでもなく宮本でもない。
結局、社会を変えていく方法論を何処に求めたいのだと問いたい。

スターリンもフルシチョフも認めないならレーニン主義の限界説にならなければおかしいと思う。

863 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 02:51:37
>>851

> 給料半減ってマジかよ?

事実です。

> そういう苦しい状況でも力のかぎり頑張っているのを、
> 人生を棒に振っているなんて評価する元活のキミの方が、悲しいよね。

揶揄しているのではなく、肯定的な意味で言っているの。
「普通に就職してたら、もっと年収もあって、そこそこの地位にもついた
だろうに、苦労してブントの専従をやっている」ということ。
利権からはもっとも遠い存在だということ。

ただ、>>845が事実なら今井の禿も利権を手にしていることになるな。
共犯関係だ。

864 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/19(水) 05:42:27
>>842>>863さん。
僕が読み間違えていました。ごめんなさい。
あなたの言っていた意味を今度は理解しました。完全に同意です。
現役のみんな、本当につらそうだ。
なにかしてあげたいが、なにができるんだろう?

865 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 05:44:13
転向を進めるニャンケ

866 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 08:19:45
>>863
今井氏の件はそんな短絡的なことではない。
某A氏以外に利権はやはりない。


867 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 10:04:59
↑どんな由縁で谷原は彼の所有物になったの?

868 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 11:07:51
>>864
冷たいようだけど、オレたちが現役にしてあげられることなんて無いよ。
また何かをするべきでもないよ。

ニャンケさん。
考えてもごらんよ。
オレ達が現役時代に40代の元活から忠告や同情をされたらどう思った?
ハナで笑って「あんたも闘えよ」と高圧的に思うだけだろ?

現役活動家に外からあれこれ言っても、他人の夫婦関係に口出すのと一緒だよ。

869 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 12:08:55
>>868
そんなことはないよ。同情はいらんけど、昔の仲間の忠告や批判は
結構耳を傾けている。
多少的外れなことがあっても気持ちだけはうれしいもんだ。

870 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 12:17:33
>>868
確かに「だったら再結集してメンバーになるか、カンパしてくれ!」と言われるか、言われなくとも内心思われんのがオチかも知れんな……

やはり自分のなかで戦線を見付けて闘うのが良いだろう。
“戦線”とは政治・思想活動や或いは環境運動に限ったことではないよ!
仕事や恋愛だったりでも構わないと思う。
自分の生涯を大切に噛み締めて生きていく。
これだって、なかなか大変なことだ。

俺達は結局独り善がりだったけど、10代−20代、または30代を「我々の行き先には人民の至福がある」と信じて「他人」のために費やして自己犠牲を課してきた。
勿論、それは組織という枠組みの中で共振−共鳴し合って互いに補佐し合いながらだったから可能だった営為な訳だけど。
だから本当に闘うのであるならば、例えばイラクで拘束された高遠さんや今井さんや安田さんのように独りで奮闘すべきだ。
俺らは現役の頃に革命派である自分達こそ最高だと超ド級な勘違いをして、ノンセクトやボランティアを少し無意味な存在のように位置付けていたこともあったけど、今は本当に彼・彼女達には脱帽し尊敬してしまう。

871 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 12:36:18
ぶっちゃけた話をすると、現役の古参メンバーや執行部は誰一人として荒の在り方を良しとは思っていない。
寧ろ早急な引退と束縛からの自由を求めているのが現況だ。
だったら、さっさとあんなクソジジィは追い出せよ!と思うところだが、しっこくがそれなりにあって大変だそうだ。
俺達は辞めてから年月を経てそれなりに総括をしている最中だから冷静に見切れるけど、現役の立場を想像してみると、例えば荒以外に現実問題として誰が組織的集約や思想的提言を出来るんだ?と思い悩んでいるのだと思う。
意外と答えは簡単なんだけどね。

872 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 13:05:32
> だったら、さっさとあんなクソジジィは追い出せよ!と思うところだが、しっこくがそれなりにあって大変だそうだ。

> 現実問題として誰が組織的集約や思想的提言を出来るんだ?と思い悩んでいるのだと思う。

それ自身が荒がでっち上げた神話なんだけどね。


873 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 13:16:13
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、「九条の会」って本当に大江健三郎
さんたちが”作って、やっている”ものなんだだろうか、「事務局長 小森陽一」つ〜のは、「許すな憲法改悪・市民連絡会」と同じパターンだけど、偶然の一致だよな〜、まさか”単なる名義借り”つ〜ことはありえ
ないよな〜」と少し疑問を持ちながらも張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。
下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


874 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 18:23:27
みんなしねばいいんじゃない?

875 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 18:47:40
848です。
849さん、有難うございます。


876 :革命的名無しさん:2006/07/19(水) 19:27:58
中央集権。計画的な政策。一人の指導者に判断が委ねられる構造。
いろいろな理論的検証はさておき、この構造がまず問題だ。民主的
な政権移譲や「競争」による政権交代というあたりまえな構造がない
という点がこの体制にとって重要な問題点。。
党大会はいつしか消えて、リーダーの選出もなくなり政策決定への
民主的な参与もなくなった。(というより初めからなかったか)。
こういう当たり前な欠陥をまず変えない限り、どうしようもないと思わ
れる。(というよりもう今更言ってもおそいけど)。

877 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/19(水) 21:00:38
>>869さん。ありがとうございます。
他人の夫婦関係に口出すなんて弁護士でもないかぎりアホのきわみだよなー、
とかションボリしたけど、でも、そうじゃないよね。
ブントは反体制運動を作る政治組織だし、多様な人々と力をあわせることを目標にしているはず。
「他人の夫婦」とかの淫靡な秘め事系の存在じゃないはずだ。
そこで現役のみなさんへニャンケから的外れな問題提起をひとつ。

イギリス経験論に学んだ「行動するエチカ」までリセットしてみて、
「マルクスのエシックス」を抽出するという作業はどうでしょうか?
マルクスは生産力主義でダメだという一点に集約してしまう荒さんは、
実はすごく思想的な「もったいない」を平然とやってるように思う。
特にこれだけ格差社会がひどくなった日本において語るべき言葉はマルクスにこそある。
リターン・トゥ・マルクスとまでは言いませんが・・。ご検討を。

878 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/19(水) 22:11:45
オレばっかり喋ってすみませんが、少し補足を。
>>876さんも言っているような構造は、「理論をさておき」ではないと思う。
システムの問題はもちろんあるでしょうが、それは絵に書いたモチではないですか。
実際、90年代から、スタンダードがなくなっていくにしたがって、
荒さんが何を考え、何を言うか、
ブントのメンバーたちはそれが出てこないかぎり失語症にならざるをえなかった。
荒さんが次に何を言い出すのか、誰にもそれはわからないから、
何も考えないようにするしかなかったし、何も言わないほうが唇寒くないという空気。
しかし任務として党的見解を出さねばならぬ立場の同志は、
荒さんの言った言葉を敷衍して語り、荒さんに誤りの責任を追及されるということになる。
ひどいパラドックスだと思う。
実は荒さんが「このかんの誤り」の張本人として責任追及する相手こそ、
いつも、最も忠実な荒さんの代弁者たろうとした人だったのではないだろうか。
どうしてこんな悲劇が繰り返され、危機が深まったのか。
つまり、荒さんさえもそこに規定されざるをえないようなスタンダードがないせいなのだ。
荒さんは教祖でも預言者でもない。単なる気まぐれなおじいちゃんなのだ。
そんな人がブントという小宇宙のなかで全能者としてひとりふるまえる不自然。
だから、ブントは、第三の道を作るためにも、ちゃんとスタンダードが必要なのだと思います。
柄谷行人などが、マルクスのエシックスと言えるかどうか、興味深い発言をしていて、
(平凡社「倫理21」や文芸春秋社「文学界」などに掲載された論稿)
マルクス主義ではなく、マルクスのエシックスはどうかと提案した次第です。
長くてすみませんでした。

879 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 00:16:52
[つまり、荒さんさえもそこに規定されざるをえないようなスタンダードがないせいなのだ。
荒さんは教祖でも預言者でもない。単なる気まぐれなおじいちゃんなのだ。
そんな人がブントという小宇宙のなかで全能者としてひとりふるまえる不自然。]

そういうことなんだけど、スタンダードがないせいではないのでは。ニャンケ氏のいうスタンダードってのは
いわゆるマニュアル みたいなもんで、マニュアルがなければ自分で行動できないってのはおかしいでしょ。
仮に組織的なスタンダードができたとしても、個人としてもし、異なる思考をもつことがあるなら、
それを表明したり考えたりできることが必要なんじゃないかな。

荒氏が語らなければ、メンバーが失語症となるという組織的現実こそ、主体的判断を奪われた
構成員と全ての解釈権を独占する教祖という歪んだ構造そのものじゃないのかな。
それはスタンダードがなくなったという現実によって露になった、それこそ戦旗派の
私党的属人的小宗派的実態ってことの証左じゃない。(あえてカルト的という言葉を
避けましたw)

戦旗派は分派を禁止したから、必然的に一色に塗りつぶされることをよしとする
組織になったわけだが、そのことも含めて、まさに党=中央=荒という党物神が、
荒個人の崇拝的現象にまで行き着き、その結果、荒の一挙手一投足に右往左往
するのがメンバーの習い性となってしまったということだと思うよ。

否定するべきはそこなんじゃない。
ニャンケ氏の提起はそれとして検討されるべきことなんだが・・・





880 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 00:56:48
ニャンケさん!
エロスを解放しましょう!!

881 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 00:57:51
>>862
日本の新左翼は、まず二つのスターリン主義批判がある。
@日本共産党の議会主義的平和革命路線に対する反発。
 これは世界革命を放棄して、帝国主義との平和共存を主張したフルシチョフへ
の批判にも通じる。 この系譜は権力闘争を武装闘争として組織するべき、
そのほうが左翼的という左からの批判になる。

Aもうひとつは、粛清や人民抑圧などの官僚主義的専制を生み出す政治に
対する批判。こちらはフルシチョフの秘密報告によって暴かれたスターリン
の暴政に対する批判の系譜。カクマルや青などはこれらの視点を結構出発点にして
理論がつくられている面がある。

いずれにせよ、平和革命路線を批判して闘おうとしたときに、権力を実際に
獲得したレーニンの党の経験はリターントウソースとして遡るべき原点と
なったといえる。で、西欧の党はみんな社民として帝国主義に屈服した
ってことになるから、ああいうブルジョア民主主義は全部だめってことになった。
レーニン主義っていうのは、ようするに権力獲得の政治の体系だからね。
ブントや中核は政治主義的党派として、行動左翼的にスターリン主義を批判しようと
したんだよね。それは間違いない。

しかし、ここで隠された前提である、ボリシェビズムは果たしてロシア民衆に幸せをもたらし
たか、という設問を表に出してみれば、この権力獲得の政治の体系が人民解放の手段
としてふさわしかったかどうかを検証せざるえなくなる。
結論からいえばスターリン主義とレーニン主義は同じ仲間ってことになるんだろうけど。

ちなみに、荒氏の今回の総括は、とにかく観念的の一語につきる、と思う。
共産主義の総括が哲学のごく一部の領域をいわば自己流でなぞってるだけで、
ボリシェビキや中国共産党の歴史と現実、西欧左翼の経験なぞ、なにひとつ
考察の対象外。なんで、あんなに無内容な抽象性に昇華しちゃってるのか。
まったく面白くもなんともない。ようは共産主義黒書的現実に対して何が
いえるのかってことなんだが。


882 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 01:03:01
ニャンケさん。
ニャンケさんの「荒さんさえもそこに規定されざるをえないようなスタンダード」、つまり
プラットフォルマの創設の提起は十分傾聴に値しますが、私は>>876さんが言っていることに
尽きるなと思います。
プラットフォルマを目指し続けるのはテーマだけど、まず代表者が腐敗しないためのマニュア
ルが必要なのではと。

883 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 01:20:43
>>881
確かに言う通りなんだけど、権力奪取のためにはレーニンのようにやらないと「勝てない」わけだ。
そして世界中から反革命が根絶するまでは戦いは継続するわけだから、前衛党は常に「どうやったら勝てるのか?」
ということを最優先に考えなくてはならないわけだ。
戦争となれば、命を惜しまず、一枚岩で団結し、上の命令には絶対的に忠実な組織が強いに決まっている。
しかしその延長線上に造られた社会が人々にとって住みやすいものになるとは考えにくい。
共産主義運動の最大のパラドックスはここにあるんじゃないかと考えたりする。


884 :883:2006/07/20(木) 01:32:57
まあついでに余談も書くけど、オレは現役時代はこういう「鉄の軍団」みたいな組織に憧れと誇りを持っていた。
戦旗派は贔屓目無しにマジメで原則的な組織だったし、レーニン主義的な組織建設を目指す姿勢としては
熱田派の中では突出していたから、そういう「使命感」みたいなものを尚更強く意識していた。

革命のために組織が一糸乱れぬ意思統一で一致団結し、逮捕も投獄も恐れず、常に人々の先頭に立ち、
同志愛に満ち溢れ、人民に対する奉仕の心とモラルは鉄の規律によって守られ、
人々からは期待と尊敬と憧れの対象であり、我々の隊列が登場しただけで人々の喝采を浴びる...
そんなことを夢想していたのは若さ故かもしれないけど、若者の夢想としては不自然な気も同時にするな。

885 :853 ◆uqWPOtj7U6 :2006/07/20(木) 02:50:44
>>881
俺は、やはり、レーニン主義からしてそのままの形では日本に応用するべきではないと今は思っている。
微妙な批判はあるけれども、新左翼的レーニン主義に対する批判と比べれば俺の共産党批判は、運動論も党建設も、誤差の範囲内だと思う。

新左翼の場合は、何を得るか、と言うときに、権力を得ると言うことが、手段ではなく目的にすり替わってしまったのではないか。
人民の抑圧からの解放、人民の権利拡大、そういう部分を抜きにただ権力をどの様に得るか、権力と闘っていくか。それしか見えていない。
大衆に何を訴えるか支持を求めていくかは、今の時代でも地方でなら首長を取れる共産党の方が正しかったわけで。
新左翼が三里塚をやっている間に、三里塚を世間から切り離され、小牧の旅客機を減らして中部国際空港に持っていき、軍事空港の比重を高められてしまったわけで。
愕然としなかったか?三里塚は何だったのかと。俺は三里塚には全く関わっていなかったけれど思うのだから、やっていた香具師は尚更だろう。

結局、何をしてきたのだ?と言ったときに、気持ちが大衆に向かずに権力にばかり向いていた。
挙げ句の果てに、格差社会を、革命の前夜が云々でなま暖かくヲチしている香具師までいる。

大衆に目が向いていたのは、「権力にすり寄っていく」と批判していたはずの共産党だったわけで。そりゃ、「日和見上等!!」と居直るわけだよな。
いや、俺も共産党マンセーを言いたいわけではないし、工作員乙と言われても良いのだが、ここまで来てしまった時代だから思うわけだよな。
自分の今の身の回りの人間関係を見ていると、本当に。。。

日本の新左翼の思想が日本社会に何をもたらしたのか捉え返す必要はあると思う。
一点突破というのは良いが、本当に一点しか見てこなかったからなぁ。。。

886 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 04:02:08
だから共産主義の放棄に伴い、何で初期青年マルクスの問題意識まで捨象してしまうのかと?
その辺の振幅が極端なんだよなぁ…

ブントのというか戦旗派の問題意識は、絶対的真理などの何事にも規定されることのない自由な態度だったはず。
その辺は生産力の圧倒的な増大をメルクマールとする共産主義理論の確立に勤しんだ後期マルクスとは違い、青年マルクスの問題意識とは変わらないだろう。
廣松さんは学際対話をしていくことによって近代科学主義によって物象化された西欧型マルクス主義の克服をライフワークにしていたのであって、それをブントに託した訳だ。
生態史観への書き換えとナチュラルヒストリーの復権という提言を受けての研究が重要なんだと思う。
それが中途半端にしか為されないままで近代の超克だけを掲げたら、新右翼と似て来るのは当たり前だろう。

ソ連−東欧の滅亡という事態に際し、廣松さんは研究者の立場からこれを絶好の機会と捉え、『今こそマルクスを読み返す』を著して近代科学主義に規定されてきた絶対的真理に陥っていたマルクスイデオロギーの復権を試みた。
謂わばマルクスでもって従来型マルクス主義を打ち消す作業だ。
マルクスのエシックスみたいなものを重視していくのならば、その辺にまで立ち返っても良いとは思う。

887 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 11:35:32
>>885
> 新左翼が三里塚をやっている間に、三里塚を世間から切り離され、小牧の旅客機を減らして
> 中部国際空港に持っていき、軍事空港の比重を高められてしまったわけで。
何言ってんの? マジで意味不明。

888 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 11:37:54
戦艦日向
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1153344946/

889 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 14:36:23
>>885
一般論的には確かにその通りなんだけど、一見人々に耳当たりのいい主張というのは
押しなべて日和見主義で、結果的にはことごとく帝国主義に屈服してしまうというのがレーニンの主張。
そしてそれは一定事実でもある。
新左翼が権力奪取を自己目的化しているわけでなく、権力奪取抜きに共産主義建設はあり得ないから。

890 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 15:06:18
まだ解ってないんだな。
レーニン主義は完全に破産したんだよ。
その破産したカタチがスターリン主義さ。
上のほうのスレにもあったが、
極端に言えばレーニン主義なんて
マルクスの思想とは全く無関係で、
農奴国家用の修正主義だろが。

891 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 15:22:39
スターリンが毛やポルポトにならなきゃいいけど。
荒さんに逆らうと皆酷い目にあってるみたいだね。

892 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 18:01:51
よう分からんが、荒某は人間的魅力とか
優秀な頭脳を持ってるとか、権謀術策に
長けてるとか、一体どんな強みを持って
るんかね?

893 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 18:10:47
大型犬とポルシェ。「実践社」の経営権。

894 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 18:15:45
>>892
端から見るととても不思議でしょうね。
強いていえば、
> 権謀術策に長けてる
ということでしょうか。
他人の内面までズカズカ入って、コントロールする。
おっと、こう言うと「カルトの教祖」ってことになるねぇ(笑)。

895 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 18:17:11
要はカネを握ってるのか。
まさに資本主義を地で行ってるね。
そんな連中が起こす革命なんぞ
高が知れてるよね。

896 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 19:24:06
すごい。くない。
http://blogs.yahoo.co.jp/kamijun540728/MYBLOG/yblog.html

897 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/20(木) 21:22:16
>>885のような意見には反応しないように、と思いつつガマンならん。
三里塚にかかわった当事者として、反論する。
中部国際空港に国際便のウェイトが移ることが三里塚「闘争」の敗北か?
ふざけるのもいい加減にしろ。
強大な国家権力を相手に人生のほとんど全てを賭けて闘った農民たちに共感し、
彼らとともに闘いたいと心底思ってわれわれは自らも立ち上がったのだ。
国家権力にたいする農民の抵抗闘争に、人間としての譲れぬ価値があった。
普通に暮らしていては一生知ることのない大切なものを、我々は見出したのだ。
権力に一点集中してたとか、おまえの思考が一点集中なだけだ。
共産党が議席を取れているなら、それはそれで別にいいことだと思うが、
三里塚が世間から孤立なんておまえが揶揄するどんな資格があるというんだ?
共産党議員が当選しようが、三里塚がどんなたたかいをやろうが、
おまえには何も言う資格はないはずだ。何もしてないんだからな。
いちばんムカつくタイプなんだよ。あー?てめえ、相手になってやるか?

898 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 21:25:19
麻原が人間的に優れていた、ないしは知的に人を
ひっぱる力があったとは考えにくいですよね。でも
リーダーとして力を誇った。背景には時代がありま
すよね。
70年代。全共闘の破綻。連赤事件。世界には革命
という流れもあった。
スターリン主義と毛沢東主義を超えて新たな革命の
流れを作ろうとする時代。その時代の落とし子であっ
たことは事実ですよね。

899 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/20(木) 21:28:17
>>886さん。
学ぶべきいくつかの論点、たいへん参考になります。
たとえば我々が荒さんから学んだ「スタ克」の思想は、
実のところ「政治学の一部としての倫理学」ともいえる内容を
自らの実践のスタンダードとして含むことができたと今も思います。
我々の政治実践を捉え返す作業が、今後の運動の何かの役にたつことが願いです。

900 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 23:19:31
>>897
こういう反応がブントらしいっていうか、いわゆる政治社会的変革のためという
より、青年の自己実現運動っていう側面が出ているレスなんだが。
ニャンケ氏怒らないで読んでもらいたい。俺は >>885氏の三里塚闘争評価に
ついて良く理解できない面もあるが、彼の基本的なスタンスについては理解
できる。というか、彼のようなスタンスなり視点が戦旗関係者にはきわめて
たりない、という気がする。
命をかけたという自分達の行為に対する自賛ではなく、三里塚農民や
現実の労働者、人民大衆にとってわれわれの行為がどれだけ利益をもたらし
たのか、という視点が。
荒氏の総括にしても、共産主義運動の理念的な語りはあっても、ロシア
や中国で人民大衆がどのような現実におかれたかを出発点にする考察は
全くない。ようするに、日本で大義を掲げて青年が自己権力的に運動するため
の理念的なアイデンティティーを構築したいというレベルにすぎない。

戦旗派のスターリン主義批判で唯一優れているのは、内ゲバを反革命の戦い
として合理化せずに、運動に害をもたらす否定的な事態として、反省の出発点
にしたことだけといってもいい。
しかし、それこそは、逆立ちした革命理論による自己合理化ではなく、社会的
関係性のなかでの運動の評価を出発点にすることを可能にした優れた視点だった
と思う。
 共産主義運動がたんに自分のためではなく、他者のためでもあった
という根本的な問題を考えるなら、自分達が正しいと考えて行った行為が、
本当はみんなにとってためになったのかという反省が必要だというあたりまえ
のことを >>885 氏は語っているだけだと思う。

レーニン主義が良いの悪いのといっても、結局、ソ連邦や中国の歴史を逃げずに
直視し、(もちろん、新左翼運動の歴史も)分析することによってしか、何かを
学ぶことはも主張することもできないのではないだろうか。
自分達とは何者だったのか!社会的存在であるわれわれにとって、その答えは
他者の眼差しのなかにしかない。

901 :革命的名無しさん:2006/07/20(木) 23:46:31
>>883
最初に純正ファシスト、ブルジョアジー、反革命がいて、革命勢力が
いるとする。
これらが次第に減っていく過程が世界社会主義への道ではないことに注意しなければならない。

集団化の課程で撲滅されたクラークは馬を一頭もっていたにすぎない。
飢餓を回避するためになけなしのこうりゃんを隠くす行為は「富農の
策略」として弾劾され、「人民の敵」として重刑に処せられた。

こういう事態になれば、彼らは解放されるべき人民でありながら、
新たな、革命の「敵」としてたちあらわれることになる。つぎからつぎにあらわれる
「敵」との戦いはやむことなく続き、抑圧的暴力組織は肥大化し、ついには
全社会が押しつぶされ窒息していく。

それこそがソ連や中国やカンボジアで起きたことだよ。

902 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 00:18:23
>>897
ニャンケさん、ちょいとそれは早トチリでないかい?
>>885氏の言いたいのはセントレアの開港によって小牧は実質航空自衛隊の管轄化となり
軍事空港として純化している(それまでは官民共用だった)。
三里塚が(反対運動の成果として)不完全空港のままで片肺での運営を余儀なくされている間に、
国家権力は(言わば三里塚の教訓から)反対運動のおこり難い海上に巨大空港を建設し
結果として小牧の軍事空港としての純化を促進した...ってことなんだよね?>>885氏?

一般的に成田空港反対運動ってのは普通の人々から乖離した「過激な運動」であり
新左翼がそれにかまけているうちに共産党は「普通の人々」の要求を取り入れることによって
一定の支持を得ることに成功したと。

まあ一般的には正論なんだけど、人々の自然発生的な要求に応えていくのが
必ずしも前衛党の役割ではないというのがレーニン主義者の立場でもあるのだよね。>>885氏。

ニャンケさん。>>885氏の意見は建設的な提起も孕んだ物であると思うよ。
三里塚闘争を否定的に言われて怒る気持ちも分るけど相変わらず情念過多傾向だなあ(笑)。


903 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 01:01:56
ていうか俺としては、もし権力を得ることが明確な目的になっていたのだと
したらまだ立派なもので、実際には権力を握るなんてありえないが、とりあえず
異議申し立てしないわけにはいかないだろうくらいの感じだった気がする。

904 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 03:31:54
ニャンケは転向をそそのかす奴。

905 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 08:04:09
>>904
うちはだいこは転向とか以前の問題だ。

906 :853 ◆uqWPOtj7U6 :2006/07/21(金) 08:20:08
ニャンケ氏
純粋だねぇ。>>900>802の両氏の方が俺より判りやすく説明してくれているので、三里塚に関しては付け加えることはない。
>>900氏、>>902氏、ありがとう。
いつのまにか真剣にやっていればやっているほど運動がマニアックになりすぎて、そこに集まってくるのは「プロ市民」だけになっていく。
正しかったと思うし必要だったとも思う。そこに異論はない。でも、結果的に、純粋であるが故に三里塚農民とプロ市民と大衆の間に大きな壁が出来てしまった。
その行き着く先に中部国際空港があったのではないか。

907 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 08:59:17
>>798
> あの頃の世間一般の夏場のファッションは、男は黒いラコステの
>シャツの襟を立て、チノパンにリーガルのコインローファーが流行っ
>ていたよね?
>それでポシェットを脇に抱えてレイバンのサングラスをかけて。

おまいさんは世間がそんなにベタな服装で、ダサくみえたのかw
ギャグのネタじゃないんだからさ。。。

 by 元別党派

908 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 09:33:00
> おまいさんは世間がそんなにベタな服装で、ダサくみえたのかw
> ギャグのネタじゃないんだからさ。。。

どういう意味? 流行ってたじゃん、ラコステ、リーガル、レイバンetc。

909 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 10:44:35
ホンの一瞬だったけど、何であの頃にラコステのポロシャツ襟立て野郎が増殖したんだろう?

俺はやらなかったけど。

910 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 13:35:25
>>908
ラコステ一色じゃないよ。フレッドペリーも入ってきた時期でもあることだし。
靴もリーガルのローファーばっかりじゃないぞ。

911 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/21(金) 18:50:59
>>900さん、 >>902さん、 >>906さん。ありがとう。
>>885さんの言っていた意味がわかりました。
みんなの指摘することにはかなり当為なものが含まれていると思います。
我々80年代組は特にそういう「経済主義」と最も遠くに自分を位置付けていた。
その意味では、>>903さんの仰るとおり、異議申し立て、反権力がメインだった。
それが虐げられた人々、マイノリティーとされて切り捨てられる人々を助け、
究極においては自分達を支持しない多数派の人々の解放につながると考えた。
それには共産党のドブ板などは「愚民化」政策にしか見えなかったのです。
もちろん、僕も今はそうは考えていないし、共産党の政治主張を支持する場合もある。
民主党や社民党、新左翼諸派さえも、しかり。
与党の悪政を変えようとする主張は、とりあえず、聞くようにしてます。
そのうえで支持できるかどうかは自分で判断するようにしています。
ともあれ、共産党型の運動と、三里塚闘争のような運動、
どちらにもそれぞれ違った価値があるし、限界があると思います。
そもそも優劣を論じるべき事柄なのでしょうか。


912 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/21(金) 19:06:38
ただし、>>902さんの言うようなレーニン主義は、
当時の三里塚現地でもそこまでじゃなかったように思います。

>人々の自然発生的な要求に応えていくのが必ずしも前衛党の役割ではないというのが
レーニン主義者の立場でもあるのだよね。>>885氏。

三里塚に例をとれば、農民が自己所有する農地を守ろうとする、生産性を高めようとする、
そういう自然発生的には当然の生活的要求をいかに実現しようとするのか、
そういうところをめぐって、われわれ戦旗・共産同も、インターも中核派も、
そして政府・公団も、
持てる力を振り絞って農民の利益の実現というところで、競いあってきた。
レーニン主義党だったから農民の生活的な要求とは無縁でいいなんて考えてたら、
なんで成田用水に対抗して自主基盤整備に何日もマンノウをふるいつづけたり、
援農したり、地区のみんなで野菜の共同購入を運動的にやったりする?
確かにわれわれのやったことは政府や共産党とは組織力や物量で比較にはならなかったが、
そういう視点がなかったという>>885さんやみんなの意見には異論があります。
三里塚を闘うことが結果的に多数の一般の人々と運動主体のあいだにフェンスを作ったと言いますが、
レーニン主義だからとか、過激だったからとか、そういう視点がなかったからとか、
ちょっとずれているんじゃないでしょうか?



913 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/21(金) 19:13:09
連続で申し訳ないが最後、
青年が社会運動に参加するときに自己実現を求めるのはあたりまえのことですよ。
それはどの時代でも、どの党派でも、どの運動でも、そうでしょう?
むしろ荒さんの誤りで自己実現できない組織になっているから今のブントは苦しんでいる。
僕はブント・ウォッチャーとして、現状をそんなふうに見てますが。
あとね、情念過多はニャンケの個人的性格で、ブントの傾向ではないよ。
諌めていただいたみんな、ありがとう。いい年だし、気をつけます。

914 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 19:43:53
ニャンケ氏!
若返りの秘訣は、エロスの解放だ!!
「いい年」など、スッポンパワーかガラナパワーで粉砕だ!
何はともあれ、赤ひげ薬局へGO!!!!

915 :反共右翼民族同盟:2006/07/21(金) 19:46:00
我々は共産主義者どもを撲滅粉砕する!

その名も反共右翼民族同盟、略してブントだ!

916 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 20:22:29
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1153480142/l50

【芸能】宮崎あおいと同棲が報道された高岡蒼甫、2ちゃんねらーに反論 「太陽浴びろよ」

そもそもなんでそんなに必死なんだよ。しかもネットの中だけで。
じゃあその必死さで君らが日本変えてくれよ。世界変えてくれよ。大歓迎。
自分はそういうタイプの人間じゃないだけで、彼らにとって
某巨大掲示板がお友達でもいいだろう。 別に否定はしない。
それで救われてる奴もたくさんいるだろうし。
(内容は知らないが)一時期流行った電車男みたいに。

ただ俺が嫌いなのは、その逆もあるってこと。誹謗中傷もある。
それはやめなよ。何が楽しいのかと。何が悲しいのかと。
みんな必死に生きてるんだし家族もいる。守らなきゃいけないものもある。

どう思おうが勝手だけど、たまには外に出て陽を浴びてほしい。

http://sense-sense.jugem.jp/

917 :902:2006/07/21(金) 21:23:02
>>912
ニャンケちゃん>
オレも現行隊には参加していたのでニャンケちゃんの言いたい事は分るよ。
しかし、一般的なブルジョアマスコミなんかの「三里塚は過激派の運動」という宣伝に
「負けて」運動そのものを右旋回させたとしたら、それによって例え反対運動に参加する人の
人数が一時的に増えたところで、それはレーニン主義政党としては正しい選択ではないと思うのさ。

そういう意味でオレは
>人々の自然発生的な要求に応えていくのが必ずしも前衛党の役割ではないというのが
>レーニン主義者の立場でもあるのだよね。
と言ったのね。

しかしそれをやろうとしたのが当時のインターだったわけじゃん。
左翼政党が「人民の要求だから...」ということでそれを鵜呑みにすることを良しとするならば
我々は当時の青行路線を丸呑みしなければならなかったはず。
しかし我々はそれを拒否して孤立の道を選んだ。
それは我々がレーニン主義者だったからだろう?

当時の熱田派が実力闘争路線をトーンダウンさせていく中で、あえて原則を通そうとし続けた
戦旗派はオレはそれはそれで「人民に対して忠実だった」と信じているけどね。
いずれにしても熱田派の三里塚闘争はもう終息してしまった。
答えはそれぞれの胸の中にしか無い。

918 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 21:26:56
太田竜の弟子だった60末〜80年代の青い鳥

919 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 21:48:55
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、そうすれば大きな世論ができて、やが
ては政治を変えることができるんだよ、おいらも”市民と議員の院内の集い”たくさん開くんだ〜、”議会制民主主義への幻想をふりまくな”なんていう人は、”ピースでない人”だ〜い」といって張り切っています。
もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、LPGの犯行に間違い
ないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


920 :革命的名無しさん:2006/07/21(金) 23:14:14
>>902
「当時の熱田派が実力闘争路線をトーンダウンさせていく中で、あえて原則を通そうとし続けた
戦旗派はオレはそれはそれで「人民に対して忠実だった」と信じているけどね。」

人民って誰なの?    「実力闘争路線」っていうのは目的なの手段なの?

柳川氏や秋葉さんを「脱落派」と呼んだわれわれと、自分の土地が欲しかった農民を
「クラーク」と呼んだボリシェビキはどう違うのだろうか。


921 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 00:45:25

●事件をつくる公安警察

最後に付け加えるならば今回の弾圧は、ブント運動を公安の飯の種にしておきたいという意図をもつものだ。
つまり大口夫妻、岸本さんへの逮捕理由が示しているように、権力は潜在的違法事犯の摘発を口実としている。
しかしブントが何のゲリラ事件も内ゲバ事件も起こしていないことは周知の事実だ。
ウラに別件のゲリラ事件がある等という訳ではないのである。
しかしそれでも権力はブントを過激団体としてキャンペーンしたいのだ。
警察権力はかかる弾圧をつうじ事件をデッチ上げ、税金のただ食いをしている。
桶川女子大生殺害事件のような怠慢とはウラハラに、公安警察は事件にもならぬことを
誇大に宣伝し、予算を計上して自らの延命に役立てている。
http://www.bund.org/opinion/kinkyu.htm

922 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 01:03:25
おまいら、そんなこと言っている間にイスラエルはレバノン侵略を本格化させるぞ。
80年代活動家なら、82年のレバノン侵攻の悲劇を知っているだろう。
ブントも何もせんが、おまいらも何もしないのか?

イスラエルの地上部隊数千人、南部レバノンに侵攻

 【エルサレム=三井美奈】イスラエル放送によると、レバノンのシーア派組
織ヒズボラの掃討作戦を進めるイスラエル軍は21日、地上部隊数千人を南部
レバノンに侵攻させた。

 侵攻部隊は紛争が始まって以来最大規模。軍はこれまで空爆を主体とする作
戦を遂行していたが、21日には、数千人の予備役招集を開始、近く本格的な
地上戦に突入するとの見方が強まっている。

 イスラエル軍は21日、南レバノン住民に国境の北約20〜30キロにある
リタニ川以北への避難勧告のビラを投下した。国境付近でのイスラエル軍とヒ
ズボラの戦闘により、イスラエル側にある国連監視塔が被弾した。

 イスラエル政府はレバノンへの長期駐留の可能性を否定する一方、レバノン
側に国境から1キロ範囲の安全保障地帯の設置を目指している。フリードマン
准将は21日付マアリブ紙に、「数日内に地上作戦は強化される」との見通し
を示した。

(読売新聞) - 7月22日0時7分更新

923 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 01:07:16
東西冷戦も集結し、新左翼による昔のようなゲリラ事件もほとんどなくなって、
今や「無用の長物」でしかなくなった公安警察。
リストラが叫ばれ自らの存在価値が薄れてきた彼らにとって、
「国家転覆をはかる共産主義者」はなくてはならない存在なのだ。
つまり公安警察は、それ自体「共産趣味者連合」のような存在になっているのだ。
BBSを見て動向をさぐっている係りもいるらしい。


ブント(BUND)は人権と環境をテーマに行動するNGOです
「サミット警備のための事前弾圧
警視庁、埼玉県警、静岡県警による
7月13日の違法な家宅捜査
 ―公安警察が事件をデッチ上げ、製造している 」から
http://www.bund.org/opinion/kinkyu.htm




924 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 01:10:56
図星かニャンケ

925 :ニャンケ:2006/07/22(土) 01:43:40
どうせ反荒派のコケセンが公安にタレコミしやがったんだろ!


さっさと氏ね!ヘタレコケセンニャンケ!

926 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 02:08:28
ニャンケは怪しい

927 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 02:09:18
ニャンケは公安スパイの可能性大。

928 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 02:58:30
>>926-927
うちはだいこよ、根拠を述べないと誰もお前を相手にしないぞ。

929 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 03:04:37

荒さんって、こんな感じだったのかい?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4901784706/503-6756499-6432729?v=glance&n=465392

930 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 04:34:13
反戦ネットワーク所属、岡田雅宏様。

毎日延々とやっているAAによる落書き、自分で架空の世界を作り、架空の人物を登場させた(しかも数分間隔での)自作自演の書き込み、何を目的としているのか知りませんが、誠に持ってご苦労様です。そんなものは誰も
読んでいませんよ。現在、共産板の利用者間でささやかれている、「岡田雅宏という人は病気ではないのか?」いう声には、「精神異常者というのは差別用語、誹謗中傷」と考え、これまで批判を控えてまいりましたが、
このスレ(ほとんどのスレ)でも見かけられる異常としかいいようのない岡田雅宏様の書き込みを見ると、「病気説」も否定できないと判断するに至りました。これまで見ていますと、1日に同一スレにする落書きは30回、そして落書きをする
スレは100スレ。しかし、「おいら、高田健さんからの信頼が厚く、ワールド、ピース、ナウの実行委員をしていたが、今は九条の会の事務局にいるんだ〜」という自慢話、嘘だそうですね、又、「おいら、ブントにほめられちゃった」と
いっている下のファイル。岡田雅宏様のことは一言も書いてありません。誰が聞いても嘘とわかることをいって平気でいられる、その神経。このようなことも「病気説」を裏付ける十分な根拠を持つものと私たちは考えます。
            ↓
http://www.bund.org/editorial/20040505-2.htm

※一スレに一日、30回以上×100スレにも及ぶ落書き。3月23日の2回を暫定記録とさせて頂きます。
※スレ全体への落書き(同一スレへの回数は考慮せず)は、3日は、74スレです。これまでの最高記録は、11月7日の164スレです(2位は3日の154スレ)。これに60回、70回を越える落書きをしたスレが(最高は
11月27日の220回、これだけでも4時間!)、およそ10スレ、これに10回、20回落書きをしたスレ(ほぼ毎日あるが、最高は11月27日の220回!4時間!))を合計すると、毎日、900回を越える落書きをしている
ものと推定されます。1回1分と仮定しても14時間!

「岡田雅宏を応援し記録更新を祈願する市民の会」及び参加賛同人一同




931 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 09:19:51
ニャンケさん、マルクスの再評価をいうならば、荒やブント
に直接進言してはどう?
あなたが基本的にマルクス主義を理解しているかは?だけど。

932 :902:2006/07/22(土) 11:32:07
>>920
人民ね。今となっては「国家」と同じく共同幻想なのかもしれないと思ってたりもするけど、
反対同盟の農家、全国の三里塚闘争を支援してくれている人々、訴えかけることによって
支持してくれるようになるかもしれない無数の人々...。

もちろんそういう人々の全てのコンセンサスを得られる方針を提起するなんてことは絶対に不可能だ。
しかし三里塚闘争の「農地死守・話し合い一切拒否」という方針を堅持していく意義を(どんなにボコボコに批判されても)
愚直なまでに訴えかけていくのは政治党派としては「誠実」だと思うんだけど。
確かに反対同盟が闘争の主体であることは間違い無いんだけど、何でもかんでも農家の言いなりになっていくことが
支援と同盟の健全な関係とも思えない。(熱田派と支援の関係がそうだったと言ってるわけじゃないよ)

ちなみにオレ自身は柳川さんや秋葉さんを「脱落派」だと言ったことも思ったこともない。
誰かがリアルで言っているのを聞いたこともない。柳川さんとこには援農でお世話になったし。

933 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/22(土) 16:16:50
>>920よ、「われわれ」とは誰のことを指して言っているの?
少なくとも80年代の戦旗・共産同ではないよな?
我々と柳川さんたち青行は、論争もしたけど、共闘もしていた。
最後には残念な関係で終わってしまったが、彼らの主張とたたかう場合でも、
われわれ戦旗・共産同が彼らを「脱落派」とレッテル貼りした覚えはない。
ましてや秋葉さんを罵倒したりするものか。
政治的意見が異なるだけで、反革命と恣意的に他者を規定するとか、
ましてや暴力を行使するとかってことを戒めるのが「われわれ」の党派性だった。
オレはあまり優等生ではなかったことを認めますがね、
わざと戦旗をそういうふうに描く悪意は許しがたいよな。
>>902さんのような態度こそ戦旗派的だよ。
オレはそんなに誠実に反論する気さえおきなかった。
目の前にいて戦旗になりすましてたらぶっとばすところだ。

934 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/22(土) 16:21:34
>>931さん。お見事なツッコミです。

>あなたが基本的にマルクス主義を理解しているかは?だけど。

ニャンケも後ろ足で首を掻きながら、??ですね。字読めないしー。

935 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 16:38:06
文字通り文字でレスしてるじゃん!


って、つまらない冗談は抜きにして、ニャンケ氏等に同意だな。
秋葉さんや柳川さんを「反革命」呼ばわりしたことはない。

936 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 17:36:47
内部的な意思統一でも「最近柳川さんとこの息子さんは元気ないからなー」
くらいの感じで、敵対的なレッテル貼りなんて無かったよ。
確かに戦旗派に対して友好的だったかと問われれば微妙だけどwむしろ間に入って
オッカァが色々と気を使ってくれるのが切なかった。

ところでニャンケちゃん>
最近ちょっとケンカっ早くないか?ww
情宣で他党派とカチ合ったわけじゃないんだからさww
多少の意見の違いは許容し合おうよ。オレたちもう戦旗派じゃないんだしさ。
もうオレたちの戦旗派はこの世に無いんだよ。

937 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/22(土) 21:05:18
>>936さん、ごもっとも。
うっかりトランスしてた。
ストレスたまってんのかなー。
>>914さんに「赤ひげ薬局」教えてもらうおうか。
やべ。もっとケンカっぱやくなったらどうしよう?
気をつけます。

938 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 21:29:26
ニャンケさん、こちらにも書き込みましょうよ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151147435/

939 :革命的名無しさん:2006/07/22(土) 23:50:03
>>933
85 :革命的名無しさん :2005/09/04(日) 23:19:22
石井英祐さんのメッセージを読んだ。
石井さんと言えば成田用水のたたかいの頃、われわれは
「用水三悪」などと口を極めてののしっていた。
わたしも現行隊として現地に行っていた頃は毎日のように辺田・中郷の街宣で
石井英祐さんを「糾弾」するアジをやっていた。
管制塔連帯基金にカンパし「連帯」を語る石井さんにすまない気持ちでいっぱいです。
簡単に「脱落」だの「条件」だのと言えるかどうか、人の心が今少しわかりました。

もうしわけない、石井英祐氏の誤りです。
 具体的なことについては現地張り付きではないので、いい加減なレスになって
しまったことについて謝罪します。
 しかし、多くの青行がもっていた思いと、戦旗・共産同の「革命性」、
そこからするあるべき闘う農民の姿と大きく乖離していたことが、最終的な
戦旗の追放という事態を生んだ一つの要因ではなかったのか、という疑義については
そのままにしたいと思います。

戦旗派の、戦旗派による、戦旗派のための全人民的政治闘争。これがあらゆる闘争に
見られたわれわれの幼き姿だったと思います。



940 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 00:00:20
「それに対して日本では、多くが逆ベクトルになりリゴリズムだけが売りにされ
ています。自分たちが構築しようとしている唯物論の前提となる、体系知のあ
り方そのものを再帰的に捉え返すメタレベルでの反省や、パラダイム論となる
と、全然やられてこなかったのです。

 新左翼のなかでこれをやろうとしたのは廣松渉と、その弟子である不肖荒岱介
ぐらいであって、それが他の新左翼勢力とブントとの決定的な分岐点をなして
いると思います。ではどうしてそれが可能だったのか。唯物論理解にカギがあ
ります。 」 senki 最新号


とりあえず。  バカジャネーノ


941 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 00:10:04
「リバタリアンになったり、アナーキストになったりというのはやっぱり間違っているのです。」

結局、自由主義的に権力構造が解体することに危機感を募らせている

「間違っている」という断罪。これはこういう主張があると観念されているにちがいない。


942 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 00:13:19
あくまでも、真理を司るセンターとして自己を位置づけたいという権力衝動に
突き動かされている様子が痛いほどわかる文章になっている。
なぜなら、こういう正しいことに取り組んでいるは自分だけだ、という革命的
宣言になっているから。

943 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 09:07:54
>>933
[政治的意見が異なるだけで、反革命と恣意的に他者を規定するとか、
ましてや暴力を行使するとかってことを戒めるのが「われわれ」の党派性だった。]

 たしかにわれわれは革共同的な傲慢さを否定しようとして、政治的な抑制を
つねに意識していた。
しかし、にもかかわらず、われわれは多くのレッテルを
党内で貼り付けていたし、 結局は自らの革命性=例えば「実力闘争路線」例えば
全人民的政治闘争路線と、闘争当事者との意識の乖離を防ぐことはできなかった。

われわれがそこに落ち込んでいったメカニズム、思想的な限界、これが大枠
革共同も含めた思考の枠組みに起因するのではないか、ということについて
考えるべきだと考えています。まさに前衛党論、全人民的政治闘争論

荒タイスケの総括には、なぜそういうアプローチからの「パラダイムチェンジ論」
がないのか全く不思議です。非常に観念的で他人事の経験が書き連ねてある。
しかし、問題なのは自分達の思想と行動の転換なのでは?

944 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 10:02:22
ブントはマルクス主義を放棄した党派。
現役も元活動家もこのことを批判できない
ろくでもない党派だってことだよ。

945 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 11:24:08
「マルクス主義を放棄」したことを罪として意識する日本の左翼には現在の
惨状を打開することは不可能だろう

そもそも、思想は放棄するかどうかの選択に重要性があるわけではない。

946 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 12:57:29
現在の惨状って日本帝国主義でしょう。
お笑いは文章だけにしとけ。極右。

947 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 13:00:34
日本帝国主義の惨状
■経済力の衰退
■経済力と軍事力のこわもての乖離
■アジアで嫌われ度ナンバーワンの実績→アジア市場への遅れた「進出」



948 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 13:01:36
極右よ、靖国神社に関するA級戦犯合祀に関する
天皇書簡メモについて答えてみよw

949 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 13:03:58
「マルクス主義を放棄」したことを罪としてではなく、
転向党派ということだよ、極右よ。
罪として意識する日本の左翼などと表現する極右よ、
マルクス主義は犯罪だといいたいのがお前らだろうw
現在の 惨状を打開することは不可能だろう?
馬鹿か?ニャンケの書き込みをよくかみ締めろw


950 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 13:27:52
>>948
先帝陛下の平和主義のお心に叛旗を翻そうとする、小泉やエセ保守が
許せなくなりました。

951 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 13:53:32
>>940
ほんと、バカジャネーノ 不肖荒岱介(笑)

952 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 14:39:42
>>940
恐ろしく自賛に満ちた文章だなコリャ。

別に色々な学者の名前を持ち出して、さも自分だけが新左翼の落ち込む陥穽に自覚的だったように
論じているけど、内容的なことは昔から市民団体とかが言ってることと変わらないじゃん。
昔はそういうのは全て十羽一からげで「市民主義者」っつってバカにしてたのに。

今そういうところに辿り着くのに、80年代を通じて武装闘争をも担う革命党派である必要なんて無かっただろう。
既存の「社会主義国」が実態としては人権抑圧国家に成り下がってるなんてことは当時中学生でも知ってるような
ことだったんだから、ソ連・東欧の崩壊に直面してアタフタしてる方がおかしいんじゃないか?
そこで社会主義に失望するんだったら、70年代〜80年代に失望してたっておかしくないはず。





953 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 16:05:49
キチガイだな、電波だいこ。

954 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 19:28:44

オレは>>940を読んで決心した! みんな! 荒さんに帰依しようぜ。

というわけで、宗教板のこのスレも使ってね。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1151147435/


955 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 20:15:20
しかし・・・。かつて三里塚で主張のチガイに対して「裏切りだ」とか
いろいろ言って、盗聴までさせた本人がその身勝手な「思想」的な
立脚点をご都合主義的に清算し、かつての「裏切り」農民と断罪し
た人々よりも体制に順応している。
恥じを知るべきだ。即刻解散し、沈黙すべし。

956 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 20:40:27

>>955
熱田さんに自らを投影してきて、熱田さんの移転ショックを「引退」と
表現してるくらいツラの皮が厚いんだから、まだまだ引かないよ。


957 :革命的名無しさん:2006/07/23(日) 23:47:51
>>523
この話って確か、センキの論文かなんかにもよく引用されていたよね

958 :革命的名無しさん:2006/07/24(月) 07:24:31
>>950

なるほど。では、リークした新聞社に対する極右の
「テロ」を批判するのですね。
それから、靖国のあり方を批判するのですね。


959 :革命的名無しさん:2006/07/24(月) 07:25:09
極右は、すべてのスレッドを監視し、書き込みしているということが
明らかになっている。

960 :914:2006/07/24(月) 10:14:07
>>937
あかひげ薬局
http://www.akahige.co.jp/

通販も出来るそうです。

961 :革命的名無しさん:2006/07/24(月) 11:24:29
>>1さん、愚息は「市民の視点」で頑張っています。

私、「共産党の単独政権、もうすぐだね、おかあさん」が口ぐせの反戦ネットワーク、LPGの友人、HN、「まっぺん」の母、「かめ」でございます。「たまさん」のお話では、LPGというお子さんは、愚息、「まっぺん」同様、
子供の頃は、「おいら、頭の悪さと給食の早食いは誰にも負けない!」と自慢するとても自覚にあふれた素直な子供だったのに、いつの頃からか大阪の「黒目」という方の影響を受け、ますますひどくなってしまったと
か。最近、愚息が何を思ったか、「かあさん、これからの運動は権力と対峙しない市民運動だよ、おいら、高田健さんのお弟子さんになって”平和を表現”するんだ〜」などといい始めました。先週の日曜日、家の前を
通る小学生の鼓笛隊のパレードを見ながら、「かあさん、見てごらん、焼きソバやおでんの模擬店がないのはちょっと淋しいけど、あ〜いうのを新しい運動スタイルというんだよ、最近、”小泉暴走に反撃を!"なんて
いってるけど、今まで、鳴り物、光り物で”平和を表現しましょう”といっていたくせに、今更、語気を強めたって駄目じゃ〜ん、”小泉暴走にSTOP! 6.1集会、発言、高田 健、富山洋子”の時の、路上集会並みの”
驚異的参加者数”にそれが示されてんじゃ〜ん、つまり〜ぃ、”イラク戦争に反対するために集まった人たち”、"住基ネット反対集会"の頃とは比較にならない人だかりを見て気が動転し、”俺は運動を主導できる”、
”俺は偉大な市民運動家だ”と思い込んでしまっただけじゃ〜ん、つまり〜ぃ、持論の、”新しい運動スタイル云々"なんて、最初から何の関係もなかったということじゃ〜ん」と少し批判的なことをいいつつも
張り切っています。もう、家の中は笛、赤ちゃん用のラッパ、タンバリン、大きなボンボン、ペンライトなどの「鳴り物、光り物グッズ」で足の踏み場もありません。下のファイルの下段にあるメールでの嫌がらせ、
LPGの犯行に間違いないと愚息が申しております。友人の母とて無関係ではありえません。今までの大罪をお許し下さいませ。深くお詫びいたします。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5270/


962 :革命的名無しさん:2006/07/24(月) 23:15:15
>940
自らを振り返る術も知らず。傲慢。無知。こんなのがリーダーで何ができる?
ほんとにもう、どうでもいい連中だな。あわれ・・・。

963 :革命的名無しさん:2006/07/24(月) 23:43:43
>>940
これは不肖アラタイスケだけではなく、自分で考えてみると、やはり、既存の
「社会主義国家」の問題については、実はそんなにしっかりと把握できていた
とは思わない。

当然、スターリン主義批判があったからこそ、誰かが言っていた免罪符的にも
左翼に結集しえたわけで、ソ連や中国の現状が否定的なものだという前提は
当たり前と思っていた。つまり、内容的には貧弱だったにもかかわらず、当たり前
とされていたということは、ようするに思考停止だったということだ。

戦旗派は「スターリン主義」を自分達の政治のなかで乗り越えようとスローガン化
していたが、実は、スターリン主義をその現実の分析のなかから理解していな
かったので、何を批判するべきかはよくわかっていなかった。
ブルジョアアトミズムとの戦いという観念的な設定は、結局は中央集権的な組織を維持
し拡大していくためのイデオロギー
として機能していったのであり、それ自身が既存の共産党の組織構造と本質的にかわら
ぬものにしかならなかったといえると思う。


964 :革命的名無しさん:2006/07/24(月) 23:45:50
上、952へのレスです

965 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 00:38:24
>>963
まあ左翼の悪いところでもあり、自分達も若く未熟だったからなんだろうけど
スローガンとして批判していれば、もうそれを乗り越えた気になっていたわけだ。
我々の意識の中ではソビエト共産党よりも中国共産党よりも戦旗・共産同の方が
「上」だったんだよな。

でもまあ戦旗派は既存の社会主義国をカッコ付きの「労働者国家」として
帝国主義よりは「まだマシな存在」と位置付けていたけど、正直その頃だって
「アメリカとソ連とどっちに住む?どっちもイヤってのは無し」みたいな小学生的な
質問をされたら「アメリカ」と答えただろうなぁ。

966 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 01:01:04
反北朝鮮のスタンスの『産経新聞』が意外にも、

「ただ、北朝鮮が違反したこれらの条約に法的拘束力はない。」

と認識している!。

(ミサイル発射実験から10日以上も経ってから、これを書くのはアリバイだ!。)

つまり、朝鮮共和国のミサイル発射実験は、
航空機・船舶関係者にとっては迷惑な「道義的には許されないこと」であり、違法スレスレの行為」であるものの、
国際法的に「明白な違反」ではなかったことになる。

ならば、国際法に基づいて行動することが看板である国連安保理が、
朝鮮共和国に対して「制裁決議」はおろか、「非難決議」さえも本来出来ない、ということになる。

http://www.sankei.co.jp/news/060720/morning/20int002.htm  産経新聞
平成18(2006)年7月20日[木]
北ミサイル発射 事前通告なし、国際条約に抵触

「 北朝鮮によるミサイル7発の発射は、事前通告を義務付ける「国際民間航空条約(シカゴ条約)」や、
海洋の安全確保を目的とする「海上での人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)」に抵触している。北朝鮮はシカゴ条約を批准しているが、
同条約では民間航空機の航行に危険を及ぼす恐れがある場合、関係国間の事前調整を義務付けている。

 また、国際水路機関(IHO)や国際海事機関(IMO)の決議では、ミサイルを発射するときには「事前通告がふさわしい」と定めている。北朝鮮はこの決議にも参加している。
さらに国連海洋法条約では、軍事演習の際は他国への妥当な配慮を促している。

 韓国紙、朝鮮日報によると、一連の発射に前後しミサイル着弾海域近くの上空を韓国の民間旅客機数機が飛行していた。
着弾点付近の海上では日本の漁船も操業していたという。事前通告がなかったため民間航空機や船舶が危機にさらされたことは、
北朝鮮の条約違反を改めて裏付けた。

 ただ、北朝鮮が違反したこれらの条約に法的拘束力はない。北朝鮮はミサイル発射を「主権国家としての合法的な権利」(北朝鮮外務省)と
位置づけたうえ、日米などに事前通告することは「実に愚か極まりない行為だ」(同)と主張し条約を完全に無視している。  」

967 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 02:09:18
>>965
そうそうw  ま、戦後生まれ以後の学生はみんな直感的にそう思ってた。
ロシア好きだったのは、伊藤律とか徳田球一とかの戦前知識人世代だな。

ようするに日本的後進性を批判する民主主義の道具でもっとも「ラジカル」
な感じがしたのが新左翼的な「マルクス主義」だったんだよ。
大体、80年代に学生だった年頃の椰子が本能的にソ連好きなわきゃない。

968 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 08:34:01
戦前のアカ連中を除けば、ロスケ嫌いだろう。


969 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 10:24:41
極右が出張っていますw

970 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 10:26:32
アリの巣コロリってあるじゃん。
蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
そいつをマネして何匹も入る。
毒とも知らずにツブツブを運び出す。
一匹が一粒づつ。
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
蟻さんって働き者だなと思う。
俺も頑張らなきゃなと思う。
次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
ほんとにいない。
探してもいない。
泣きたくなった。





このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう・・・・
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください。
信じるか信じないかはあなた次第です。

971 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 18:06:15
>>970
これブントのこと?

972 :革命的名無しさん:2006/07/25(火) 18:10:08
>>971
単なるコピペでしょ

973 :853 ◆uqWPOtj7U6 :2006/07/25(火) 20:42:02
>>965
当時の時代背景はそうだよね。それが日本の高学歴者のレベルだった。
常識ってそんなもの。怖いよね。何の根拠もないアメリカへの幻想だけだもの。
今、聞かれたら悩むよね。アメリカでどの階級の家に生まれるかが何も前提なしでしょ?

いつの間にか、アメリカの裕福な家庭に生まれて普通に大学くらい行けるかのような気持ちになっている。
誰も南の方の町の黒人の家庭に生まれたり、大都市のスラムに生まれる事はイメージしていないんだよね。
なんでなんだろうね?階級を語っている筈の社会主義者自身が、その階級としての出自に無自覚なんだよね。
俺自身は、そういう自分に恥ずかしさを感じた。所詮、金持ちインテリの道楽なんだな、日本の左翼運動は、と。
中退して労働者の気持ちが分かった気になるなんて傲慢だよね。俺は中退しなかったけれど。
そんな事されて、中卒・高卒のルサンチマンを共有された気持ちになってもいい迷惑だと思う。目障りだから消えろという話だろうね。
日本の方がもちろん、まだソ連の方が間違いなく恵まれているのにね。低所得者・搾取される側の階級にとっては。

今、そんな質問にアメリカがいいなんて答えられたら小一時間問いつめてやるんだけれど。
でも、おまいは今、何をしているんだ?人に言える立場か?と言われたら返す言葉はないからなぁ。

974 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/25(火) 22:38:42
>>973さん。
悪いけど、あなたの言い分には異議アリです。

>俺自身は、そういう自分に恥ずかしさを感じた。
所詮、金持ちインテリの道楽なんだな、日本の左翼運動は、と。

僕もアメリカかソ連かと問われたらアメリカと答えました。
少なくとも、ソ連のようなキレイ事国家は薄気味悪いもん。
激烈な階級対立があろうとも、表現や発言が個人に帰属する国家のほうが
僕はまだマシって思えました。生活保障がどうとかということでなく。
でも別に僕は積極的にアメリカ好きじゃないし、実家は金持ちでもなかったし、
現行隊や社防隊の任務の関係ばかりでなく大学中退したのは、
中卒や高卒のルサンチマンを共有したかったからじゃないですよ。
やりたいことの優先順位だっただけじゃないかと今は思っています。
それぞれの生き方だから、中退しなかったあなたを責める気もない。
でも中退して労働者地区党活動家になった同志たちを侮辱する必要もない。
ぼくはそう思います。

975 :967:2006/07/25(火) 23:24:25
前: 967
E-mail:
内容:
>>973
いやあ、なかなかいいレスだな。
左翼独裁政権と自由主義的資本主義がどちらがどういやかって問題を考えて
いたんだが。ぴったりの題材だ。
左翼独裁政権の抑圧性ってのは、結局支配党の政治権力があらゆる社会生活に浸透して
がんじがらめにされてるって問題だよな。経済じゃなく、国家権力によるイデオロギーと政治
支配によって、社会生活の全てが決定され、市民生活の生殺与奪が支配党権力
の網の目に握られているということだ。じゃ、貧富の差がないかというとそんな
ことはなくて、政治権力の序列によって経済活動の地位も決まっていて、当然、
分配にも圧倒的な差がある。

それに対して、資本主義の抑圧性ってのは、自由競争による弱者の経済ゲームから
の切捨てという問題だ。
貧乏でも自由な回路があったほうがいいって考え方ももちろんありだけど。

さ、どちらがいい?


ところで、ちょっと俺のレス訂正があるんだけど。いわゆる日本的な後進性に民主主義を
求める立場ってのは、どちらかというと戦前の共産主義者だよな。日共はそう。
で、俺達みたいな戦後高度成長世代は、本能的には自分が生きてきた豊かさとか
自由が身にしみてほんとは習い性なんだけど、観念的には「今」という戦後
民主主義を否定したいから、むしろアトミズムとか自由主義とかを「止揚」する
思想を現状を変革する立脚点として受け入れていったような気がする。
それで、むしろ、逆立ちしてレーニン的な思考を受容した。ま、勝手な解釈ねw




976 :革命的名無しさん:2006/07/26(水) 09:39:30
> 観念的には「今」という戦後民主主義を否定したいから、むしろアトミズム
> とか自由主義とかを「止揚」する思想を現状を変革する立脚点として受け入
> れていったような気がする。

戦後の豊かさと民主主義は必ずしもイコールではない。
またアトミズム、自由主義、民主主義もそれぞれ違う。
あなたがレーニン的な思考を「共同体主義」として感じていたことだけはわかる。
はげしく戦旗派的だ。

977 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 00:33:28
>>976
まあ、元戦旗派なので、はげしく戦旗派的なのもむべなるかな、なんだけどね。w

ま、俺は戦後民主主義と豊かさを等値しているわけじゃなく、戦後的情況を
そのまま述べているんだが。
それに、アトミズム、自由主義、民主主義がその概念として=であるとはどこにも
書いてないとも思うので、正直何が言いたいのか、わかるようなわからないような。
ま、最後のところだと思うけどw

ま、しかし、戦後憲法の制定によって象徴天皇制を
構成要件とする議会制民主主義が成立し、それを55年体制的な勢力配置図に
よって運営することが可能になった根拠は、いうまでもなく、日本が豊かに
なったからだろう。その豊かさは、冷戦と民族解放運動への敵対がもたらした
アメリカ中心の自由貿易体制の成立と、そのもとでの日本資本主義復興へ
向けた戦略援助、国際分業体制への組み込みが成功したからなのは周知の事実でしょ。
そういう意味では、戦後民主主義と豊かさは不即不離の関係だといえる。
実際、日本人民はそのなかでソ連や中国や東欧の人民とは異なった生活を送る
ことになったわけで、あながち不等値ってわけでもないだろ?

だからこそ、新左翼は戦後民主主義をあらたな「帝国主義」のイチジクの葉として
否定したわけだから。




978 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 00:34:53
連レス

ところで、戦後民主主義は、当然にも、日本人に対し、一定の自由をもたらし
たことは否定しないよな。思想信教の自由、学問の自由、集会結社、表現の自由、
居住・移転・職業選択の自由、外国移住・国籍離脱の自由、など新たな憲法に
謳われたことは、明らかに戦前の帝国憲法に対して、個人の尊重と政治権力から
の自由をもたらした。そして、多数決原理による統治の思想である民主主義は
その基礎に、他者からの抑圧なしに、自由に考え、意見を表明できることが
なければ十分に機能しないことはいうまでもない。もちろん、これが十全に
機能するとはどういうことか、そして現実にどうであるのかは、別の問題だけど。

レーニン主義は、いわばこういった思想とことごとくぶつかるところがある。
例えば、通常の運営は中央部局への圧倒的な権力の集中、中央部局の独裁が
許されている。そうした組織形態を保障する役割をももつものとして、
共産主義者が労働者の自然発生性を本源的に超える目的意識性を持つものと
されている。すなわち、職業的イデオロギー的司祭による、官僚的独裁
が意義付けられているのがレーニン主義の体系といえる。
 
 これらの思想がいわゆる個人の尊重や、民主主義的手続きとぶつかった
ときに、「アトミズム批判」や「ブルジョア民主主義批判」や「小ブル的
自由主義」という批判がなげかけられたのは、決して戦旗派だけではない
はずだと思いますが、違うのかな。赤軍やらなんやらかんやらも、全く
同じような情況だったと思うけどね。

 戦旗が共同体主義の強調に90年代以後とくに走ったのは確かとしても、
レーニン主義がリベラリズムや民主主義と対立する思考だということは
間違ってないよね。


979 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 00:50:35
>>978
間違っていない。しかし、なんでまた「リベラリズムや民主主義と対立する思考」
と判っていながらそれを選択したの?
オイラはマルクス・レーニン主義は「「リベラリズムや民主主義」の限界を超える
ラディカルな思想ととらえていたけどな。つまり、「今よりもっと民主的なる」と。

980 :853 ◆uqWPOtj7U6 :2006/07/27(木) 01:29:20
>>975
日共的という解釈が正しいと思うよ。日本の民主主義の後進性という捉え方は。それは今でも彼らには受け継がれていると思う。戦前に限らない。

あと、弱者切り捨ての話は、いわゆる「落ちぶれた」初代の話だよね。その子供や孫の話ではない。
生まれ落ちた瞬間から越えられない壁として存在しているのが資本主義の弱者の家に生まれると言うこと。
君はどこの出身だ?親御さんは中卒か?高卒か?地方出身か?大都市出身か?
まぁ、2chで答えなくて良いから、捉え返しても良いかも。
もちろん、これは、反体制の側につかないという前提がある話だが。反体制側につくのであれば、レーニン主義は(ry

981 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 11:37:17
>>979
オレは978さんじゃないけど横レス。

>オイラはマルクス・レーニン主義は「「リベラリズムや民主主義」の限界を超える
>ラディカルな思想ととらえていたけどな。つまり、「今よりもっと民主的なる」と。

これって新左翼の人の共通認識だったと思うんだけど、 ブルジョアアトミズムや
ブルジョア民主主義を超えた「本当の」自由や民主主義について具体的なイメージを
抱けた人はいるかい?オレは全然イメージできなかったw


982 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 15:20:49
↑漠然としたものだけど「ブルジョア民主主義」や「ブルジョア的自由」を越えるイメージは『ド・イデ』命題の実現で超越できると思っていた。

閑話休題で、『SENKI』最新号の金ちゃんによる「犬と暮らすことは人間と暮らすことと同じ」という寄稿を読んでみたい。

983 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 16:44:32
>>982
> 漠然としたものだけど
この時点で具体的なイメージじゃないじゃん。

984 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 16:48:14
>犬と暮らすことは人間と暮らすことと同じ

どうやら戦旗内の序列は
孫子>金ちゃん>いぬ>>>いぬ&クルマ洗い係>>>>>その他メンバー

らしいな・・・

985 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 17:55:58
>>984
孫子=金ちゃん=いぬ>>>いぬ&クルマ洗い係>>>>>その他メンバー>>>>>>>山根、渋谷、高倉らヤメ幹部

だよ。

986 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 18:13:40
次スレたてましたよ!

【荒と思想と】80年代ブントを語れ20【組織の混乱】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1153991432/

987 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/27(木) 18:14:01
ネコと暮らすことも同じだニャー
ごはん食べて、遊んで、寝るしニャー

988 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 18:14:43
>>986
乙です!
いいスレタイです!


989 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 18:15:48
>>987
ニャンケ!
いくらなんでもあんまりなスレタイじゃないか!

荒さんに失礼だろう!

990 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 18:16:56
荒さんはすばらしい・・・

991 :ニャンケ ◆bbAhSPJ6sg :2006/07/27(木) 21:03:35
>>989 いいんニャないのー?
ネコもウンチするしニャー。
いいスレタイじゃないけど、
どうでもいいスレタイで乙。
ところで>>990「名無し」のままだぞ。
ニセ・ニャンケくんだろ?


992 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 23:32:42
>>979 >>981

そ、だから命題としては、ブルジョア民主主義を止揚したものがプロレタリア
民主主義という理解でしょ。それは同じ。
ここから二つの方向性が生じる。
@プロレタリア民主主義はブルジョア民主主義をより徹底したもの。

Aプロレタリア民主主義は、私的所有と資本主義的商品経済社会を基礎とする
 利己的人間を基盤とするのではなく、あらたな協同社会を基盤とする、全く
 質の異なる民主主義である。

 俺の場合、特に、ブルジョア民主主義はブルジョア社会の階級対立を覆い隠す「いちじく
の葉」という命題もあって、戦後民主主義のロッキード事件的現実を否定した
とき、新左翼の直接行動主義的な運動は非常に受け入れやすかった。
 で、階級闘争の利益を実践を通じて守り発展させることが大事で、民主主義は
そのために従属させることが正しい態度だという、ま伝統的な左翼の姿勢を
受け入れることになった。って感じかな。

 コミューン3原則なんてのもあったけど、執行機関が同時に立法機関でもある、
というあり方で本当に権力の専横を防ぐことができるのかは、既存社会主義の
歴史を分析してよく考える必要があると思う。 

993 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 23:35:31
上訂正。新たな協同社会を基盤とする→新たな協同社会を目指す

だから、プロレタリア独裁でもあるわけだよね。ここがレーニンの国家権力
奪取とその維持へむけた政治の体系の要諦がある。

994 :ニャンケ:2006/07/27(木) 23:37:08
みんなで荒議長を支えよう!

995 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 23:45:47
終身議長職と年金月40万を荒さんへ!

996 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 23:48:36
>>983
未来社会について、「具体的なイメージ」なんて湧くわけないだろう。
もし「湧いた」という香具師がいたら、細木数子なみの山師なわけで。
マルクスも未来社会のイメージは、極めて消極的にしか描いていない。
『ゴータ綱領批判』とかね。

> コミューン3原則なんてのもあったけど、執行機関が同時に立法機関でもある、
> というあり方で本当に権力の専横を防ぐことができるのかは、既存社会主義の
> 歴史を分析してよく考える必要があると思う。

大事なこと言っているなぁ。
財政から人事からすべての権力を握っている粗に率いられた組織に、民主主義なん
てないんだよなぁ。

997 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 23:52:00
だからさ、レーニンの民主主義ってレトリックなんじゃないかってことだよな。
権力奪取のための方便。憲法制定議会の解散と分派の禁止。そして、クロンシュタット
の反乱鎮圧。国家権力の意志の前に民主主義は沈黙するというまごうことなき証明。

998 :革命的名無しさん:2006/07/27(木) 23:52:52
>>997
異議なし。

999 :ニャンケ:2006/07/28(金) 00:00:23
荒議長万歳!

1000 :ニャンケ:2006/07/28(金) 00:01:17
荒議長万歳!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

417 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)